クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

GMOクリック証券では日本郵政やゆうちょ銀行のIPO取り扱いはあるのかどうかを調べてみた。日本郵政グループ3社の新規上場において。

http://www.flickr.com/photos/76144963@N00/3498888695

photo by humbletree

人気のネット証券会社であるGMOクリック証券。

この証券会社では2015年11月に予定されている日本郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険)のIPO取り扱いはあるんでしょうか?このあたりについて詳しく調べてみました。

引受証券会社に名前がないGMOクリック証券:

結論から言ってしまうと、日本郵政IPOにおける引受証券会社の中にはGMOクリック証券は含まれていませんでした。そのため、委託販売証券会社になれる可能性はゼロではないものの、今のところIPOの引受はないと思っておいたほうが無難かと思われます。

こればかりは証券会社の政治力次第…というところもあるので、新興の証券会社であるGMOクリック証券の場合には弱いところがあるのかもしれませんね。

日本郵政のIPOを手に入れたいなら:

では日本郵政のIPOに参加したいのであればどうすれば良いでしょうか?こちらについては別途記事にて詳しくまとめてありますので、そちらを是非ご覧ください。

念のためざっくり解説しておくと、日本郵政IPOにおいて主幹事証券会社になっている会社の関連証券会社を狙えば当選確率が高そうだと言われています。固有名詞では三菱UFJモルガン・スタンレー証券や岡三証券の関連会社である、カブドットコム証券や岡三オンライン証券が狙い目…ということになりますね。

また、これらの証券会社はコンピューターによる抽選方式でIPO当選者を決めるため、新規口座開設者であっても当選のチャンスがあるのも魅力。日本郵政のIPOに応募するためだけに口座開設するのもアレかもしれませんが、どうしても郵政株が欲しいなら是非、検討してみてください。

以上、GMOクリック証券では日本郵政やゆうちょ銀行のIPO取り扱いはあるのかどうかを調べてみた…という記事でした。他、主幹事証券会社などの一覧が見たいという方は、下記記事もあわせてどうぞ。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP