クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカード会社からの保険勧誘の電話や郵送物が多い最近。勝手に個人情報を使ってる?

http://www.flickr.com/photos/17274350@N00/6692346353

photo by Domiriel

最近、クレジットカード会社からの保険勧誘の電話や郵送物が多い傾向にあります。

オリコとかポケットカードとかには、かなり規模の大きい保険勧誘部隊がいるようで、電話で熱心に連絡してきますね。しかも一度きちんと断っても何度かかかってくるので迷惑そのものです。

三井住友カードも封筒などで『無料で保険に加入できるお得な情報』といった感じの郵便物を複数回にわたって送ってきます。確かに0円で保険加入の手続きが取れるのですが、『1ヶ月あたり+◯円で更に手厚い保険に加入可能です』といったオプションが付けられており、ついつい加入してしまう利用者を狙っているようです(無料加入できる場合の保証内容は乏しい)。

個人情報を勝手に使ってるんじゃないの?これ:

普通、ここで疑問に思いますよね。これって、クレジットカードを持っていることをいいことに、カード発行会社が登録情報を勝手に使っているんじゃないの?って。私達はカードを使いたいだけであって、広告の勧誘をされたいわけではないはずです。

広告の勧誘には同意している:

しかし実際にはクレジットカード加入時などで広告の勧誘についてみなさんの同意を取っている形をとっているため、法律上はどうやら問題がない様子。あのちっちゃい利用規約の中に、あるわけですよ、広告の送付OKという但し書きが…。だからこそ、カード会社は堂々と広告勧誘を行ってくるわけです。

ただこの辺についてはカード会社としても両刃の剣。いくら同意をとっていたとしても、しつこい広告勧誘をしてしまえばカード会員の心象を悪くしたり、最悪の場合は解約されてしまうことになります。

またこの記事のように、勧誘批判をネットで書く方も少なからずいると思いますので、持っていない方に対してのイメージ悪化なども避けられないところもあると思います。少なくとも良いイメージを持たれるケースは少ないことでしょう。

それでも保険を獲得したい:

それでも保険勧誘を続ける理由。それはそこまでしてでも、獲得できた場合の収益が大きいからなんでしょうね。近年、利益が減少気味なクレジットカード会社にとってみれば、背に腹は代えられない対応…といったところなのだと思います。保険代は毎月、カードで引き落とされることも大きいのでしょう(安定顧客の確保に繋がる)。

今後もこういった保険勧誘は、残念ながら続いていってしまいそうです…。

文末リンク:
PAGE TOP