クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

私がオンライン明細ではなく、紙の利用明細書にこだわっている理由まとめ!自宅に明細書を郵送してもらうメリットは計り知れません。

Kallen doesn't like predatory mail credit card applications either!

先日、アメリカン・エキスプレス・カードが強制的にオンライン明細に切り替えちゃうから気をつけてね…という記事を書いたら、某Twitterアカウントの方より『そこまで紙の明細書にこだわる理由って何?』と書かれた私。

まぁ確かに、オンライン明細書を問題なく活用できている方からすると、紙の明細書にこだわっている私はちょっと不思議に思えるのかもしれません。

しかし、紙の明細書には紙の明細書ならではのメリットがあるのも事実なので、今回は雑談がてら、私が紙の明細書にこだわっている理由を書いてみたいと思います。ネット明細に切り替えようか迷っている…という方は是非、参考にしてみてくださいね。

紙の明細書を郵送してもらうメリットまとめ:

1.強制的に明細書を確認する:

まず、紙の明細書を自宅に送ってもらう最大のメリットは、「毎月、明細書を確認し忘れなくて済むということ」。要するに物体として利用明細書が入った封筒が自宅に届けられるので、利用明細書を確認し忘れることがなくなるのですね。

反面、オンライン明細書というのは確認しなくても原則問題なし。そのため、メール等に「今月の利用明細書をお届けします」なんて連絡が入っても、面倒臭がって確認せずに翌月、そしてまた翌月と月日が経過してしまうことのほうが多いと思います。

  • 紙の明細書:自宅に届くので確認忘れがない
  • ネット明細:メールで届くだけなので確認を忘れがち

結果、仮に自分の保有クレジットカードが不正利用されいても気付くのが遅れてしまったり、最悪の場合には気付きさえしない…なんてことも。こういう危険性がある以上、私は郵送代を払ってでも紙の明細書を自宅に届けてもらうようにしています。

2.経費として計上しやすい:

2つ目は仕事面での理由ですね。郵送で届けられる利用明細書は税務調査等に入られた時に有利に働くんじゃないかという思惑です。

これ、オンライン明細を自宅でプリントアウトして、『ほら、ここでこの金額を使っているでしょ?』といっても説得力がやや乏しい感じ…。それが郵送で送られてくる厚紙の明細書であればしっかりとした形状をしているので、税務署職員にも説明がしやすいだろうと私は思ってます。

  • ネット明細を印刷:加工しやすい、不正しやすい?
  • 郵送で届く明細書:加工しにくい、不正しにくい?

まぁオンライン明細であってもちゃんと説明をすれば領収書がなくても経費として認めてもらえるとは思いますが、面倒な説明やあらぬ疑いをかけられる可能性もあるので、念のため、郵送で届く、いわゆる原本の明細書を保管するようにしています(理想は領収書があるのが一番です)。

3.支払い日が近いことを認識しやすい:

3つ目は紙の利用明細書が自宅に郵送されてくると、『あっ、そろそろ引き落としがかかるってことか。銀行口座に入金しておかないと…』という判断にたどり着きやすいというメリットです。

これがネット明細書の場合には確かにメールが届けられますが、メールの受信数が多い日だと確認漏れを起こしてしまうことに繋がり、結果として口座残高不足で支払遅延…なんて残念なミスを起こしてしまう可能性もあります。

クレヒスを傷付けたくないなら:

ちなみに私はとにかく自分のクレジットヒストリーを傷つけたくないと思う人間なので、この「そろそろ引き落としか…」と思わせてくれる郵送の明細書には過去、助けられたことが多いですね。

もしかすると今、最高峰のクレジットカードであるブラックカードを持つことができているのも、紙の明細書のおかげなのかもしれません(ネット明細のみだと支払い遅延ばかりを起こして、信用情報が傷ついてしまっていたかもしれないということ)。

紙の明細書に戻すのもおすすめ:

big check

ここまで3つほど、紙の利用明細書を郵送してもらうメリットについて書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

やはり一番大きいのは明細書を強制的に確認できることだと思うので、ついついオンライン明細のチェックを忘れてしまうことが多いという方は、紙の明細書へ戻すことを検討してみてくださいね*1

以上、私がオンライン明細ではなく、紙の利用明細書にこだわっている理由まとめ!自宅に明細書を郵送してもらうメリットは計り知れません…という話題でした。

参考リンク:

利用明細書のチェック以外にも、クレジットカードにはいくつかの落とし穴があります。人生を狂わせかねないミスについては下記記事にまとめてあるので、クレジットカードについてあまり詳しくないという方は併せてご覧ください。 

news.cardmics.com

*1:楽天カードやTカードプラスなど、紙の利用明細書を自宅へ取り寄せるためには月額費用がかかるクレジットカードも存在します。私はそういった費用を払ってでも取り寄せていますが、クレジットカード利用額が少ないという方にとってはさすがに費用負担は大きいので、それらの費用を天秤にかけて取り寄せるかどうかを検討してもらえればと思います(最初から明細の郵送費用がかからないカードを選ぶのも手)。

PAGE TOP