クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

最新家電やパソコン製品も、ふるさと納税で手に入る時代に!年収が高い方は実質タダで、掃除機や電子レンジ等の電化製品を入手しよう。

f:id:cardmics:20170622213914j:plain

2015年から納税可能な額が約2倍に引き上げられたこともあってか、ふるさと納税業界、かなり賑わってますね(引用はこちらから)。

2015年4月1日より税制改正が行われました!大きく変更になった点は2点です。

1)控除額が2倍に!
住民税のおよそ1割程度だった還付、控除額が2割程度に拡大しました。

2)確定申告が不要に!
年間に5自治体までの寄附であれば、寄附ごとに申請書を寄附自治体に郵送することで確定申告が不要となります。

従来はお肉や魚介類といった謝礼品ばかりだったのに対し、最近では最新家電やパソコン製品までもがふるさと納税のお礼として貰える自治体も増加中。もうメーカーや型番などにこだわりがないのであれば、すべてふるさと納税だけで生活必需品は賄えるんじゃないか…というくらいになってます。

そこで今回は雑談がてら、『こんなものまでふるさと納税で貰えるのかっ!』というリストを紹介したいと思います。年収が高い方は是非、自分がどこまで納税できるかを確認したうえで、実質タダで生活必需品を貰ってしまってくださいね(ふるさと納税の限度額を確認したい方は下記記事にて)*1

news.cardmics.com

ふるさと納税でもらえるパソコン関連リスト:

まずはパソコンやタブレットといったPC関連の御礼品リストからです。

タブレット端末やノートパソコン本体、インクジェットプリンターなどなど、ふるさと納税でもらえるものは多いですが、総務省からの通達(あまり豪華な返礼品をあげないように…というもの)があったためか、対応している市区町村は減少傾向…。

もしかすると2017年以降は禁止されてしまう可能性もありそうな気配なので、申込可能なうちに応募してみてください。

タブレット端末:

ふるさと納税ではiPad miniやiPad ProといったiPad端末から、WindowsOSのタブレット端末まで、様々なサイズのタブレットが入手可能。

iPadの場合にはふるさと納税の意義を考え、どこの自治体も「自治体ならではの返礼品+iPad」というセットで送られてくるのでタブレット端末単体での申込はできません*2が、Windows10などのOS搭載のタブレットについてはそのまま返礼品として貰うことが出来ます。

そのため、とにかく面倒なことが嫌だ…という方はWindows OS搭載モデルを狙うと良いでしょう。

パソコン本体:

ノートパソコンからデスクトップパソコンまで、ふるさと納税では様々な種類のパソコンが貰えます。高額なパソコンは即、申込完売する状況なので、返礼品としてパソコンが欲しいなら早めにどうぞ。

特に山形県米沢市の人気が高いですね。昔から根強い人気のあるNEC製のノートパソコンが納税のお礼で貰えるのはやはり魅力です。

山形県米沢市は2017年7月末を持ってパソコン配布をやめるとのこと。パソコンが欲しいという方は早めにふるさと納税に応募してもらえればと思います。

プリンター:

インクジェットプリンタや、写真印刷用のフォトプリンタも返礼品として登録あり。パソコン本体だけでなく、プリンタも同時に欲しいという方はこれらの自治体もチェックしてみてください。

PCディスプレイ:

デスクトップパソコン用の液晶ディスプレイが欲しい…という方にもふるさと納税はおすすめ。高品質で人気なiiyamaブランドの液晶モニタが手に入ります。

その他、ふるさと納税で貰える最新のパソコン情報については下記記事を参考に。こちらではパソコンが貰える自治体をわかりやすくまとめています。

news.cardmics.com

ほんとうにパソコンが貰えるの?

ふるさと納税を利用すればほんとうにパソコンが実質タダで貰えるのか…というと、これは本当です。

前述のように人それぞれ、年収や所得に応じて納税可能な金額は違いますが、実際に私も今年、山形県米沢市が配布しているWindows OS搭載のNECノートパソコンを入手したくらいなので間違いありません。

また、ふるさと納税制度は怪しい企業がやっているわけではなく、国が推し進めている政策のひとつなので、市区町村がみなさんの納税を持ち逃げする…なんてこともないです(苦笑)。欲しいパソコンがあるなら、是非、2017年の納付期限(12/31)までにしっかりと納税してみてくださいね。

ふるさと納税で貰える家電リスト:

f:id:cardmics:20170613000955j:plain

ふるさと納税で貰える家電には、大型テレビや電子レンジなどの王道製品だけでなく、全自動掃除機から空気清浄機までかなり幅広いラインナップがあります。

しかしこちらも総務省の通達により、返礼品としてプレゼントしてくれる自治体は減少傾向…。頼みの綱は日立市や伊那市くらいかもしれません。

液晶テレビ:

ふるさと納税で貰える液晶テレビは、パナソニック製のものが主流。SONY製の液晶テレビも返礼品になる場合がありますが、こちらは配布数が少ないのか、すぐに「品切れ/準備中」になってしまうようです。

掃除機:

掃除機は主にHITACHIとパナソニック、ダイソンなどが主流。これらの中から好きな掃除機を選べるのであれば十分だと思うので、自宅にちょうどいいものを選択してみてください。

電子レンジ:

電子レンジもHITACHIとPanasonic製のものから選択可能。スチームオーブンレンジ等も選択肢の中にあるので、シンプルな電子レンジじゃ不満な方はそちらを選んでもらえればと思います。

炊飯器:

炊飯器もふるさと納税の御礼品として存在。アイリスオーヤマ製の炊飯器も人気ですが、やはり多くの方が狙うのは日立市が提供しているHITACHI製の炊飯器のほうでしょう。

空気清浄機:

空気清浄機もふるさと納税でしっかり貰えます。特にダイソン製の清浄機はヒーターや扇風機としても使える一品なので、納税者に絶大な人気がありますね。在庫があるうちに申込をどうぞ。

その他、おすすめの家電製品については下記記事も参考にして貰えればなと思います。

news.cardmics.com

ダイソンの最新ドライヤーを貰った私:

2016年のふるさと納税では、長野県伊那市からダイソン製の最新ドライヤーを貰った私。あのテレビ番組等で話題になった、風圧がものすごい小型ドライヤーのことです。

このドライヤーはほんと髪の毛を乾かすスピードが他のドライヤーと比べて段違いなので、ほんと貰って良かったなと思うアイテム。みなさんも納税可能額に余裕が残っているなら、こういった使える家電を貰ってもらえればなと思います。

その他、ふるさと納税で貰えるもの:

f:id:cardmics:20170616220149j:plain

その他、ふるさと納税を利用すれば一眼レフカメラからGショックなどの時計、そして大型スピーカーやワンセグ付ラジオ、髭剃りなどなど、様々なものが実質タダで貰うことが出来ます(納税金額が多い方の場合です)。

そのため、所得が高い方は家電量販店等で買い物をする前に、ふるさと納税の御礼品に自分が欲しいアイテムが無いかどうかチェックするようにするのがおすすめ。

まぁ好きなメーカーや型番があるなら難しいですが、こだわりがない方であれば充分、満足するアイテムを貰えるはずですよ。是非、電化製品の取扱数が多い下記サイトなどで検索してみてくださいね。

以上、最新家電やパソコン製品も、ふるさと納税で手に入る時代に!年収が高い方は実質タダで、掃除機や電子レンジ等の電化製品を入手しよう…という話題でした。

参考リンク:

ふるさと納税をするのであれば、クレジットカード払いで税金を払うとおすすめです。基本的にはどのカードでも納税できるので、ポイントが貯まりやすいカードを使って納税するようにしてみてくださいね。

news.cardmics.com

*1:ふるさと納税の返礼品は逐一、変更になるため、情報が一部、古くなってしまっているものがあります。予めご了承ください。

*2:要するに自分のところの自治体の、この特産品を使ってもらうためには、iPadが必要なんだよ…という形を取っているということ。しかし私たち消費者からしてみると、オマケはiPadではなくそれらのアプリのほうですね。

PAGE TOP