クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

キーワード盛々のタイトルを見ると、「ふふっ、ガチのアフィリエイターだな…」と思うようになってきた最近。気付けばブロガーになりました。

seo-blocks

完全な雑談です。

最近、ガチのアフィリエイターさん達が書いている記事を見て、『う~ん』と思う機会が増えてきたんですよね。たぶん、私の頭の中の思考回路が、どちらかというとアフィリエイター寄りからブロガー寄りに変わってきている感がある、そんな感じです。

例えば記事タイトルにキーワードを詰めまくっている記事を見ると、「ふふっ、アフィリエイターっぽい」なんて瞬間的に思ってしまうことが多いくらい。例をあげるとこんな感じです(この記事を例にします)。

  • 私が付けるタイトル:
    ライフカード完全ガイド2017!これから作る方にもわかりやすく、ライフカードの保有メリットやポイント制度などを徹底解説します。

  • ガチのアフィリエイターさん:
    ライフカードの年会費、ポイント制度、付帯保険、審査難易度、メリット、デメリットなどを徹底解説。お得なキャンペーン情報や入会特典も。

こんな感じでガチなアフィリエイターってタイトルタグにキーワードを詰め込む傾向にあるんですが、これって正直、読者に読ませるためのタイトルではなく、いかに検索エンジンにひっかかるかを考えているタイトルですよね。

SEO対策を考える上では正解なのかもしれませんが、最近の私は前述のように思考回路がブロガー寄りになってきたためか、なかなかこういうコテコテのタイトルは付けられなくなってしまいました。それよりも読者にスラッとタイトルを読んで欲しい…ということのほうに、重点を置いているように思います(この辺がブロガー寄りの考え方)。

検索エンジンに読ませる記事を書かなくなった:

加えて最近では、「ただの解説記事」を書かくなりましたね、私。

例えばガチのアフィリエイターさんって、検索エンジンにとにかく引っかかるように、すべての項目を羅列して記載していく傾向がある。年会費はいくらでETCカードの取得費用は無料、そして審査は20歳以上で付帯保険は○万円まで…といったように、事実のみを淡々と書いていく…そんな感じです。

実際、Googleなどの検索エンジンでは未だにそういった記事を「情報が豊富」という理由だけで評価する傾向にあるので、ガチのアフィリエイターさんとしてはそれで正解なわけですが、私に言わせればこういう記事って書いていてほんと楽しくない(苦笑)。

だから最近の私は…というと、ただの解説記事を書くことは滅多にありません。これは単純に書いていて楽しくないということもありますが、読んでくれる方に楽しくない記事になっちゃうから…という危惧のほうが大きいです(この辺もブロガー寄り?)。

最後まで読まれる記事を書くのが理想:

まぁ現状ではガチのアフィリエイターさんがやってる、キーワード盛々のタイトルタグ&淡々と解説する記事のほうが検索には強いのかもですが、将来的にはたぶん、Google側も「読み手の満足度が高い記事」を上位表示させる方針に変わっていくはず。

  • 現状:ガチのアフィリエイターさんが強い
  • 将来:読ませる記事を書ける人が強くなる?

そう考えると、現在の私が心がけている書き方は、意外と間違った方向性でもないのかもしれませんね。一種の「将来への投資」と考えて、引き続き、最後まで読んでもらえるような記事を楽しく、書いていきたいなと思います。

以上、アフィリエイターよりもブロガーに近い思考回路になってきたなと思う最近…という雑談でした。

参考リンク:

今回の内容は、下記記事にも通じる内容かもですね。やはり読む価値のない記事を書くのではなく、読む価値があったな…と思われる記事を書いていきたいもんです。 

news.cardmics.com

PAGE TOP