クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

好きなモノを食べても、太らない身体が欲しいと思っている方に!当たり前ですが、女性よりも男性は太りにくい身体を持っているのです。

f:id:cardmics:20180404120258j:plain

私ね、食べるのが大好きなんですよ。

もう世界中の美味しいものは、死ぬまでにぜんぶ食べてみたい!と本気で思ってるくらいの食マニアなんですが、だからこそ常々、『好きなモノを食べても、太らない身体が欲しい!』って思ってきました。なぜ自分は食べるとすぐに太ってしまうのだろうか?って。

しかしね、最近、よくよく考えてみたら、男性ってだけでだいぶ得をしているんだな…と。今回はそんなダイエットについての記事を書いてみたいと思います(もはやクレジットカード関係なさすぎてすいません)。

男性は女性よりも太りにくい:

男性は基礎代謝で消費するカロリー数が多い:

まず男性っていうのは一般的に、女性よりも身体が大きい分だけ、下記の面でカロリーを多く消費します。

  • 基礎代謝(何もしていなくても消費するカロリー)
  • 身体を動かした時(身体が大きいので消費するカロリーが多い)

普段から運動をあまりしていない人でも1日で300~400kcal、スポーツをしている方の場合には、男性と女性で500~600kcalほど消費カロリーに差があり。

基礎代謝とは座っているだけ、寝ているだけで消費するカロリーなので、まさに男性というだけでこれだけの消費カロリーの差が生じているのです。

男性のほうが消費カロリーも多い:

女性と比べて男性のほうが多いのは基礎代謝だけではありません。体を動かした時の消費カロリー数にも大きな違いあり。

たとえば体重75kgの男性と体重50kgの女性が、10kmのランニングを1時間で行った場合の消費カロリーはこのくらい。

  • 体重75kgの男性…750kcal
  • 体重50kgの女性…500kcal
  • その他…250kcal

男性の方は余裕で親子丼や牛丼大盛りが食べられるくらいの消費カロリーがありますが、女性の場合にはペヤングソースやきそば程度です。同じスポーツをしても、これだけの差が生じてしまうのですね。

基礎代謝の違いを1年間で考えてみる:

更に基礎代謝の違いを1年間で考えてみると凄いです。Wikipediaに掲載されていた数値を元に計算してみましょう(18歳~29歳の男女)。

  • 18歳~29歳の男性…平均基礎代謝1,510kcal
  • 18歳~29歳の女性…平均基礎代謝1,120kcal
  • その差…390kcal

これが1日あたりの違いです。そしてこれを長い期間で考えてみましょう。

  • 1週間…2,730kcal(吉野家の牛丼並4杯)
  • 1ヶ月…11,700kcal(牛丼17杯)
  • 1年間…142,350kcal(牛丼211杯)

どうでしょうか。

単純に男性というだけで、女性よりも年間211杯の牛丼を余分に食べても太らないってことになります。もちろんそんなに毎日牛丼ばかりを食べるわけではありませんが、その分だけ余分に食べても太らない身体…凄くないですか?

私はもう男性に生まれたことに、感謝感謝です。

美味しいものを食べましょう:

f:id:cardmics:20170914210938j:plain

このように男性は女性よりも圧倒的に太りにくいメリット有り。

それにも関わらず、『自分は太りやすくて損をしている!』と思っていた男性は、女性にたいして謝ったほうが良いかもしれません(汗)。なにせこれだけ男性ってだけで余分にカロリーをとっても良いわけですからね。

そしてこれは言い換えれば女性はその分だけ我慢しないと、すぐに太ってしまうことに。『いやいや女性は少ない食事量で満足できるから、気持ち的には一緒だ!』とか言う男性もいますけど、それはたぶん男性が勝手に思ってる幻想でしかありません。女性だって好きなモノをたくさん食べたいんですよ。

太りやすいという言い訳をしない

まぁ今回の内容についてはちょっと女性の方に意地悪な内容になっちゃいましたが、昔から太りやすいと思っていた自分としては、世の中、なんでも考えものなんだな…と思ったので書いてみました。

是非、男性の方は男性であるというアドバンテージをうまく使って、美味しいものを堪能してもらえればなと思います(筋トレ等をして、太りやすいという言い訳に負けない体格を維持しましょう!)。

以上、好きなモノを食べても、太らない身体が欲しいと思っている方に!当たり前ですが、女性よりも男性は太りにくい身体を持っているのです…という話題でした。

参考リンク:

太りやすい自分にサヨナラをするためにも、糖質制限ダイエットに取り組んでみた私。その結果については下記記事を参考にどうぞ。

news.cardmics.com

PAGE TOP