クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

フリーランスとふるさと納税は、すこぶる相性が悪い…という話。年間の課税所得がどのくらいになるか、年末になるまでわかりません。

Kaede

今話題のふるさと納税。

これ、自己負担額2,000円で各地の名産品をもらえる素晴らしい制度ではあるんですが、フリーランスである私とは、すこぶる相性が悪い制度なんですよね。今回はええ、そのただの愚痴です(苦笑)。

年末になるまで課税所得がわからない:

フリーランスとふるさと納税の相性が悪い理由、それは単純に『いくらまで寄付して良いのか年末にならないとわからない』という点です。

フリーランスは会社員とは異なり、年収がどのくらいになるかというのがなかなか見えない働き方。私も例外ではなく、いつどこで収入がなくなってしまうかもわからないので、ふるさと納税をしたくてもなかなか上手に出来ないんですよ。

  • 普通の社会人:年収がだいたいわかる
  • フリーランス:年末になるまで課税所得がわかりにくい

下手に寄付してしまえば2,000円の自己負担以上に、ふるさと納税を利用した寄付をしてしまうことに繋がります(必要以上に納税をすると自己負担になってしまう)。

2015年は最後に駆け込んだ:

実際、2015年のふるさと納税についても、私は12月に駆け込みで対応しました。そのくらいにならないと、自分の課税所得がいくらくらいかわからなかったためです。

しかしその反動はひどいもので、1日4品、5品とお肉が届く始末…。結果、冷凍庫にお肉が入りくらなくなってしまい、友人を自宅に呼んで無理やりお肉を消費したりもしました(それはそれで楽しかったんですけれどもね)。

このようにフリーランスとふるさと納税はすこぶる相性が悪い…。

今年もふるさと納税を使って日本各地の名産品を取り寄せたいと思っているんですが、それが出来るのはやはり10月以降くらいかな…という気がしますね(いくらまで納税できるかは下記記事を参照)。

news.cardmics.com

制度の改善を希望したい:

Kaede

もしお国の方がこの記事を読んでくれたのであれば、是非ともふるさと納税制度の改善を検討してほしいもの。

現状では翌年に納税する住民税からふるさと納税額を控除してkるえる仕組みになってますが、これを今年納税する住民税と相殺できる形にしてもらえれば、私たちのようなフリーランスでも安心してふるさと納税が使えるので助かります*1

  • 現状:翌年、納税する住民税から控除
  • 理想:今年、納税する住民税と相殺

以上、フリーランスとふるさと納税は、すこぶる相性が悪い…という話。年間の課税所得がどのくらいになるか、年末になるまでわかりません…という愚痴でした。

参考リンク:

ふるさと納税を利用するのであれば、ポイントが溜まりやすいクレジットカードを使って納税をするのがおすすめ。これなら2,000円の自己負担分以上のポイント獲得が可能なので、実質無料、もしくはお釣りが来る形でふるさと納税を利用できますよ。

news.cardmics.com

*1:特に国としては起業家を育てたい…とやってるわけですから、もう少し個人事業主などに優しい税制にしてほしいです。

PAGE TOP