クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

現金を使うのは犯罪者くらいだ…という時代がやって来るのか?クレジットカードや電子マネー払いが増加した後の世界について。

f:id:cardmics:20170825234455j:plain

今後、クレジットカードや電子マネーの普及が進んでいった場合、リアルマネー、つまり現金を利用するのは犯罪者くらいになるのでしょうか?これは個人的な考えで言わせてもらえれば、可能性は十分にあり得ると思います。

なにせ国は今後、個人個人に番号を与えるマイナンバー制度を導入予定。更に全国共通の納税者番号(税金を納めるための番号)なども整備されていけば、SF映画の世界のように、買い物をするためには個人のマイナンバーIDを提示する必要性がある…なんてことにもなってくるかもしれません(そのカードが電子マネーの役割を果たし、買い物記録が保存される)。

こうなると隠れた場所で物々交換でもしない限りには、誰も脱税できなくなる可能性大。税金を徴収する側である国としては、是非とも導入したい「監視体制」なのではないでしょうか?(お金の流れがまるわかりになります)

時代はそちらに向かっていく:

しかしまぁもちろんのこと、こういった状況になるのは10年以上も未来の話。今のところは可能性があるという話なだけです。

なにせ実際にそんな状況になる前には現金主義な方から反発が出てくることは必須ですし、どこで何を購入したのかが逐一記録されてしまってはプライバシーの問題も大きいですよね(とにかく利用履歴が付いてしまうクレジットカードは嫌い!という方は多いです)。

また、支払いを受ける側であるお店側の反発も大きいと思います。電子マネーの決済用端末を駄菓子屋や八百屋さんといった個人の小さな商店にまで設置するのは完全には難しいため、どこまで導入を義務付けるのかでも論争になりますね、きっと。

現金は残り続けるが、減少傾向は続く:

それでも電子マネーやクレジットカードの利用額が増えてきた結果、現金利用が減りつつあるのもまた事実。

今後、よほどなんらかの騒動が起きない限りは、引き続きこの流れは続いていくことでしょう。このまま順調に伸びていけばいつかはこの記事のタイトルのように、現金払いをするのは犯罪者くらいだという時代が、来るのかもしれませんね。

以上、現金を使うのは犯罪者くらいだ…という時代がやって来るのか?クレジットカードや電子マネー払いが増加した後の世界について…という話題でした。

ちょっとおもしろいブコメを貰ったので書かせていただきました(こちらid:orihime-akamiさんのブコメ)。

参考リンク:

クレジットカードや電子マネーが普及すると脱税が減る仕組みについては下記記事を参考に。政府からお金の動きが見えるようになると、売上をごまかすなどの作業がしにくくなるために、電子決済が普及すればするほど納税額は増えていくことになるでしょう。

news.cardmics.com

PAGE TOP