クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ETCパーソナルカードのデポジット金額が最低2万円に引き下げへ!しかし、最低保証金が高いというデメリットは残ったままです。

Tokyo Night, Akasaka

従来、最低でも4万円のデポジットが必要だったETCパーソナルカードが、2016年7月より最低保証金額を変更し、2万円からでも利用可能になるようです。首都高速道路など高速道路各社がプレスリリースにて発表しました。

f:id:cardmics:20160701085158g:plain

NEXCO東日本/中日本/西日本、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社の6社が共同して発行するETCパーソナルカードは、与信審査に代えて、ご利用額に応じた保証金(デポジット)を預託していただいていますが、高速道路のご利用が月あたり5,000円以下のお客さま向けにデポジット額を20,000円とし、平成28年7月から受付を開始いたします。 

尚、「ETCパーソナルカードって何?」という方は、まず、下記記事から先にお読みいただければと思います。

cards.hateblo.jp

あくまで条件付きの最低保証金引き下げ:

今回の最低保証金引き下げによって、今までETCパーソナルカードを作りたくても作れなかった…という方でもこのカードを作れる可能性が出てきたのは良い点だと思います。

しかし、よくよくその条件を見てみると、1ヶ月でも14,000円以上の高速道路利用をした場合には強制的に追加デポジットを必要となるなど、結局、なんだかんだで最低4万円の保証金が必要になりそうだなという気がしなくもありません*1

デポジットを20,000円としてご利用いただく場合、お支払いの済んでないご利用金額(未決済残高)の合計がデポジットの70%(14,000円)を超えた場合、ご登録の銀行口座から口座振替により、デポジットを20,000円増額していただきます。

なお、デポジットが40,000円以上の場合にご利用実績に応じてデポジットを増額される際は、ETCパーソナルカード事務局からお送りする振込票によりお支払いただきます。

例えば実家への帰省で長距離を運転する方、夏冬のレジャーでちょっとしたドライブ旅行をする方の場合がこれにあたりますよね(その月だけ高速道路料金が高くなる)。

このように仮に1ヶ月でもETCパーソナルカード利用料がオーバーしてしまえば4万円のデポジットを求められてしまうわけですから、最低保証金が引き下げられたとしても結果的に4万円を求められてしまうことに…。

『いやいやどうしても4万円を預けたくない!』というのであれば、レジャーや帰省等での利用は現金で払うなどの対策が必要でしょう。これなら月額の利用料金が高くならないので最低保証金2万円のままで利用可能です。

もっと作りやすくしないとダメ:

そもそもETCパーソナルカードを求めている方の多くが、過去に自己破産をしてしまったとか、無職でクレジットカードが作れないとかそういう「負の理由」があってこのカードを検討しているはずなので、この高い高い保証金を積まないと利用できないという仕組みそのものを変えられないのかな?と思う私。

仮にETCカード利用金額なんて不正に使われても数万円程度の損害で済むわけですから、銀行が口座残高を担保にして発行するとか、連帯保証人をつければ作れるようにするとか、そういうので十分だと思うんですよね。

なによりこの問題をもっとどうにかしていかないと、いつまでたっても高速道路のETC利用率が100%にならない。このままだと料金所によって渋滞が起きたり、ETCゲート激突といった事故がおきたりと、問題が残り続けることになるように思います*2

  • ETCパーソナルカードが使いにくい:ETC利用率が100%にならない
  • ETCパーソナルカードが使いやすく:ETC利用率が100%になり、料金所が不要に

以上、ETCパーソナルカードのデポジット金額が最低2万円に引き下げへ!しかし、最低保証金が高いというデメリットは残ったままです…という国内ニュースでした。

クレジットカードが作れる人は:

クレジットカードが作れる人は、わざわざ年会費や保証金が必要になるETCパーソナルカードを作る必要性はありません。年会費も発行費用も0円のETCカードを作る方法がありますので、下記記事などを参考にしてもらえればと思います。

cards.hateblo.jp

*1:保証金が高すぎる!という苦情が多いから最低2万円の保証金プランを用意したけど、本音ではやっぱり4万円は欲しいという高速道路関連会社の気持ちが透けてる気がします。

*2:むしろ高速道路関連会社としては、ETC普及率を100%にしたくないんじゃないかな?と思ったり思わなかったり。ETC普及率100%になって高速道路の料金所がなくなれば、大量の人員解雇をしなくちゃいけないので、なかなか難しい問題ではあるのでしょう。

PAGE TOP