クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

後払い型の電子マネーであるQUICPayとiDのどちらを作ろうか迷ったら、両方が1枚になったクレジットカードを作るのもお薦めです。

http://www.flickr.com/photos/76758469@N00/7466104726

photo by Yuya Tamai

後払い型の電子マネーであるQUICPayとiD。

使ってみようと思うものの、どちらを作れば良いのか悩むところですよね。どちらも得意とするジャンルのお店があるので、片方を取れば片方のメリットが受けられなくなってしまう弊害があります。

そんな時にお薦めしたいのが、オリコカードが発行している「オリコカード THE POINT」というクレジットカードです。このクレジットカード、実はiDとQUICPayの2種類の電子マネーが、一枚のクレジットカードに内蔵されているカードなんです。

このカードには、コンビニなどでの買い物に便利な電子マネー、「iD」と「QUICPay」の2種類が搭載されています。電子マネーでお支払いしても、ポイントがたまります。また、おサイフケータイにも対応しています。

どちらの後払い型電子マネーも使える:

そのため、例えばコンビニのレジで『iD払いで!』と店員に伝えればiDとして認識されますし、『QUICPayで!』といえばQUICPayとして認識されるため、使いたい電子マネーを使いたいタイミングで利用することができます。

もちろん、iDしか使えないカラオケ店はiD払いが出来ますし、QUICPayしか使えないスーパーマーケットではQUICPay払いが出来るなどのメリットも。まだまだ電子マネーの普及が完璧ではない今の時代には、重宝するカードだと言えますね。

Apple PayではQUICPayとして認識:

ちなみにiPhoneで新しく利用することが出来るようになったApple Payでは、このクレジットカードはどちらの電子マネーとして認識されるのでしょうか?

こちらも両方…と言いたい所なんですが、Apple Payの仕様上、ひとつの電子マネーとして扱われてしまうので、正解はQUICPayのみ。そのため、Apple Payとして使うのであれば、iD加盟店で使うことが出来ない点にはご注意ください。

以上、後払い型の電子マネーであるQUICPayとiDのどちらを作ろうか迷ったら、両方が1枚になったクレジットカードを作るのもお薦めです…という話題でした。

参考リンク:

その他、QUICPay内蔵のクレジットカードをもっと知りたい…という方は下記記事も参考にどうぞ(カードタイプのiDを発行してくれるクレジットカード会社は少ないです)。

news.cardmics.com

PAGE TOP