クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

iPhoneでおサイフケータイを使う方法まとめ!原則、おサイフケータイの使えないiPhoneでも、工夫すれば電子マネーは使えます。

iPhone

今回はおサイフケータイ機能を使うことが出来ないiPhoneで、おサイフケータイを使う方法を紹介していってみたいと思います。

Android携帯からiPhoneに切り替えたら、おサイフケータイが使えなくて不便きわまりない…と嘆いている方は是非、これらの方法を参考にしてみてください。残念ながら100%完璧なおサイフケータイの実現は難しくても、ある程度、納得のできる使い勝手は手に入れられるはずですよ。

尚、2016年9月に発売が開始されたiPhone7以降のiPhoneでは、iPhone版のおサイフケータイとも言える「Apple Pay(アップルペイ)」が利用可能です。携帯ひとつで支払いをしたい…という方はこちらへの機種変更もあわせて検討してみてくださいね。

iPhoneでおサイフケータイを使う方法:

1.おサイフケータイジャケットを利用する

iPhoneでおサイフケータイを実装する一番確実な方法は、NTTドコモが販売している「おサイフケータイジャケット」と呼ばれる小さな商品を購入すること。

おサイフケータイ ジャケット

iPhoneでおサイフケータイ®が使える!対応ケースを利用して、iPhoneに装着してご利用いただけます。

おサイフケータイジャケットとは簡単にいうと、Android携帯に搭載されていたおサイフケータイ機能のみを機器にしたもの。専用のiPhoneケースを購入すればまるでiPhoneがおサイフケータイに対応したかのようにコンビニ等の支払いで使うことが出来ます(詳しくはこちらの記事も)。

デメリットには注意:

但し、おサイフケータイジャケットには大きなデメリットが3つほどあります。

  1. 大体2ヶ月に1度くらいは充電しないといけない
  2. SuicaやPASMOが使えない
  3. 本体料金が決して安くはない

特に2番目のSuicaやPASMOが使えないのは痛いですよね。2016年8月現在でもおサイフケータイジャケットで利用できるのは楽天EdyやiD、QUICPayなどに限られてしまっているので、nanacoやWAON、Suicaを使いたい方は他の方法を探したほうが良さそうです。

2.iPhoneケースにSuicaを挟む

一番無難でおすすめな方法はこれ。iPhoneケースにSuicaやPASMOといった交通系ICカードを挟んで使う方法です。

下記のようなiPhoneケースを購入すればiPhoneの真裏にSuicaを挟むことが出来るので、まるでおサイフケータイを使っているかのように駅改札を通過可能。SuicaやPASMOなどの電子マネーは、たとえケースごしであっても問題なく読み取ってもらうことが出来るので、擬似的なおサイフケータイを作り上げることが出来るのですね。 

反面、デメリットとしては原則、1枚しか電子マネーを挟むことが出来ないということ。Android携帯のように複数の電子マネーをおサイフケータイの中にいれて使うようなことは出来ないのがネックです。

そのため、あくまで『おサイフケータイではSuicaだけ使えればいい』という方は、この方法を実践してみてください(私はこの方法で対応しています)。

3.格安SIMカード+Android携帯を使う

『どうしてもフル機能のおサイフケータイを使いたい!』という方は、おサイフケータイに対応したAndroid携帯を持ち歩くのも手。

最近では月額数百円程度の負担で格安SIMカードが手に入る状況なので、これを活用すればスマホ2台持ちにはなってしまいますがストレス無くおサイフケータイを利用できることでしょう。

ただやはりネックは2台持ちという点。財布を出さずに決済できるのがおサイフケータイのメリットなのに、2台持ちになればカバン等からおサイフケータイ用のスマホを取り出さなくてはいけなくなるので、本末転倒かもしれませんね。

そのため、「ポケモンGO用にもう1台スマホが欲しい!」という場合以外は、あんまりおすすめはしませんよ。

4.クレジットカードで代用

SuicaじゃなくてiDやQUICPayを使いたい…という場合には、それらの電子マネーが内蔵されているクレジットカードを作るのも手。こちらも2番目の方法同様、スマホケースに差し込んで利用すればおサイフケータイ感覚で利用することが出来ます。

尚、2016年現在だとコンビニ大手各社、カラオケボックス、ファミレスなどなどで使える電子マネーなので使い勝手はいいですよ。私も主にコンビニで利用中です(私の場合は財布ごとコンビニレジの読取機にあてて利用しています)。

5.wena wristという腕時計を使う

iPhone本体を活用する方法ではありませんが、ソニーが開発したwena wrist(ウエナ リスト)という腕時計で代用する方法もあります。

このwena wristには腕時計のバンド部分におサイフケータイが搭載されているため、楽天EdyやiDといった電子マネーを利用可能。そのため、コンビニ等の決済端末に腕時計のバンド部分を近づけるだけで支払いを済ませることが出来ます。 

[wena project] wena wrist Three Hands Silver WN-WT01S

[wena project] wena wrist Three Hands Silver WN-WT01S

 
Suica未対応だけれども:

ちなみにwena wristも電子マネーSuicaには未対応…なわけですが、この商品の良いところはSuicaはSuicaでiPhoneケースに内蔵させれば良いという点。

  • Suica:iPhoneケースに挟む
  • それ以外の電子マネー:wena wristで対応

つまりSuica以外の電子マネーはwena wristで対応し、SuicaはiPhoneケースに挟んでしまえばほぼほぼすべての電子マネーに対応できるのはメリットだと言えそうです。お金に余裕があるという方は是非、購入を検討してみてくださいね。

iPhoneにもおサイフケータイがある?

iPhone6やiPhone SE、そしてiPhone6sにはiPhone版のおサイフケータイとも言える「Apple Pay(アップルペイ)」が搭載されていますが、こちらは残念ながら日本の電子マネー決済には対応していません。

SuicaやiD、QUICPayといった電子マネー決済を利用したいなら、iPhone7以降の最新版iPhoneを利用するようにしてくださいね(詳しくはこちらの記事を参照)。

Hce-fでiPhoneでも電子マネーが使える?:

IC

最後に。2015年頃に話題になった内容ですが、現在、ソニーではiPhoneでも使えるおサイフケータイ機能ともいえる「Hce-f」を開発中(こちらより引用)。

そこで同氏が発表したのが『HCE-F』という仕組みだ。

仕組みは簡単で、これまでFeliCaサービスを利用するのにスマホ内のFeliCaチップ(SE)を必ず経由していた通信が、スマホのプロセッサー側で処理できるようになる。

これが実現するようだとiPhoneやGALAXY、NEXUSといったスマホでもSuicaや楽天Edy、nanacoといった電子マネーが利用可能になるので、私を含め、iPhone利用者はそれに期待しましょう!

以上、iPhoneでおサイフケータイを使う方法まとめ!原則、おサイフケータイの使えないiPhoneでも、工夫すれば電子マネーは使えます…という話題でした。

参考リンク:

iPhoneケースにSuicaカードを挟んで利用するなら、オートチャージ対応のSuicaを利用するのがおすすめ。自動でチャージされない状況だと、都度都度、ケースの中からSuicaを取り出すのが面倒ですよ(詳しくは下記記事を参照)。

news.cardmics.com

PAGE TOP