クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

Squareが日本のクレジットカード会社に終焉をもたらす…というホリエモンの記事に反論!少ない経験談で優劣を決めてほしくないです。

http://www.flickr.com/photos/16966516@N08/2851235618

photo by Hans and Carolyn

週刊朝日のホリエモンが書いたという記事に対して、ちょっと反論したいなと思ったので書いてみます。影響力のある方が断定する文章を書いてしまうと、世の中、偏った見方をしてしまう方も多いため、そのフォローになれば…という感じですね。

記事のカンタンな概要は、ホリエモンの知人がオープンした焼肉店に、クレジットカード決済を導入しようと思ったら日本のカード会社がモタモタするので、Squareというスマホで出来るクレジットカード決済を導入したら簡単でセキュリティも万全だった。

この調子だと日本のカード会社はそのうち終焉を迎えるだろう…という話です。

記事を引用して反論していってみます:

記事から一部引用させていただく形で、反論していってみますね。

(焼肉店の)2号店にもかかわらずオープンに合わせて端末を導入できないと信販会社が通告してきたらしい。当初の1カ月くらいはカーボンコピーの機械を使って「ガッチャン」してほしいと言ってきたのだ。 

これはもう、そのカード会社が悪いとしか言いようがないですね。スピードが問われる時代に1ヶ月も決済端末納品が遅れるなんて致命的。焼肉店側がもっと早くお願いしていれば…など、いくつかの原因があるとしても、カード会社のスピードの遅さはダメだと私も思います。

カード会社すべてが遅いわけではない:

ただね、今回、焼肉店が利用していたカード会社の対応が遅かっただけで、カード会社や決済代理店の中には早くカード決済端末を届けてくれるところもあります。

それにも関わらず、たった1つのカード会社例だけで全てのカード会社=遅いと決めつけるのはどうなのかな…と思いますね(それでも下記のSquareの導入が早いのは間違いない)。

問題が多いのは後半部分:

http://www.flickr.com/photos/24987280@N00/2073400408

photo by LoopZilla

ここまでは個人的にも激しく同意なんですが、問題は後半部分。

初期導入が簡単にできる分、Squareはカードの使用履歴を詳細にモニタリングしており、自分のカードを使って不正に決済した場合、数時間後にすぐにSquareから不正使用していないか連絡がきたらしい。日本のカード会社の場合、そういう利用をしても連絡がこないことがよくあるらしい。ちゃんと見ていないのだ。

あくまでそういう話だろう…という内容なんですよ、これ。

  • Square…自分のカードで決済したら連絡が来た。
  • 日本のカード会社…連絡が来ないことがあるらしい。

なんとも言えない、ホリエモンらしくない歯切れの悪い記事に感じます。今回は友人からの伝聞だから仕方ないのかも…ですが、それだけで日本のカード会社がダメだと結論付けるのはちょっと無理がありますね。

不正利用の連絡はどちらに対して?

それにこの内容が一番、問題なのは、この文章は主語が『レストラン経営者』なのか『クレジットカード利用者』なのか、どちらかわかりにくいということ。

  • 経営者として顧客に不正利用された場合の連絡が来て凄い
  • カード利用者として不正利用された場合の連絡が来て凄い

一体どっちなんでしょうか?

ここでいうSquareからの連絡に関しては、間違いなくレストラン経営者側への連絡ですよね。『今、ご自分のカードで試しに決済されましたか?』という確認の連絡のはず。

反面、カード発行会社でもないSquare側から『あなたのカードが今、不正利用されました!』という連絡が入ることはあり得ないので、ホリエモン自身が話を混同してしまっているような気がします。

不正利用についてはモニタリングされている:

尚、カードの不正利用対策に関しては、日本のクレジットカード会社も詳細にモニタリングをしていて、不正利用直後に電話で連絡が入ることも多いです。少なくとも数時間後に連絡をしてきたSquareよりも迅速な対応が期待できます。

このように少ない事例だけを取って、不正モニタリングは日本のクレジットカード会社よりもSquareのほうが優れている…とするのには、やや無理アリ。

加えて仮に店舗経営者がクレジットカードを不正利用されたとしても、暗証番号取引による不正利用であれば経営者が自己負担することもありません(不正利用されても損失は出ないということ)。

Squareの決済はどこが担当しているのか?

http://www.flickr.com/photos/58246614@N00/5616348626

photo by mdid

最後にですが、なによりSquareの決済はどこが担当しているのかというと、日本のクレジットカード会社である三井住友カードです。日本のクレジットカード会社の終焉との話ですが、日本でSquareが広く使われるようになれば儲かるのは日本のクレジットカード会社なんですね(日本に限った話です)。

日本のカード会社も変わっていかなくてはいけない:

とはいえ、日本のカード会社の古い体質のようなものは、早く改善していかないと、こういった外資の脅威に晒される可能性は否定できません。間違いなくホリエモンの言うとおりだと思います。

そのため、今回、私が反論したかったのは、少ない事例と業界知識で終焉という言葉を使ってほしくなかったという点のみ。ホリエモンは言うまでもなく影響力の強い方なので、それによって偏った考えが世の中に広まってしまうだけは避けたかったのです。ここだけ是非、訂正してもらえたら嬉しいですね。

以上、Squareが日本のクレジットカード会社に終焉をもたらす…というホリエモンの記事に対して反論してみる。少ない経験談で優劣を決めてほしくない…という話題でした。この記事がどのくらいの影響力を持てるかはわかりませんが、ホリエモンの記事だけでカード業界全体をダメだと思う方が出てこなければいいな…と切に願います。

Square関連の参考リンク:

SquareのようなiPhoneやiPadを使ったクレジットカード決済は、最近、だいぶ普及しはじめてきましたね。気軽に導入できる、入金サイクルが早いなど、従来のクレジットカード決済よりも優れた部分は確かに多いので、興味がある方は下記記事などもあわせてチェックしてみてください。 

cards.hateblo.jp

PAGE TOP