クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ふるさと納税って自分には関係ない…って思っていませんか?年収150万円のフリーターでも、場合によってはふるさと納税を活用可能です。

Autumn Leaves of Maple / 紅葉

地方自治体などに寄付をすることで御礼品を貰うことが出来る「ふるさと納税制度」。

これ、仕組みをちょっと知っている方だと『どうせ高年収な人のための制度だろ?』と思われているフシがあるのですが、実は年収150万円程度の方でも利用可能な制度であることはご存知でしたでしょうか?*1

そこで今回は、12月31日に申込期限を迎える2016年のふるさと納税をまだ利用していない…という方のために、だいたいどのくらいの年収からふるさと納税制度が使えるのかどうかを調べてみました。正社員として働いているにも関わらず、まだ活用していないという方は是非、参考にしてみてくださいね(自分で計算したい方は下記計算機にて)。

尚、ふるさと納税制度は今回紹介した「納税可能額」の範囲内であれば、各市町村に納税したとしてもその分だけ住民税が減ることで戻ってきます(自己負担2,000円は必要)*2。つまり差し引き2,000円の負担だけでお肉や野菜などが貰える制度なので、使わないとほんと損ですよ。

cards.hateblo.jp 

独身なら年収150万円から利用可能:

まず、独身の方であれば…という前提が付きますが、ふるさと納税は年収150万円のフリーターであっても利用可能です(下記画像参照)。

f:id:cardmics:20161220133801g:plain

実際、独身男女で扶養家族なし…という場合には、7,000円のふるさと納税利用が可能な計算に。

この数字は「社会保険に加入しているフリーター」という前提での数字なので、そういった保険に一切加入していない職場だと1万円以上の納税が出来る場合もありますね。

ちなみに1万円の納税ではどのようなものが貰えるのか…というと、楽天ふるさと納税なら下記の商品あたりがおすすめ。ロースやバラ肉などの豚肉約2kgを2,000円の自己負担だけで貰うことが出来るので、食費の足しになること間違いなしです。

hb.afl.rakuten.co.jp

年収300万円もあれば豪華な御礼品が:

では正社員として働いている方であればどのくらいまでふるさと納税が使えるのか、まずは年収300万円と仮定して計算してみました。

f:id:cardmics:20161220160336g:plain

こちらならなんと2万7,000円まで納税可能という結果に。

だいたいこのくらいになると近江牛や神戸牛といった高級肉から、完熟マンゴーや高級うなぎセットなどなどが無料で貰えることが多いですね。ふるさと納税の自己負担金額は年収がいくらであっても2,000円なので、絶対に利用しないと損だとも言えます。

  • 27,000円納税だと約2万円相当の返礼品が貰える。自己負担はわずか2,000円。
既婚者&子供1人でも十分に納税可能:

また、年収300万円もあれば、既婚者(妻は専業主婦)で幼い子供1人いる場合でも十分にふるさと納税を活用可能。少し貰える返礼品の質は下がりますが、ノンブランドの和牛や豚肉などを狙うならこちらでも十分でしょう。

f:id:cardmics:20161220160532g:plain

更に『うちは共働きだから』という、配偶者にも所得があるという方ならもっと納税可能額は増えるので、夫婦ともども、ふるさと納税制度を活用してもらえればなと思います(旦那さんだけでなく、妻名義でもふるさと納税を利用可能)。

年収500万なら毎月、野菜を貰うことなども:

参考までに年収500万円の方だとどのくらいふるさと納税制度を活用できるのか…についても紹介しておきます。下記の納税限度額が試算できるサイトだと、実に6万円まで納税できることになりますね。

f:id:cardmics:20161220160841g:plain

このくらい納税額に余裕があれば、下記のような毎月野菜を届けてもらうコースを選ぶことも可能。45,000円の納税で年12回、自宅宛に野菜の詰め合わせセットを送ってきてくれるのでお得です。

hb.afl.rakuten.co.jp 

年収700万オーバーならパソコンや家電も視野に:

年収700万オーバーの方であれば、最新パソコンから電子レンジや掃除機といった家電も視野に入ってきます。

ここまでくると「たかがふるさと納税」ではもう無い感じ。絶対に利用しないと損な制度になってくるので、高所得者の方は忘れに12月31日までに納税手続きをするようにしてください。自宅の電化製品を新しくしたいとか、家具を買い替えたい…という時に役立ちますよ。

自己負担分を考えると1万円以上は納税したい:

ここまで各年収別に、どのくらいふるさと納税を活用できるのか…という例を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

正直、社会保険に加入しているフリーターの方の場合にはあまり旨味はありませんが、社会保険に入っていないフリーターや年収が250万円を超えてくるような方であれば、確実に利用したほうがお得。むしろ使わないと損してしまうくらいですよ。

以上、ふるさと納税って自分には関係ない…って思っていませんか?年収150万円のフリーターでも、場合によってはふるさと納税を活用可能です…という話題でした。ふるさと納税で貰える特産品をもっと知りたい…という方は、下記のふるさと納税の情報サイトを参考にしてみてくださいね(納税の仕組みも併せて勉強しておいてください)。

参考リンク:

ふるさと納税で少しでもお得に納税をしたい…という方は、下記記事も参考に。納税のやり方次第では、自己負担分の2,000円を実質無料にすることもカンタンですよ。

cards.hateblo.jp 

*1:2015年にふるさと納税制度が変更になり、従来よりも約2倍の納税が可能になりました。

*2:納税可能額は目安なので、自分がほんとうに納税可能かどうかについては各自、お調べいただけると助かります。

PAGE TOP