クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカード明細は医療費控除の証明(添付書類)になるか…など、確定申告における医療費控除とカード決済の関連情報まとめ。

http://www.flickr.com/photos/30978527@N07/3114586769

photo by agentvladimir

歯医者や小児科、内科といった小さな診療所でクレジットカード決済をした場合でも、きちんとそれは医療費控除の対象?また、クレジットカードの利用明細書は医療費控除を申請する上での証明になるのか…などなど、病院などの医療費に関連する情報について、今回は詳しく調べてみました。

そろそろ確定申告シーズンなので、興味がある方は参考にしてみてくださいね。

医療費をクレジットカード払いしても控除対象:

まず、大病院だろうが診療所だろうが歯医者だろうが、クレジットカード払いをした場合でもそれらの支払いはすべて医療費控除の対象となります。カード払いでも現金払いとなんらかわりがありませんので、安心してどんどん病院でクレジットカードを使ってもらえれば幸いです。

  • 現金払いでもカード払いでも、医療費控除の対象となる

但し、リボ払いや分割払いで医療費の支払いをした場合の金利については、残念ながら医療費控除の対象とはなりません。あくまで病院側に支払った金額のみがその対象となる点だけは注意してもらえればと思います。

カード明細書でも控除の添付書類としてOK:

出来れば避けたほうが無難ではありますが、病院や診療所からもらった領収書を紛失してしまったりした場合には、クレジットカードの明細書でも医療費控除の添付書類として扱ってもらうことは可能です。

実際、税務署のページもローン契約書で医療費控除の対象となる…といった事例が紹介されているので、間違いなくクレジットカード明細でも大丈夫でしょう。

歯科ローンを利用した場合には、患者の手もとに歯科医の領収書がないことが考えられますが、この場合には、医療費控除を受けるときの添付書類として、歯科ローンの契約書の写しや信販会社の領収書を用意してください。

但し、病院や診療所からもらった領収書を最優先とし、あくまでタクシー代やバス代、マツモトキヨシなどのドラッグストアでの支払いなどにクレジットカード明細を使う程度にとどめておいたほうが良いと思われます(交通費はそもそも領収書不要)。要するに領収書がどうしても見つからない場合の「最後の手段」として活用ください。

以上、クレジットカード明細は医療費控除の証明(添付書類)になるか…など、確定申告における医療費控除とカード決済の関連情報まとめでした。確定申告をもっとラクにしたい…という方は是非、下記記事も併せて読んでもらえれば幸いです。 

cards.hateblo.jp

参考リンク:

クレジットカード明細は青色申告の領収書として使えるのか?といった情報については下記をどうぞ。出来る限り領収書も併せて保存しておくのがベストですが、こちらも明細書のみで経費として申告できるようです。

PAGE TOP