クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

銀行口座残高を担保にして、VISAデビットカード利用者にもETCカードを発行してあげれは申込が集まるのにな…と思った話。

http://www.flickr.com/photos/76855970@N00/2842241157

photo by double-h

現状、ETCカードを発行可能なのは、クレジットカードを保有している人のみ*1

残念ながらVISAデビットカードやJCBデビットカードを保有している方も、au WALLETやソフトバンクカードを利用している方だって、ETCカードを作ることは出来ません。

ETCカードが作れない理由:

ではなぜデビットカードやプリペイドカードでETCカードを作ることが出来ないのか?

この理由は単純で、ETCカードというのはETCゲート通過時に即時決済するカードではなく、後日、まとめて利用履歴を照会&請求する仕組みを採用しているため。

ざっくり言うと「お金がない人でも使えてしまう仕組み」なので、VISAデビットカードやau WALLETなどの口座残高がある状態ではないと利用できない支払い手段は利用できないんです(これを専門用語で利用承認をとらないと言います)。

  • VISAデビットカードなど:
    口座残高がないと利用できない(ETC利用時に残高があるか確認できない)
  • クレジットカード:
    信用でお金を貸してくれるので、口座残高がなくても利用できる

だからまぁ、『ETCカードを作りたいならクレジットカードを作ってください』という流れがあるわけですけれども、世の中にはETCカードは欲しいけれどもクレジットカードを作りたくない…という需要が結構ある

これは単純にクレジットカードが嫌い…という方から、クレジットカードを作りたくても作れないという債務整理履歴アリ(ブラック状態)な方まで、その理由は多岐にわたるわけですが、現状で彼らの受け皿になっているのはETCパーソナルカードというあまりにも使いにくいカードのみなので、さすがに使いにくいったらありゃしません。

cards.hateblo.jp

デビットカード保有者にもETCカード発行を:

こういった問題を解決すべく、個人的に提案したいなーと思うのが、VISAデビットカード利用者へのETCカード発行。

ここまで『VISAデビットカードではETCカードを発行できない』と書いてきましたが、それが実現できないのはあくまで銀行側が口座残高0円なのにETCカードを使われてしまったら困る…という理由だけのはずです。

だったら口座残高が100万円以上の方はETCカード発行可能…といったように、口座残高を担保にする形で発行してしまえばOK。仮に銀行が『銀行残高のみだと怖いな…』と思うなら、お金を一定期間おろすことができない定期預金とかでもいいと思います。

ETCカードなんて使われてもたかがしれている:

それにETCカードなんてガッツリ使われてしまっても、月に数万円程度。

トラックドライバーのような職業ではない限り、一般家庭の方が高速道路をバンバン使うことなんて考えにくいので、銀行としてもこのくらいのリスクを負ってもいいじゃありませんか。

更に言うのであれば『クレジットカードを作りたくはない』という層がVISAデビットカードを作っているわけですから、ETCカードを作りたいという需要も多いはず*2

仮にどこかの銀行がVISAデビットカード保有者にもETCカードを発行しはじめたら、たちまち銀行口座開設者は増えると思うので、銀行口座数の減少に悩んでいる銀行などがあれば是非、新しい試みに挑戦してもらえればなと思います。

以上、銀行口座残高を担保にして、VISAデビットカード利用者にもETCカードを発行してあげれは申込が集まるのにな…と思った話でした。

ETCカードの関連記事:

どうしてもクレジットカードを作らないままにETCカードを作りたい…という方は、下記記事も参考にどうぞ。クレジット機能ナシのETCカードの作り方を解説しています。

cards.hateblo.jp

*1:後述するように、実際にはETCカード以外にもETCパーソナルカードという、凄く使いにくいデポジット型のカードは存在します。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

*2:もしかして銀行側がVISAデビットカード保有者にETCカードを発行してあげていないのは、ETCカードを発行しても利益に繋がらないから…という理由もあるのかもしれません。そのくらい、ETCカードを使われた時に得られる企業の利益ってわずかなんです。

PAGE TOP