クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ふるさと納税に使えるクレジットカードはどれ?楽天カードやライフカードを、税金支払いに利用できるのかをわかりやすく解説。

f:id:cardmics:20170712151342j:plain

ふるさと納税に関する情報を調べていると、結構、多くの方が『どのクレジットカードだったらふるさと納税の支払いに使えるの?』ということを疑問に思っていることがわかってきました。

そこで今回はそんな疑問をお持ちの方にもわかりやすく、ふるさと納税で利用可能なクレジットカードについてまとめてみたいと思います。これからはじめてふるさと納税をしようと思っている方は是非、参考にしてみてくださいね。

ふるさと納税とクレジットカード:

まずはカード払い可能かどうか確認:

まず、ふるさと納税で使えるクレジットカードを知る前に、必ず確認しておいて欲しいことは「納税先の自治体がクレジットカードによる納税が可能かどうか」という点。

実は現状だとだいたい6割前後の自治体でしかクレジットカード払いによる納税を受け付けていないので、みなさんが今、ふるさと納税をしようと思っている自治体がカード払いに対応しているかどうかを確認する必要性があるのです。

  • 全体の60%程度の自治体:カード払いで納税可能
  • 全体の40%程度の自治体:納税方法は現金振込のみ

カード払いOKならふるさと納税も可能:

では、晴れてカード納税を受け付けてくれている場合には、どのクレジットカードを使えるのか…というと、こちらはご安心ください。ふるさと納税では日本国内で発行されているクレジットカードであればどれでも納税に使えると思って間違いないためです。

その確認方法はカンタンそのもの。

みなさんが今から納税に使おうとしているクレジットカードの表面に、VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブのどれかのマークがあればOK。そのマークが入ったクレジットカードであれば、前述のようにどれでもふるさと納税に利用することができます*1

  • VISA:ふるさと納税可能
  • マスターカード:ふるさと納税可能
  • JCB:ふるさと納税可能
  • アメックス:ふるさと納税可能
  • ダイナースクラブ:ふるさと納税可能

そしてこれはつまり、多くの方が保有している楽天カード三井住友VISAカードライフカードといった一般的なクレジットカードについても、ふるさと納税の支払いに利用可能だということ。

同様にイオンカードやエポスカード、P-oneカードにファミマTカードなどなど、どのクレジットカードにもだいたいは前述の5つのマークが入っているので、そのマークさえ確認できればふるさと納税で利用可能です。

市町村に直接納税する場合には例外アリ:

但し、市町村に対して直接、ふるさと納税を申し込むという場合には、話は若干変わって来ます。どのクレジットカードでもふるさと納税支払いに使えるのは、あくまで大手ふるさと納税情報サイト経由の納税などに限られるため。

  • ふるさと納税の情報サイト経由:どのクレジットカードでも使える
  • 市町村サイトで直接寄付:使えないクレジットカードがある場合も

面倒なら下記サイトのように、どのクレジットカードであっても納税に使えるサイト経由でふるさと納税を申し込むほうが手っ取り早いですよ。申し込み履歴等の管理もできるので、私も愛用しています。

www.cardmics.com

個別に納税を申し込む場合:

ではふるさと納税情報サイト経由ではなく、個別に各市町村に対してふるさと納税を申し込む場合には、どのクレジットカードブランドが使えるのか?というと、これはもうケースバイケース。ざっくりいえば下記のようなケースが多いですね。

  1. 日本で発行されているカードがどれでも使える地方自治体
  2. VISAとマスターカードのみ支払い可能な地方自治体
  3. JCBやアメックス、ダイナースクラブのみ支払い可能な地方自治体

重要なのはどこのクレジットカード会社が発行しているクレジットカードかどうか…ではなく、クレジットカード表面にあるブランドロゴが何か?という点。

ふるさと納税時に支払いにカードを使いたいなら、VISAやマスターカードなど、どのマークが印刷されているかを確認してみてくださいね(納税する市町村に、利用可能なクレジットカードについては問い合わせしてください)。

ポイントが貯まるかどうかは別問題:

f:id:cardmics:20170928132538j:plain

最後に、ダイナースクラブカードなどの一部クレジットカードでは、ふるさと納税での利用でポイント付与数を制限している場合があります(ダイナースクラブ 公式サイト)。

こういったクレジットカードを使って納税してしまうと、せっかく貰えるクレジットカードポイントが半減してしまうことになりかねないので、ふるさと納税をする前にはくれぐれも注意が必要。

反面、楽天カードなどはふるさと納税でも満額、ポイントを付与してくれるのでかなりオトクですよ。特に楽天ふるさと納税と楽天カードの組み合わせはもはや最強レベルなので、1ポイントでも多くのポイントを得たいなら下記記事もあわせてご覧いただければなと思います。

以上、ふるさと納税に使えるクレジットカードはどれ?楽天カードやライフカードを、税金支払いに利用できるのかをわかりやすく解説…という話題でした。

参考リンク:

ふるさと納税以外にももっと、家計の節約をしたい…という方は、節約テクニック等をまとめた下記記事もあわせてお読みください。家計の出費が減れば、その分だけ生活が楽になりますよ。

news.cardmics.com

*1:当然、au WALLETやVISAプリペイドカードなど、一部の例外は存在するとは思います(それらのプリペイド型のカードでも利用できる可能性はあります。)。

PAGE TOP