クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

フィットネスクラブ入会くらいで、クレジットカードを作りたくない!入会条件として支払い用カードを作らされる時の対処法まとめ。

http://www.flickr.com/photos/28894017@N05/5469565842

photo by DeSales University

大手フィットネスクラブのルネサンスやメガロスでは、入会の条件としてクレジットカードの加入を求められる傾向にあります。

これ、私自身も経験がありますが、なぜフィットネスクラブに加入するためだけにそこのクレジットカードを作らないといけないのか?…と疑問に思う方のほうが多いはず。

しかし、スタッフによる『加入するためにはクレジットカードへの申込が必要なんですよ』という説明の流れには逆らえず、なんだかよくわからないままにクレジットカードを作ってしまったという方はあとを絶ちません。

たぶん90%以上の方が、スタッフに言われるがままにクレジットカードを申し込んでしまっている状況があるのではないでしょうか?(そもそもフィットネスクラブへの入会用紙とクレジットカード申込用紙がセットになってる状況もあります)

フィットネスクラブ側にはメリットがある:

ではなぜフィットネスクラブ側はジム会員に対して強制的にクレジットカードを作らせるのでしょうか?この理由はいくつかあって、

  1. クレジットカードを発行させることで、カード会社からお金が貰える
  2. そのクレジットカードが使われた時の加盟店手数料が安い
  3. 当該クレジットカードが町で使われた時には、収入が得られる
  4. 会員費を払えなくなった場合でも、カード会社がお金を立て替えてくれる

といった感じ。

ざっくり言えば、フィットネスジム入会とともにクレジットカードも作ってもらうことが出来れば、フィットネスジム側にはメリットがあるということですね(クレジットカード会社からお金が貰えるなど)。

会員費用の回収も楽になる:

また、4番目のようにジム会員が月会費が踏み倒そうとした場合でも、フィットネスクラブ側はクレジットカード会社からそのお金を回収することが出来るメリットも。

  • 通常:フィットネスクラブが会員からお金を回収する
  • カードを通した場合:カード会社が会員からお金を回収する

これは要するに、仮にフィットネスクラブ会員が月会費を払わなかったとしても、自分のところでお金の回収をしなくても良いということ。

お金の取り立てには結構な手間と労力がかかるだけでなく、社員のストレスにも繋がる項目なので、クレジットカードで会費回収=クレジットカード会社に手数料を払って取り立てを外注していると考えるとわかりやすいでしょう。

詳しくは下記、電力会社やガス会社がクレジットカード払いを導入する理由とは…という記事を参照いただければと思います。

cards.hateblo.jp

クレジットカードを作らなくても済む方法はある:

http://www.flickr.com/photos/52198906@N06/5726470040

photo by Hotel de la Paix Genève

尚、フィットネスジム入会とともにクレジットカードを作らないで済む方法はありますが、これから通うことになるであろうフィットネスクラブスタッフからの印象が悪くなることがあるのであまりおすすめはしません。

念のため、やり方を説明しておくとこんな感じ。

  • 5年前に自己破産したなど、ブラック状態なので作れないという言う
  • 現在無職で貯金もないので作れないと言う
  • 申込はするものの、銀行印とは違う印鑑で申請する
  • 絶対にクレジットカードは作りたくないとゴネる

まぁ正直、どれも自分の価値を極端に低く見せる方法なので、そのフィットネスジムに長く通う予定があるならやらないのが無難なのですね。

『いやいや、どうしてもクレジットカードなんて作りたくない!』という場合には、コナミスポーツセントラルスポーツなど、クレジットカード加入が必須ではないフィットネスクラブを選ぶようにしてもらえればと思います。こちらなら当然、クレジットカード加入が入会の条件にはなっていませんよ。

以上、 フィットネスクラブ入会くらいで、クレジットカードを作りたくない!入会条件として支払い用カードを作らされる時の対処法まとめ…という話題でした。

参考リンク:

コナミスポーツを会員にならずに使う方法については下記記事をどうぞ。こちらはクレジットカード加入が必須ではあるものの、フィットネスジムへの月会費支払いが不要になるので、なにかとお得ですよ(あまりフィットネスジムに通わない方におすすめ)。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP