クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

餃子の王将ではクレジットカード払いは可能かどうか…から、お得に支払うにはどうすれば良いのかまでを調べてみた。

Gyoza-no-Ohsho @ Komagome

今回は人気の中華レストランである『餃子の王将』ではクレジットカード払いは可能なのか?という点を含め、どのような支払い方法がお得なのかを調べてみました。

餃子の王将によく行くという方は是非、家計の節約のためにも参考にしてみてくださいね。

基本的にはクレジットカード払い不可:

まず、基本的には餃子の王将でクレジットカード払いをすることは出来ません。VISAカード、MasterCard、JCBカード問わず、全部使えないと思ってOKです。

  • VISAカード:使えない
  • MasterCard:使えない
  • JCBカード:使えない

また、餃子の王将は独立型の店舗が多いので、特定のショッピングセンター内だけではクレジットカード払いが出来る…なんてこともなさそう。イオンモールなどのモールに店舗を持っている場合であればクレジットカード払いが一部使えるケースもあるんですけどね。こちらも望み薄です。

ジェフグルメーカードも使えない:

こういうクレジットカード払いが使えない飲食チェーンにおいて頼りになるのがジェフグルメカード…なんですが、実はこの商品券も餃子の王将では受け付けてくれません。金券ショップで購入しても王将では使うことができないのでご注意ください。

同様にJCBギフトカード、VJAギフトカード、JCBプレモカード、au WALLETカード、LINEPAYカードなども利用不可。とにかく電子決済は餃子の王将では使えません。

稀に電子マネーが使える場合も:

見かけることはかなり稀ではありますが、餃子の王将 渋谷ハチ公口店のように電子マネーのSuicaやiDなどが使える店舗はあるにはあるようです(※残念ながらハチ公口店は閉店となりました)。

こういうお店は前述のようにかなりレアなので、見つけたらラッキーくらいの感覚で今のところは捉えておいたほうが無難。『餃子の王将ではSuicaが使えるんじゃないか?』と、過度に期待しすぎないようにしてもらえればと思います。

餃子の王将における節約術:

Osho

では、餃子の王将でお得に支払いをするにはどうしたら良いのか?というと、これはぐるなびギフトカードという商品券を利用します。

あまり聞き慣れない商品券ではありますが、ぐるなびギフトカードはその名の通り、飲食店ガイドとして有名なぐるなびが発行しているギフトカードなので、怪しい商品券ではないのでご安心ください。

餃子の王将でも使えるギフトカード:

このぐるなびギフトカードは、数多の商品券を拒否する餃子の王将でも利用可能。

下記画像をまず見ていただきたいのですが、右側の赤枠に『お食事券が使える』という項目があり、そこにOKという文字が確認できると思います。これがぐるなびギフトカード利用OKという箇所なのですね。

f:id:cardmics:20141109165450g:plain

金券ショップで安く売られている:

『いくらそのギフトカードが使えても、節約にはならないんじゃないか?』と思われるかもしれませんが、そういう時に活用するのはやはり金券ショップです。

嬉しいことにぐるなびギフトカードは金券ショップで500円の額面券が470円前後で販売されていることが多いので、現金払いをやめてぐるなびギフトカード払いに切り替えれば、実質的に5~6%の節約に。下手にクレジットカード払いをするよりも、よほど節約率が高い支払い方法と言えそうです。

  • 500円を現金払い→500円のまま
  • 500円をぐるなびギフトカード払い→470円で買える
  • 仮にカード払いが出来たら→500円で2~10円程度のポイント獲得

大阪王将だとカード払いや電子マネーが使える:

OSAKA OHSHO-52.jpg

ちなみに。

王将は王将でも、餃子の王将のライバル店である大阪王将ではほぼすべてのお店でクレジットカード払いやSuica払いが使えます。

そのため、とにかくなんでもいいから餃子が食べたい…という方は、電子決済が使える大阪王将に行くのがおすすめ。例え500円のランチ時であっても、大阪王将ならカード払いが出来ますよ。

以上、餃子の王将ではクレジットカード払いは可能かどうかから、お得に支払いをするにはどうすれば良いのかまでを調べてみた…という情報でした。

参考リンク:

クレジットカードの限度額が足りない…という方は、下記の限度額を増やす方法をまとめた記事も参考に。大きめのショッピング枠があれば、様々な支払いにクレジットカードを活用できるようになります。

news.cardmics.com

PAGE TOP