クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

エポスポイントの価値が、1ポイントあたり5円から1円に変更!表記変更だけに見えますが、実際にはポイント制度の改悪になります。

f:id:cardmics:20140901181620g:plain

マルイ系のクレジットカードである「エポスカード(EPOS CARD)」を利用することで貯められるポイント制度であるエポスポイント。これが2014年10月1日より、1ポイントあたりの価値を5円から1円に変更するようです。

  • 従来:1エポスポイント=5円の価値
  • 今後:1エポスポイント=1円の価値

エポスカードが公式リリースにて発表しました。

エポスポイントのレート変更について:

エポスポイントの価値が変更になるだけ:

エポスポイントの価値が5円から1円に変更になることに伴い、保有しているエポスポイントも単純計算で5倍に変更

例えば現時点で100エポスポイントを持っている方は500エポスポイント保有に変更になるだけなので、保有ポイントが1/5になってしまうわけではありません。

つまり、保有ポイント数が5倍になっても金銭価値は一緒ということです。

ポイント価値に変更はないが実は改悪:

では、今回のポイント制度改訂では単純にポイント価値が表面上、変更になっただけなのか…といえば実はそうでは無し。

非常にわかりにくくはなっていますが、エポスカード側ではこのポイント価値変更のタイミングで制度の改悪を実施しています。

2014年10月1日(水)より、ご利用金額200円(税込)ごとにポイント加算されます。

  • ※月間合計利用金額の加算から、1契約ごとの加算へ変更となります。
  • ※200円未満の端数は切り捨てになります。
  • ※ポイント加算日は、月間1回で変更ございません 

コメ印の1つ目の部分、『月間合計利用金額の加算から、1契約ごとの加算へ変更となります』、ここが改悪になります。わかりやすく例をあげてみますね。

ポイント改悪例:

コンビニで毎日、月30回ほど100円の買い物を頻繁にするエポスカード保有者の場合(100円×30日=3,000円の利用)。エポスカードは今後、税込200円以下の買い物で利用しても1ポイントも貰えないクレジットカードになるため、従来と今後ではこうなります。

  • 従来:3,000円に対するエポスポイント15円分がたまる
  • 今後:3,000円を利用してもエポスポイントは0円

要するに200円未満の小額決済ではエポスポイントが一切貯まらないので、従来と今後で獲得ポイント数に差が生じてしまうんです。

新制度のほうがお得になるケースも:

まぁ、場合によっては貰えるポイント数が増えるケースもありますが、こういったケースになる確率は稀(例:月に1度、1,999円分の買い物をエポスカードでした場合には、新制度のほうがポイントが多く貰える)。

そのため、基本的には付与ポイント数が減る可能性のほうが高い状況があるので、今回のエポスポイント制度の変更はちょっとした改悪だと思っておいたほうが無難かもですね。くれぐれもご注意ください。

以上、エポスポイントの価値が、1ポイントあたり5円から1円に変更!表記変更だけに見えますが、実際にはポイント制度の改悪になります…という話題でした。詳しくは下記公式サイトでもご確認いただければと思います。

参考リンク:

エポスカードについてもっと詳しく知りたい…という方は、下記のエポスカード完全ガイドにも目を通してみてください。エポスカード保有のメリットを細かく解説していますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP