クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

日高屋ではクレジットカード払いはできる?電子マネーや商品券など、日高屋にて使える支払い方法をまとめてみた。

日高屋

人気飲食店チェーンである日高屋では、VISAカードやJCBカードといったクレジットカード払いは可能なのでしょうか?

今回はクレジットカードや電子マネー、商品券といった、日高屋において使える支払い方法をまとめてみました。現金以外で美味しい中華そばを食べたいという方は是非、参考にしてみてください。

日高屋で使える支払い方法まとめ:

まず、非常に残念ではありますが、日高屋ではVISAカードやJCBカードを含め、クレジットカードは一切使えません

  • VISAカード:使えない
  • マスターカード:使えない
  • JCBカード:使えない
  • アメックス:使えない
  • ダイナースクラブ:使えない

同様に三井住友VISAカードも楽天カードも、イオンカードやアメックスも使うことは出来ないので、これはもう諦めてもらうしかなし。クレジットカード全般が利用不可です。

電子マネーは一部、使える店舗も:

ではSuicaや楽天Edy、iDといった電子マネーはというと、こちらもほぼ絶望的。

日高屋 我孫子』など一部の店舗でSuicaやPASMOといった交通系ICカード払いが使えるようですが、それ以外の店舗ではまず使えないと思ったほうが無難かも。

  • Suica:使えない
  • 楽天Edy:使えない
  • nanaco:使えない
  • WAON:使えない
  • iD:使えない
  • QUICPay:使えない

このように日高屋での支払いは基本、現金払いのみなのですね。クレジットカードも電子マネーも使うことはできません。

日高屋で節約をするなら:

日高屋 肉野菜炒定食

では、日高屋ではどのように節約すれば良いのか?というと、飲食店系のギフトカードであるジェフグルメカードを活用する手段があります(節約方法の詳細は下記記事参照)。

駅前等にある金券ショップで安くジェフグルメカードを購入し、それを日高屋で利用すれば金券購入時に浮いた分&お釣り獲得分だけ節約をすることが出来るので、1回あたりの食事でだいたい20~50円程度は浮かせることが出来るはず。

『たったそれだけか…』と思われるかもしれませんが、ちりも積もれば大きな節約になるので、普段から日高屋に行っているという方はジェフグルメカードの活用を考えてみてください。月10回は行くという方であれば月間300円~500円、年間にすると4,000~6,000円程度の節約ができると思いますよ。

  • 例:475円で購入したジェフグルメーカードで、600円の定食を食べた場合=実質負担額は550円で食べられることに(ジェフグルメカードを2枚使うため)。

以上、日高屋ではクレジットカード払いはできる?電子マネーや商品券など、日高屋にて使える支払い方法をまとめてみた…でした。

ちなみに同じ中華系レストランであるバーミヤンではカード払いは可能なので、手元にお金はないけど中華料理が食べたい…という時は、こちらを利用してもらえればな…と思います。

news.cardmics.com

PAGE TOP