クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

後払い型の電子マネーであるQUICPayとiDのどちらを作ろうか迷ったら、両方が1枚になったクレジットカードを作るのもお薦めです。

f:id:cardmics:20180505152949j:plain

後払い型の電子マネーであるQUICPay(クイックペイ)とiD(アイディー)。

どちらも電子マネーとして支払いをした分だけ後でまとめて請求が来るタイプの電子マネーなので、『電子マネーはチャージが面倒…』という方に最適なわけですが、問題はどちらを作るべきなのかという点ですよね。

そこで今回はQUICPayとiD、どちらを作るべきか迷っている方向けに、とっておきの解決策を紹介してみたいと思います。後払い型の電子マネーが欲しい方は参考にどうぞ。

QUICPayとiDについて:

どちらの後払い型電子マネーを作るか迷ったら:

QUICPayとiD、どちらの電子マネーを作るべきかで迷ったら、オリコカードが発行している「オリコカード THE POINT」というクレジットカードがおすすめ。

理由は単純。このクレジットカードにはiDとQUICPayの2種類が、両方とも内蔵されているためです。

このカードには、コンビニなどでの買い物に便利な電子マネー、「iD」と「QUICPay」の2種類が搭載されています。電子マネーでお支払いしても、ポイントがたまります。

どちらの後払い型電子マネーも使える:

そのため、オリコカード THE POINTが1枚あると、例えばコンビニのレジで『iD払いで!』と店員に伝えればiDとして認識されますし、『QUICPayで!』といえばQUICPayとして認識されるため、使いたい電子マネーを使いたいタイミングで利用可能に。

もちろん、iDしか使えないカラオケ店はiD払いが出来ますし、QUICPayしか使えないスーパーマーケットではQUICPay払いが出来るなどのメリットもあるので、まだまだ電子マネーの普及が完璧ではない今の時代には重宝するカードだと言えますね。

QUICPayとiD、両方の加盟店で電子マネーが使えてしまいます。

それでいて年会費は無料:

こうなると気になるのはその年会費…ですが、オリコカード THE POINTの年会費はなんと無料。

  • 年会費:無料
  • 入会金:無料
  • 事務手数料:無料
  • 発行費:無料

他にも入会金や事務手数料等もすべて無料なので、金利手数料が発生する支払い方法を使わない限りには手数料は一切発生しません(詳しくは下の図解参照)。

分割払いやリボ払いを使わなければ手数料は0円

分割払いやリボ払いを使わなければ手数料は0円

このあたりの手数料については下記記事にまとめてあるので、クレジットカードって手数料がかかるんでしょ?と思っている方は是非、参考にしてみてくださいね(QUICPayやiD利用にも手数料はかからない)。

news.cardmics.com

Apple PayではQUICPayとして認識:

f:id:cardmics:20180505152130j:plain

ちなみに。

最新のiPhoneで新しく利用することが出来るようになったApple Payでは、オリコカード THE POINTはどちらの電子マネーとして認識されるのでしょうか?

こちらも両方…と言いたい所なんですが、Apple Payの仕様上、ひとつの電子マネーとして扱われてしまうので、正解はQUICPayのみ。Apple Payとして使う際にはくれぐれもご注意ください(iD加盟店では利用できません)。

以上、後払い型の電子マネーであるQUICPayとiDのどちらを作ろうか迷ったら、両方が1枚になったクレジットカードを作るのもお薦めです…という話題でした。

参考リンク:

その他、QUICPay内蔵のクレジットカードをもっと知りたい…という方は下記記事も参考にどうぞ(カードタイプのiDを発行してくれるクレジットカード会社は少ないです)。

news.cardmics.com

PAGE TOP