クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

iPhoneでSuicaや楽天Edyのチャージをしたい…という場合に便利なパソリを紹介!もちろんiPhoneで電子マネー残高の確認も可能です。

自宅でだけじゃなく、会社や外出先でもSuicaや楽天Edyのチャージをしたい!という要望に、見事に応えてくれる製品を今回は紹介してみたいと思います。

それがソニーが販売しているパソリであるRC-S390

パソリとは電子マネーの残高チェックやチャージができるICカードリーダーのことで、この機器を利用すればSuicaやWAONといった電子マネーの残高確認や入金をすることが可能になります。

但し、残念ながらRC-S390はiOS専用のパソリです。

iPhoneやiPadといったスマホやタブレット端末からしか接続ができないので、GALAXYやアクオスフォンといったAndroid端末を使っている方は間違って買わないようにしてください。

RC-S390で出来ること:

iPhoneと接続して使える:

RC-S390最大の特徴といえば、やはりiPhoneと接続して利用可能だということ。

従来のパソリのようにUSBでパソコンに接続しないと使えない…というものではないので、自宅でも会社でも、外出先でも電車の中でもいつでもカンタンに利用することができるのがメリットだと言えます。

  • 従来のPaSoRi:USBでパソコンに接続する必要性あり
  • RC-S390:iPhoneがあれば利用可能

f:id:cardmics:20160626110702j:plain

反面、デメリットとしてはAndroidのスマホでは使えないこと、そしてUSBポート自体がないのでパソコンでの利用もできないという点(マイクロUSBコネクタは充電用についていますが、パソコンとは接続できません)。

要するにiPhone専用のパソリが、RC-S390なのですね。

電子マネーチャージが出来る:

RC-S390を使えば楽天Edy、WAON、Suicaにいつでもチャージ可能になります。

特に楽天Edyとは相性が良いようで、出先でEdyチャージしたいなと思ったらこのパソリをバッグから取り出して入金…なんてことも可能です(下記のように楽天公式ページにておすすめとして紹介されているほど)。

Suicaチャージにはそれほど必要なし:

反面、Suicaチャージも可能といえば可能なのですが、Suicaチャージはそもそもビューカードを持っていないとチャージできない仕様なので、あんまり活躍する機会はないかも…。

なにせそもそもビューカードがあればSuicaのオートチャージが可能なので、わざわざこのパソリを購入する必要性はありません(ビューカードについて詳しくは下記公式サイトを参照)。複数枚の記名式Suicaを使い分けたい方向け…といったところでしょうか。

電子マネーの残高がわかる:

出番が多くなりそうなのが電子マネーの残高チェック機能。楽天Edy、WAON、nanaco、Suicaなどの電子マネー残高は、このパソリを持ち歩けばいつでも確認が可能になります。

加えてRC-S390を購入すれば専用のカードケースがついてくるので、それを利用すると下記のように首からぶら下げてパソリを持ち歩くことも可能。これなら常にiPhoneをチェックさえすれば電子マネーの残高がわかるようになるので便利ですよ。

f:id:cardmics:20160626111119j:plain

ちなみにRC-S390自体の重さはわずか30g程度なので、首からぶら下げたとしても重さを感じることはほとんどありません。『なんだか重そうだけど大丈夫なの?』と心配している方もご安心ください。

RC-S390は1回の充電で1ヶ月も長持ち:

尚、RC-S390は1回充電すると、だいたい1ヶ月程度は充電しなくても問題なく使い続けることができます。これは逆に長持ちしすぎて、うっかり充電を忘れてしまいそうなくらいの長さですね(苦笑)

本製品はリチウムイオンバッテリーを内蔵しており、同梱のUSBケーブルで繰り返し充電できます。消費電力管理の最適化設計により、コンパクトサイズながら1回のフル充電で約1か月の利用が可能です。

※ 1回のフル充電につき1日1回の電子マネーチャージと1回の残高参照した場合の電池接続時間

販売価格はやや高めだけれども:

最後に気になる販売価格ですが、これは4,500円前後と決して安くはありません。

しかし、3~4年という期間で考えれば決して高い支出とは思いませんし、日々、電子マネー残高でまわりの方に迷惑をかけることが多いという方には、かなりおすすめできる商品だとは私は思います。

加えてRC-S390入手後、クレジットカードを使った電子マネーチャージが出来るようになれば、獲得できるポイントだけでもカンタンに購入価格の元が取れるようにもなりますよ。そういった意味ではかなりおすすめです!

以上、iPhoneでSuicaや楽天Edyのチャージをしたい…という場合に便利なパソリを紹介!もちろんiPhoneで電子マネー残高の確認も可能です…という話題でした。

参考リンク:

オートチャージ用のSuicaが欲しい…という方は、下記記事も参考にどうぞ。実質無料で作成可能なオートチャージ対応のSuicaですよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP