クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

『国立(くにたち)』という地名は、国分寺と立川の間にあるから国立なんだということを知った最近…。他にも合成地名って多いようです。

DSC01896

まったくどうでもいい雑談なんですが、最近、国立(くにたち)という地名は、国分寺と立川の間だから名付けられたということを知りました。国分寺の国と、立川の立をくっつけて、国立なのですね。

中央線国分寺駅と立川駅の中間(西国分寺駅は後から開設)にできる新しい駅とこの地区に、両駅から1字ずつ取って「国立」と名付けたことによる。

まぁ、言われれば納得の地名なんですが、わざわざ国立(こくりつ)と間違えられるような地名にしてしまった理由については、小一時間ほど問い詰めたいくらい…。過去、東京に住み始めたばかりの頃に「こくりつ」と読んでしまい、周りに馬鹿にされたのは今でも忘れません(苦笑)

大田区も蒲田と大森があったから:

この国立のような地名は合成地名と呼ぶそう。

東京都内で有名なその他の合成地名としては、東京23区のうちのひとつである大田区があげられます。こちらは蒲田と大森という地区があったために、2つをあわせて大田区という地名になったそうです。

合併した大森区と蒲田区からそれぞれ一文字ずつとった合成地名である。そのため、太田区は誤記。 

なんて安易なネーミングなんだ…という感じもしますが、今じゃしっくりと来てしまう地名なのが不思議です。

日本全国には様々な合成地名有り:

こんな感じで日本全国には様々な合成地名が存在するので、暇な方はWikipediaで確認してみてください。『えっ?これも合成地名だったの?』と驚かれると思いますよ。東京だと清瀬市とか駒込、中野区や拝島市あたりがそれに当たるようです。

  1. 東京都墨田区(墨堤+隅田川)
  2. 東京都中野区(中野町+野方町)
  3. 東京都清瀬市(清戸+柳瀬川)
  4. 東京都昭島市(昭和町+拝島村)

以上、『国立(くにたち)』という地名は、国分寺と立川の間にあるから国立なんだということを知った最近…という話題でした。またなにか地名にちなんだ面白い情報があれば、紹介させていただきますね。

参考リンク:

国立とは関係ありませんが、日本全国の合成地名を旅してみたい…という方は、下記記事も参考にどうぞ。宿泊費や飛行機代などを安くするための方法をまとめています。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP