クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

阪急阪神ホールディングスが関西エリアに新しい共通ポイントサービスを作成!その名も「Sポイント(エスポイント)」です。

f:id:cardmics:20160121184615g:plain

阪急阪神ホールディングスやエイチ・ツー・オーリテイリングなどの阪急阪神グループが中心となって、関西エリアに新しいポイントサービス「Sポイント(エスポイント)」を作るようです。阪急阪神ホールディングスがニュースリリースで発表しました。

阪急阪神ホールディングスグループ と エイチ・ツー・オー リテイリンググループ(両グループ併せて以下、「阪急阪神グループ」という)では、「阪急阪神エメラルドSTACIAカード」の発行や、カードポイントを管理する会社「(株)阪急阪神ポイント」を共同出資により設立するなど、カード事業におけるポイント基盤の整備と拡充を順次すすめております。

関西エリアを対象とした、お客様にとって、より「たまりやすく」、より「使いやすい」カードポイントサービス構築のための準備を進めてまいりましたが、今般、その集大成として阪急阪神グループが提供するカード共通の関西エリアポイント 「Sポイント」サービスを、2016年4月下旬より開始します。

Sポイントの名前の由来は?:

気になる(?)Sポイントの名称については、ショッピングやステーションといった、様々なSワードの意味合いを含む…としています。正直、後付の部分が大きい&TポイントやRポイントに対抗したネーミングだとは思いますが、いろいろと考えられて作られたポイント制度だということがわかりますね。

1.「Sポイント」の名称について

Shopping(お買い物)やStation(駅)、Sightseeing(観光)、Stay(宿泊)など、生活の中の多彩なScene(場面)で「たまる」「つかえる」、Special(特別)なポイントであることから、それぞれの英単語の頭文字の“S”を取って「Sポイント」としました。

2016年4月頃からサービス開始予定:

Sポイントのサービス開始時期については2016年4月頃からとのこと。詳しくは公式サイトで公表していくとのことなので、興味がある方は定期的にSポイント公式サイトもチェックしてもらえればと思います。

以上、阪急阪神ホールディングスが関西エリアに新しい共通ポイントサービスを作成!その名も「Sポイント(エスポイント)」です…という国内ニュースでした。阪急阪神ホールディングス以外にも加盟店を広めていくようなので、うまくいけば関西エリアならではの共通ポイントカードになる可能性もゼロではなさそうな感じですよ(Sポイントが貯まるクレジットカードなども出来るようです)。

参考リンク:

鉄道会社が2016年にはじめる共通ポイントサービスといえば、JR東日本のJREポイントも忘れてはいけません。こちらはSuicaポイントやアトレポイントなどと合併させて出来上がるポイントサービスなので、最初からTポイントや楽天ポイントに対抗できるポイントカードになりそうです。

news.cardmics.com

PAGE TOP