クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

検索順位の変動をプログラムで調べてくれる、GRCという検索ツールが秀逸すぎる!サイトの中で一番評価されているページもわかります。

http://www.flickr.com/photos/31991771@N00/2856173673

photo by Carlos Luna

ウェブサイトを運営している方であれば気になる検索順位。

手動で調べると途方もなく面倒なこの作業を、ボタン1つで自動的に調査して変動グラフにしてくれる便利なツール『GRC(ジーアールシー)』を今回は紹介してみようと思います。

GRCで出来ること:

まず、GRCを利用すれば100個以上の検索キーワード順位を毎日、自動的に追いかけていくことが可能

主な検索エンジンであるGoogle、Yahoo、Bingの3つの順位変動を同時に確認することが出来るので、Yahooでは順位があったけれども、Bingでは落ちてしまった…なんてことを一目瞭然で確認することができます。

GRCの管理画面はこんな感じ:

参考までにちょっと恥ずかしい感じではありますが、GRCの管理画面をキャプチャしてみました。

こんな感じで各検索キーワードにおいて、どのような順位変動があるのかがGRCを利用すると一発でわかるようになります(ヤフー検索の場合、クレジットカードは昨日よりも2つ順位をあげ、クレジットカード比較だと8つ順位を下げていることに)。

f:id:cardmics:20140714130858g:plain

大きな順位変動があった時はわかりやすい:

これ、特にパンダアップデートやペンギンアップデートといったGoogleのアルゴリズムが変動になったタイミングでは、GRCを利用しているのといないのとでは情報量がとんでもなく異なってきます。

例えば複合キーワードでは大幅に順位低下が起こっているけれども、単独キーワードではあまり変化がない…とか、サイトテーマと同じキーワードは順位低下が起きていないけれども、テーマからズレる雑談記事の順位は落ちてしまったとかそういうのがわかれば、「ああ、Googleは今回のアップデートでその辺をいじったんだな」というのがわかりやすい…ということ。

GRCがあればその後の対策も立てやすいということでもあるので、私自身、ほんと助けられることばかりです。

キーワードごとにグラフを並べることも:

ついでにGRCでは下記のように、キーワードごとにグラフを並べることも出来ます。

f:id:cardmics:20140714131453g:plain

こんな感じでグラフを並べて表示できると、どのキーワードも若干、順位が落ち気味かな…というのがよくわかるので便利。今月でいうとやや下落傾向にあるので、当サイトとしてはもっと頑張らないといけませんね。

どのページがランクインしているのかもわかる:

あと、GRCを利用すると、どのページが検索結果に表示されているのかもわかります。

キーワードによっては日々、検索結果に表示されるページが変わっていくものもあるので、検索エンジンが今、どのページを一番評価しているのかということがGRCであれば一目瞭然でわかりますね(画像右下をご覧ください。赤くなっている日がランクインページに変化があった日です)。

f:id:cardmics:20140714131745g:plain

こういう情報が入手できれば、どうページを作ると検索エンジン上で有利になるのかもわかりやすいはず。少しでも上の順位を目指すのであれば、こまめにランクインページもチェックしてみてください*1

GRC、是非使ってみてください:

尚、GRCのビジネス版では複数サイト運営時でも検索結果をチェックできるので、多数のウェブサイトを持っている方などは特に、この検索ツールを使ってみてください。

残念ながら複数のキーワードを調査する場合にはライセンス料(年会費)が必要になりますが、ウェブサイトからあがってくる収益を考えれば安いものと思いますよ。

以上、検索順位の変動を自動的に調べてくれる、GRCという検索ツールが秀逸すぎる…という話題でした。

参考リンク:

GRCで毎日、検索順位をチェックし、どういうページが上位表示されるのかを確認しつづけた結果、おかげ様で超メジャーキーワードである「クレジットカード」で検索1位を獲得することができました。個人的にはGRCさまさまです。

cards.hateblo.jp

*1:私の場合はそこまで深くは分析していません(月に1~2度、チェックするくらい)。それよりも日々、クレジットカード関連記事を公開することだけに注力するようにしています。

PAGE TOP