クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

電子マネーで復興支援や地元貢献をしてみませんか?『ご当地WAON』なら、いつも通りWAONを使うことで簡単に寄付や支援ができます

http://www.flickr.com/photos/10148151@N06/3848096630

photo by shckor

イオン系の電子マネーとして人気が高いWAON(ワオン)。

すでに使っているよ!という方も多いかと思いますが、実はWAONには『ご当地WAON』という、地方貢献や震災復興への寄付が簡単にできる種類があることはご存知でしょうか?

今回はこのご当地WAONについて、簡単に紹介させてもらえればと思います。

ご当地WAONは買い物などで使うと自動的に寄付される:

f:id:cardmics:20131213155207g:plain

ご当地WAONは、普段の買い物などで利用すると自動的に寄付が行われるWAONのこと。

福島県や宮城県といった東北地方の復興から、名古屋城、長崎の教会群、石見銀山などなど、全国50箇所以上の施設や文化に対しての寄付が出来るため、自分が支援したい先を選んで、使うことが出来ます。

使い方は普通のWAONと同じ。寄付するための金銭的な負担も無し:

『寄付が出来るってことは、普通のWAONとは違うの?』と思われるかもしれませんが、ご当地WAONの使い方は通常のWAONとなんら変わりがありません。いつもWAONを使う感覚で利用すればOK。あとはイオン側が、あなたがWAONを利用した金額の0.1%分を、勝手に寄付をしてくれます(あなたの負担額は0円)。

ざっくりと金額計算すると、100万円分のWAONを使ったら1000円が寄付される…って感じですね。印象的には額が少ないかもしれませんが、ちりも積もればなんとやらです。

ご当地WAONの落とし穴はクレジットカードチャージが出来ないこと:

http://www.flickr.com/photos/53941041@N00/4989727036

photo by HowardLake

ご当地WAONの唯一といっても良いデメリットは、現金のみのチャージしか出来ないということ。クレジットカードを使ったチャージや、オートチャージには対応していないため、WAONチャージでポイントを稼ぎたい!という方には不向きです。

ただそれでも、WAONを使うごとに勝手に寄付してくれるご当地WAONは、地元を愛する方であれば使う価値のある電子マネーであるとも言えますので、もし興味がありましたら、是非、ご当地WAONの公式サイトをチェックしてみてください。

本当にたくさんの種類のご当地WAONがありますよ(公式サイトはこちら)。

文末リンク:
PAGE TOP