クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

夫婦控除を政府が検討へ(配偶者控除の廃止)!妻の収入に関わらず、既婚男性から一定額を控除する仕組みになりそうです。

f:id:cardmics:20170616215823j:plain

政府は配偶者控除を見直し、新しく夫婦控除と呼ばれる控除を導入する検討をはじめたようです。読売新聞が報じました。

政府は、専業主婦やパートの妻がいる世帯の所得税と個人住民税を軽くする「配偶者控除」を見直し、新たに妻の収入にかかわらず一定額を夫の所得から差し引く「夫婦控除」を導入する検討に入った。 

103万円の壁と呼ばれる配偶者控除は、パート主婦の仕事上限を実質的に作ってしまう制度だったので、この改正は良い流れだと思いますね。記事によると夫婦控除は収入に関わらず一定額を控除してくれる仕組みのようなので、敢えて時給を安くしたり、働く時間を短くするなどの対処が不要になるはずです。

  • 従来:103万円に到達しないように、働く時間を抑えていた主婦が多かった
  • 今後:上限を気にせずに働けるようになるので、思う存分に仕事が出来るように

制度変更で増税になる可能性は高い:

ただ最近のお国のフトコロ事情を考えると、制度変更→増税になる可能性は高いですよね。

税制が変更される場合にはきちんとその仕組みをチェックし、極力、無駄に税金を納めなくても良いようにしたいものです。

結婚するメリット、子供を作るメリット:

f:id:cardmics:20170503091832j:plain

ちなみに個人的な意見では、この夫婦控除の仕組みを作る際、是非、結婚するメリットや子供を作るメリットを際立たせて欲しいなと思っています。

独身税という形で『独身な人間にだけ課税する!』という仕組みを作ると反発も大きいですが、夫婦控除や扶養控除などの仕組みで結婚している人、子供を産んだ人を優遇する仕組みを作ればそれほど反発も出てこないはず…。

  • 独身税:独身の人から大幅に反発をもらう
  • 夫婦控除:独身の人から反発をもらいにくい

こんな感じで早く結婚したくなるような、そして子供を産みたくなるような税制を導入してくれると、日本の少子化問題も多少は解決するのかな?という気がしています。今のままじゃ結婚や子育ては、お金の負担ばかりが増える状況ですからね、是非ともその改善をお願いしたいもんです。

以上、夫婦控除を政府が検討へ(配偶者控除の廃止)!妻の収入に関わらず、既婚男性から一定額を控除する仕組みになりそうです…という話題でした。

参考リンク:

『税金のこととかさっぱり読んでもわからない』という方は、ムダに多くの税金を払ってしまう可能性あり。やはりお金に詳しいとそういった余分なお金を払わずに済むことも多いので、この機会にお金に詳しい人間になってもらえればな…と思います(詳しくは下記記事を参照)。

news.cardmics.com

PAGE TOP