クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ふるさと納税もクレジットカード払い可能!もちろん支払い金額に応じてポイントが貰えるため、高額納税者なら節税になることも。

http://www.flickr.com/photos/55658968@N00/9320421832

photo by Dakiny

2011年の東日本大震災による支援で利用者が急増した、ふるさと納税。

この支払いについても現在ではクレジットカード払いできるところが増え、ざっくり、半分くらいの自治体でカード払いできると思って間違いないと思います(カード払い可能な自治体は下記などで検索可能)。

使えるクレジットカードもVISAカード、MasterCard、JCBカード、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブなど主要カードであればほぼOK。当然、楽天カードやライフカード、エポスカードといったカードでも支払いすることが出来ます。

ポイントはもちろん貯まる:

ちなみにふるさと納税の支払いでも、当然、支払金額に応じてクレジットカードポイントは貯まります。

まぁ1万、2万といった納税で貯まるポイントはたかが知れているかもしれませんが、10万、20万といった納税が可能な高額納税者の場合には、ふるさと納税に必要な2,000円の自己負担分以上のポイントを得ることも可能。

ご存知のようにふるさと納税の自己負担額は2,000円なので、高額納税者なら獲得ポイントだけでこの負担分を実質無料にしてしまうことも出来ます(それどころか黒字化してしまう方も?)。

  • ふるさと納税の自己負担は2,000円なので、それ以上のポイントが得られるなら節税にもなる。

また、楽天市場が開設している下記の楽天ふるさと納税サイトでは、納税額に応じて楽天ポイントも獲得可能。こういったポイントを貯めるともっと少額の納税でも自己負担分の2,000円回収はそう難しくないことでしょう(楽天ふるさと納税ではポイント10倍などもある)。

www.cardmics.com

お土産だけで充分に元が取れる:

ちなみに。

最近のふるさと納税のお土産はそんなポイントなんて気にしなくても良いくらいに価値があるものばかりなので、縁もゆかりもない地域に対して納税するのもアリと言えばアリ*1

『私も試しに納税してみようかな…』という方は、下記記事等を参考にしていくらまで納税可能なのかをチェックしてみてくださいね。

以上、ふるさと納税もクレジットカード払い可能!もちろん支払い金額に応じてポイントが貰えるため、高額納税者なら節税になることも…という話題でした。

参考リンク:

ふるさと納税で効率よく節約をするのであれば、ポイントが貯まりやすいクレジットカードを使った納税がおすすめ。やはりポイント獲得数が少ないカードよりも、多いカードを使った納税したほうがお得ですよ。

cards.hateblo.jp

*1:ふるさと納税を5つ以上の地方自治体に対して行うと確定申告が必須になるため、普段から確定申告していない人がふるさと納税をしてしまうと手間ばかりが増えてしまうかもしれません。

PAGE TOP