クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ETCパーソナルカードの、驚きの使いにくさを紹介!現状、ETCパーソナルカード利用には最低4万円の保証金と年会費が必要です。

Kanpachi-kosoku-shita Intersection

『どうしてもクレジットカードを作りたくない(カードを作れない)!』という現金主義な方にとって、とにかく困るのがETCカードが作れないこと。

ETCカードはご存知のように、クレジットカードに紐付けられて作られるカードのため、カードを保有しない限りは持つことは出来ません。

  • ETCカードを作りたいならクレジットカード保有が必須

特に車がないと生活がままならないような、車社会な地方にお住まいの方であれば、これ、深刻な問題ですよね。

クレジット不要のETCカード:

そんなクレジットカード必須なETCカードですが、1つだけクレジット不要で作れるETCカードが存在します*1

それがETCパーソナルカード。はじめて名前を聞いた…という方のために、ドラぷらより解説を引用しますね。

「ETCパーソナルカード」は、クレジットカード契約をしないお客さまにもETCをお使いいただけるよう、NEXCO東日本/中日本/西日本、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社の6社が共同して発行するETCカードで、有料道路の通行料金のお支払いに限定されたカードです。

簡単に言うと、ETCパーソナルカードとはクレジットカード不要で作れるETCカード…と考えておけば大丈夫だと思います。

とんでもなく使いにくいETCパーソナルカード:

ここで『なんだ、クレジットカードを作らなくてもETCカードって作れるんじゃん!』と思った方は是非、慌てずに最後までこの記事を読むようにしてください。

というのもこのETCパーソナルカードはとんでもなく使いにくいETCカードに仕上がっているため、正直、使いたくても使えないETCカードなんです。

いくつかそのデメリットを紹介させてもらいますね。

1.最低4万円以上の保証金が必要:

まず、ETCパーソナルカードを使いはじめるためには最低2万円の保証金を預ける必要性があり。これはあくまで最低保証金が2万円という話なので、ETC利用額が多い方の場合には下手すると10万円程度のデポジットが必要になる場合もあります(こちらより引用)。

預託していただくデポジット額について

有料道路の平均利用月額(平均利用月額が5,000円未満の場合は5,000円とします。)の4倍の額をデポジット額として預託していただく必要がございます。

f:id:cardmics:20170403202323g:plain

かなりわかりにくい説明ではありますが、要するに最低でも2万円は預けてね…という話なので、ETCパーソナルカードを使いはじめるにはそれだけの前金を用意しておく必要性があるということ 

もちろんこの金額は「保証金」なため、ETCパーソナルカード解約時に返金しては貰えるお金ではありますが、ワケあってETCパーソナルカードが必要な方には少し、重たい金額になってしまうように思います。

2.高速道路の通行料が必要:

前述の保証金はあくまで保証金のため、高速道路の通行料金は別途必要。

ETCパーソナルカードの場合には指定期間の間に利用した高速料金を、後日、まとめて指定口座から引き落としする仕組みになっているので、引き落とし日までにしっかりと現金を口座内に用意しておくようにしてください。

ちなみに利用代金をあとでまとめて支払う仕組みはクレジットカードと同じです。ETCパーソナルカードもクレジットカードで発行したETCカード同様、後払い型のETCカードであることには変わりがないのですね。

3.年会費が必要:

ETCパーソナルカードを使うためには、年会費として1,234円が必要になります。これは高速料金の支払いがあろうがなかろうがかかってくるお金なので、予め覚悟しておくようにしてください。

反面、クレジットカードで作成可能なETCカードはクレジットカード本体を含めて無料な場合も多いのでお得です。

  • ETCパーソナルカードの年会費:1,234円
  • カード会社のETCカード年会費:無料が多い

詳しくはETCカードの比較方法を解説しているこちらの記事にまとめてあるので、年会費なんて払いたくない方はそちらをご覧ください。

4.申込手続きが面倒:

4つ目はETCパーソナルカード入手のための手続きが面倒…という点も。

郵送で申込用紙を送る必要性があったり、デポジット入金の手間、発行までの期間…といったように、クレジットカード会社で作るETCカードとは比較にならないほどの手間が発生します。

  • ETCパーソナルカード:郵送で手続き&発行が遅い
  • カード会社のETCカード:スマホやパソコンから申込

そのため、『今すぐETCカードが欲しいんだ!』という方にはやや不向き。ETCパーソナルカードを申込するなら十分な余裕をもって実行しましょう。

5.ポイントが貯まらない:

最後はETCパーソナルカードはどんなに利用してもポイントが貯まらないという点。

ETCマイレージを貯めることは可能ですが、クレジットカード会社が発行しているETCカードのように、カード会社独自のポイントは貯まらないので、ETCパーソナルカードのほうがその分だけ損と考えることが出来ます。

  • ETCパーソナルカードを10万円利用:ポイントなし
  • カード会社のETCカードを10万円利用:1,000円分程度のポイント獲得

まぁ微々たるものといえば微々たるものですが、頻繁に高速道路を利用しているという方であればちりも積もれば山となるようなものですよ。

クレジットカードを作りたくないだけなら:

Untitled

こんな感じでETCパーソナルカードの使いにくさは半端ないので、単純にクレジットカードを作りたくないという理由だけでETCパーソナルカード作成を検討している方は、この機会にクレジットカードを作ることも視野に入れてみてください。

下記記事にもまとめてありますが、クレジットカードはみなさんが思っているほど怖いものでも、手数料がかかるものでもありませんよ。

高速料金の現金払いは損:

また、高速道路料金を現金払いで払えばいいじゃないか?と思っている方も、ETC割引が受けられないなどのデメリットを考えるとかなり損をしていると言えます。

まぁ年に何回も高速道路を利用しないのであればそれでもOKかもしれませんが、少なくとも月1回は高速を利用している方であれば、ETCカード保有がおすすめですね。

以上、ETCパーソナルカードの、驚きの使いにくさを紹介!現状、ETCパーソナルカード利用には最低4万円の保証金と年会費が必要です…という記事でした。過去に債務整理をしてクレジットカードを作れない…なんて方以外は、下記記事を参考にしてクレジットカード付帯のETCカードを使ってみてくださいね。

参考リンク:

『自分は自己破産しちゃったから、クレジットカードは作れない…』という方はクレジット機能なしのクレジットカード作成方法をまとめた記事も参考にどうぞ。個人事業主の方であればETCパーソナルカード以外にも作れるETCカードはありますよ。

cards.hateblo.jp

*1:個人向け以外であれば他にもクレジットカード不要で作れるETCカードはあります。法人向け、個人事業主向けなどについてはこちらの記事を参照ください。

PAGE TOP