クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

日本で発行されているクレジットカード総枚数はとんでもなく多い!誰がそんなにクレジットカードを保有しているのか?

http://www.flickr.com/photos/68751915@N05/6280507539

photo by 401(K) 2013

日本で発行されているクレジットカードの総枚数を知っていますか?

これ、実に3億2,352万枚。日本の人口が1億3,000万人程度であるということを考えると、この数字がいかに多いかってことがおわかりいただけるものと思います。

1人あたりの保有枚数は3.3枚程度に:

ざっくりとした計算にはなりますが、日本の成人人口が1億人ちょっとであることを考えると、1人あたり約3.2枚のクレジットカードを保有していることになります。

ただ18歳や19歳でもクレジットカードは保有できますし、80歳以上の年配者の方がクレジットカードをたくさん持っている(使っている)ということは想定しにくいので、実際にカードを持つことができる年齢層で考えると、1人あたり4枚くらいはクレジットカードを持っている計算になりますね。

更に現金主義者を排除すると:

そして更に、この人数から2割程度はいると考えられている現金主義者(カードを持たない考えの方)を排除すると、クレジットカードを活発に利用している方は、平均5枚くらい持っていると考えても間違いないはずです。

ちなみにこれはあくまで平均ですから、1枚しか持っていない方もいれば、私のように10枚以上持っている方もいることになりますね。

カード発行枚数は頭打ち感あり:

クレジットカードの発行枚数については、近年、伸び悩み傾向にあります。

日本クレジット協会によると、ここ数年でやや縮小の傾向があり、2010年度と比較すると、2012年度の統計データのほうが保有枚数が少ない状況。さすがに発行枚数が増えすぎて、頭打ち…といったところでしょうか。

誰がクレジットカードをこんなにも持っているのか?

http://www.flickr.com/photos/23307937@N04/3565437792

photo by frankieleon

しかし、誰がクレジットカードをこんなにも持っているんでしょうか?

統計データが本当に正しいのか?二重に枚数を数えてしまっているケースがあるのではないか?などなど、ちょっと疑ってしまう部分もあるにはありますが、日本で信用できるクレジットカード情報の統計データを発表している日本クレジット協会のデータなので、基本は信用するしかありません。

…となるとたぶんですが、デパートやスーパーマーケットなど、行く先々の小売店でクレジットカードを作ってしまう方が、一定数いるのかもしれません。

カードを作ることに抵抗感がない方の場合は乱発する:

特にクレジットカードを作ることに抵抗がない方の場合には、1,000円分の商品券がもらえるから…といった理由だけでクレジットカードをどんどん作ってしまうため、気づけば30枚程度のカードを保有していた…なんてこともあるはず。

身に覚えがある方や、身近にそういう方がいる…というケースは、多いんじゃないんでしょうか。そんなこんなで国内における発行枚数が3億枚以上になった…と考えるのが自然そうな感じです。

以上、日本で発行されているクレジットカード総枚数はとんでもなく多い!誰がそんなにクレジットカードを保有しているのか…という話題でした。

最後に。必要なクレジットカードを必要なだけ作るのはお薦めですが、必要ではないクレジットカードをどんどん作ってしまうのはいただけません。本当に必要なカードかどうか、是非、作成前にはきちんと考えるようにしてみてくださいね。

追記:3億枚という数字はウソだった

この記事の追記です。従来、日本国内におけるクレジットカードの発行枚数は3億枚といわれていましたが、実際にはもっと少なかった…という修正が2015年に行われることになりました(詳細は下記記事にて)。

まぁそれでも発行枚数は2億枚以上とかなりの数にはなりますが、某大手クレジットカード会社のメンツのためだけに統計が捻じ曲げられていたのはいただけませんね。業界全体に与えた負のイメージは大きいものと思われます。

参考リンク:

これからクレジットカードを作ろうと思っている方は、はじめての方におすすめのクレジットカードをまとめた下記記事もご覧ください。初心者の方にも安心なカードを多数、紹介していますよ。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP