クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

JCBギフトカードの偽造券を判別できる方法まとめ。2013年頃から流通している偽物のギフトカードを判別できるようになろう。

http://www.flickr.com/photos/25802865@N08/14229469627

photo by chooyutshing

日本国内で流通量の多いギフトカードの1つであるJCBギフトカード。

このギフトカードには偽造券、つまりニセモノがそれなりに流通してしまっているようなので、もしJCBギフトカードを金券ショップで購入する機会が多いという方や、JCBギフトカード払いを受け付けているという店舗経営者の方は、自己防衛のためにも偽造券の判別方法を理解しておくようにしてください*1

クレジットカード大手のジェーシービー(JCB)は23日、「JCBギフトカード」が偽造され、不正に使用されていたと発表した。首都圏の加盟店3店舗で、15日以降、5000円券の偽造券214枚が不正使用されていたことを21日に確認し、警視庁に被害届を出した。

特殊印刷で本来のギフトカードに凹凸が付いているが、偽造券にはない。裏面に記載している加盟店名にも偽造券の場合は誤字が多いという。加盟店や関係者に偽造券の特徴を伝え、発見した場合は警察に通報するように求めるなど被害の拡大防止に努める。

偽造JCBギフトカードの判別方法:

JCBギフトカードの真贋チェックについては、JCBカードが公式なニュースリリースを出しているので、そちらにて確認を。

  1. 表面左上の金額表示部分(\5,000)と、表面右下の金額表示部分(5000)及びその左側にある模様(縦1.7cm×横2.2cm)部分に、真正券では特殊印刷により凹凸があるのに対し、偽造券では凹凸がありません。
  2. 裏面「お取扱店」(抜粋)の加盟店名に多数誤字があります。

雑なニセモノな様子:

要するに結構、雑に出来たニセモノみたいなので、JCBギフトカード払いを受け付けている店舗経営者であれば判別は可能なはず。問題はアルバイトなどがレジを担当している時なので、経営者の方は社員&バイトへの周知を徹底してもらえればなと思います。

ちなみに今回のJCBギフトカード偽造件だけでなく、2011年にもJCBギフトカードのニセモノが発覚したケースがあります。更に注意深く偽造券をチェックしたいという方は、下記のニュースリリースもあわせて確認ください。

以上、JCBギフトカードの偽造券を判別できる方法まとめ。2013年頃から流通している偽物のギフトカードを判別できるようになろう…という話題でした。

参考リンク:

友人&知人からJCBギフトカードをもらったんだけど、どこで使えるのかわからなくて困っている…という方は下記記事も参考に。おすすめのJCBギフトカード加盟店を紹介しています。

news.cardmics.com

*1:金券ショップもJCBギフトカード買取時に偽造券かどうかのチェックをしているはずなので、一般消費者に偽造券が渡ることはほとんどありません。あくまで気をつけたいのはお店を経営している側です。

PAGE TOP