クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

有名クレジットカード=お得ではない可能性が高い!ポイントを貯めたいなら、知名度が高いクレジットカードは避けたほうが無難です。

Making Money

クレジットカードポイントが貯まりやすいかどうか…という視点だけで考えた場合、大手発行のクレジットカードというのは総じて、あまりお得ではありません。

例えばもう、批判を受けること覚悟で書いちゃいますが、

  • 三井住友VISAカード
  • セゾン インターナショナル
  • JCB一般カード
  • イオンカード

どれも聞いたことがあるクレジットカードばかりだと思いますが、このあたりのクレジットカードは、どんなに頑張って買い物で使ったとしてもポイントがほとんど貯まりません*1

イオンカードのように特定日に5%割引が受けられるカード特典などがあるのも事実ですが、単純に『どこで利用してもポイントが貯まりやすいか?』の視点でいうとお得ではない…ということです。

ポイントが貯まりやすいカードの名前は聞いたことがない:

反面、ポイントが貯まりやすいクレジットカードの名前って、みなさんたぶん、ほとんど聞いたことがないと思います。下記にその例をあげてみますね。

  • 漢方スタイルクラブカード
  • リーダーズカード
  • オリコカード THE POINT
  • ポケットカード イエロー

どうでしょうか?

ある程度、クレジットカードに興味を持っている人ではないと、聞いたことがない名前ばかりのはず。特に漢方スタイルクラブカードなんて、そもそもクレジットカードなの?と疑問を持ってしまうような名前だと思います。

知名度が低いからこそ、サービスを充実させる:

これって結局のところ、知名度が低いからこそポイントサービスを充実させないと、誰もこれらのカードを作ってくれないから…なんですよね。

だって考えてもみてください。大手発行の有名クレジットカードとこれらのカードがまったく同じサービス内容であれば、誰がこんなカードを作りますか?

わかりやすく例えるなら、個人経営のスーパーマーケットの横に大手スーパーが出来てしまったら、激安スーパーマーケットにしないとお客さんが来てくれないようなもの。同じ年会費、同じポイント制度なら、無名のカードが知名度のあるカードに敵うはずはないのです。

だからお得にしないといけない:

そういった理由があるため、知名度の低いクレジットカード会社や、発行を開始したばかりの無名クレジットカードは、とにかく大手クレジットカード会社にはないサービスやポイント制度を作る傾向にあります。

これは前述のように『うちのカードのほうがポイントが貯まりやすいですよ!』、『うちは年会費が安いですよ!』なんてアピールをしないと発行希望者が集まらないため。

  • 知名度があるカード:勝手に発行希望者が集まる
  • 知名度がないカード:なにか特徴がないと発行希望者が集まらない

結果、有名なカードよりも無料なカードのほうがお得である傾向が強い…と言い切れるのですね。

大手には大手の安心さがある:

Money

最後にですが、なにも「大手発行のクレジットカードは損だから作るべきではない」という議論をしているわけではありません。大手には大手の良さがありますし、自分の他にも保有者が多い…という安心感があるのは大きなメリットであると思います。

  • ポイント面:大手は弱い傾向に
  • サービス面:大手ならではの安心さがある

つまりポイントが貯まりやすいかどうかがクレジットカード選びの全てではないので、どのクレジットカードを作るかについてはみなさん自身で総合的に考えてみてください。私同様、ポイントを重視したい方はそちらを重視し、いやいや、クレジットカードは安心なほうがいい…という方は大手発行のものを選べばOKです。

以上、有名クレジットカード=お得ではない可能性が高い!ポイントを貯めたいなら、知名度が高いクレジットカードは避けたほうが無難です…という話題でした。

参考リンク:

ポイントが貯まりやすいってどういうこと?という方は、下記記事も参考にどうぞ。クレジットカードのポイント制度について詳しく解説していますよ。

cards.hateblo.jp

*1:年間利用額で翌年のポイント制度が変更になるなどの特典はありますが、それでもポイントが貯まりやすいクレジットカードと比較するとポイントは貯まりません。

PAGE TOP