クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

過去、ファイナンシャルプランナーがおすすめした、4つのクレジットカードのトンデモ利用法!私ならこんな使い方をおすすめしません。

f:id:cardmics:20180505152302j:plain

お金のプロとも言えるFP(ファイナンシャルプランナー)。

インターネット上にはこのFPにクレジットカードの賢い使い方を説明してもらった解説記事が無数に転がっているものなんですが、中身を読んでみると結構とんでもない使い方を薦めてくることがあるんですよね(苦笑)

そこで今回はその中でも、『えっ、そんな使い方するくらいなら、クレジットカードなんて使わないほうが良いんじゃないか?』と思える酷い事例について雑談がてらにまとめてみたいと思います。

まぁ、敢えてその理論が書かれている書籍や記事は明記しませんが、実際に存在する使い方のみなので、みなさんは絶対に真似しないようにしてくださいね。

FPによるクレジットカードのトンデモ理論:

早速、ファイナンシャルプランナーによるクレジットカードのトンデモ理論を4つほど紹介します。

1.カードを使った分だけATMで入金:

ファイナンシャルプランナーによるトンデモ理論、1つ目はクレジットカードを使ったら、その利用した金額分だけ封筒に入れ、後日、専用の銀行口座に入金しておく…という方法です。

手順としてはこんな感じ。

  1. クレジットカードで1,000円支払う
  2. 封筒に1,000円入れて別保管
  3. 銀行口座に1,000円入れる

要するにクレジットカードを支払いで使う度に封筒にお金を入れ、使った分だけをATMに入金するというやり方なわけですが、言うまでもなくこんな面倒な方法、誰が実践するのかと思ってしまう私。

だったら最初から利用した金額分だけ銀行口座からお金が引き落とされる、デビットカードを使ったほうが100倍楽チンな気がします(詳しくは下記記事を参照)。こちらならわざわざ封筒を用意する必要性も、ATMに入金する手間も不要ですしね。

news.cardmics.com

2.外で使えないようにハサミで切断:

ファイナンシャルプランナーによるトンデモ理論2つ目は、クレジットカードを公共料金や携帯電話料金などの支払いでのみ使い、外での支払いが出来ないようにしてしまえおう…という方法です。

やり方は単純。クレジットカードが手元に届いたらハサミで切って外で使えないようにしてしまうだけという話です。

  1. クレジットカードが手元に届く
  2. カード番号や有効期限等をメモする
  3. メモしたらカードをハサミで切断
カードを破壊するのは規約違反:

一見、この方法は有効的かな…と思えてしまうところですが、実はクレジットカード会社の承諾なしにクレジットカードにハサミを入れて切断するのは利用規約違反。クレジットカード会社はカード発行会社から貸与、つまり借りているだけのものなので、勝手に破壊することは出来ません。

そのため、この方法を実践してみようかなと思った方は、せめてやるにしても「自宅で保管」くらいにしておいてくださいね。

  • 規約違反:届いたカードにすぐハサミを入れる
  • 問題なし:自宅で保管して外で使わない

3.ネット通販にはカード番号を登録しない:

ファイナンシャルプランナー達がおすすめするトンデモ理論、3つ目は『Amazonや楽天市場といった通販サイトにクレジットカード番号を登録しない』という方法です。

これについてはネット通販でついつい買い物をしすぎてしまう…という方に有用な方法なのでトンデモ理論ってほどではない活用方法。実際、私も今後、おすすめしてしまう可能性はありますね。

目的は冷静になれること:

ではこの方法にはどんなメリットがあるのかというと、これは買い物前に冷静になれる時間を作れるという点。

買い物の度に16桁のカード番号と有効期限、氏名やセキュリティコードを入力するようにしておくと、『あれ、ほんとうにこの買い物って必要な買い物なのかな?』と自問自答できる余裕が生まれます。

反面、クレジットカード番号を事前に登録しておいてしまうと、Amazonなんか特に…の話ですが、ボタン1つでポンと買い物が出来てしまう。

  • カード情報を登録しておく:すぐに買い物出来てしまう
  • カード情報を登録しない:買い物する度に

つまり無駄な買い物までしてしまいやすくなるとも言えるので、スマホでついつい買い物をしてしまうという方などは活用ください。

4.カードなんて持たないのが一番:

ファイナンシャルプランナーがおすすめするトンデモ理論、最後はこれ、『クレジットカードなんて持たなければムダ使いしないんだから、持っちゃダメ!』っていう理論です。

確かにそう主張することにも一理あるのかもしれませんが、これは事故が怖いから車に乗るなとか、元本割れが怖いから投資はするな…などと似たような対処法に過ぎないもの。

  • 投資:元本割れがあるから怖い!投資するな!
  • カード:使いすぎがあるから怖い!カードを持つな!
  • 自動車:事故があるから怖い!車を持つな!

それにこれを一般人が主張するならわかりますが、お金の専門家であるファイナンシャルプランナーが展開するのはどうなのかなとは思いますね。言うなれば何もしないのが一番無難で安全って考え方ですから、そんな発想を持っている方にお金のアドバイスなんて出来るはずもありません。

相談しても投資するな、クレカは持つな、保険に加入しておけで終わりです。そんなもの、相談する必要性すらないですね(苦笑)

多くの人はクレジットカードを勘違いしている:

クレジットカードは使いすぎが怖い…というもの以外にも、多くの方はクレジットカードに対して負のイメージを持っている状況があります。

しかし、下記記事でも解説しているように、クレジットカードに対するイメージの多くはただの勘違い。

実際には現金払いよりもかなり安心&安全な支払い方法ですよ。

使い過ぎないための方法を提案してる?

f:id:cardmics:20180505151558j:plain

ここまで4つほど、ファイナンシャルプランナーが過去にすすめたトンデモ理論を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

このようにファイナンシャルプランナーがクレジットカードについての文章を書くときの基本は、『いかにクレジットカードを使い過ぎないようするか?』という点が多い印象。だからこそ、あの手この手でカードを使い過ぎないようにするための方法を考えるわけです(カードをハサミで切ってしまえ!なんて良い例)。

まぁお金を守る…という視点では正しい主張なのかもしれませんが、専門家なら是非、そういう極端な方法ではないやり方で、クレジットカードを使い過ぎないようにする方法ってものを、提案してほしいなと思います。

以上、過去、ファイナンシャルプランナーがおすすめした、4つのクレジットカードのトンデモ利用法!私ならこんな使い方をおすすめしません…という話題でした。

参考リンク:

『そこまでファイナンシャルプランナーの理論にケチを付けるなら、お前の理論を教えてみろ!』という方のために、私自身もクレジットカードを使いすぎないようにするための対策を書いてみました。

気になる方は下記記事もあわせてご覧ください。

news.cardmics.com

PAGE TOP