クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

エポスカードの会員数は568万人(2014年9月現在)!実は日本で一番歴史のある、クレジットカード発行会社のひとつです。

http://www.flickr.com/photos/21472402@N00/2145314623

photo by shamam

エポスカードの2014年9月時点での会員数が、エポスカードのニュースリリースに掲載されていたので紹介させてもらいます。

㈱エポスカードは、1960年に日本で初めてクレジットカードを発行した㈱丸井(現:㈱丸井グループ)のクレジットカード事業会社です。

2006年にスタートした現行の「エポスカード」は、Visaのスペシャルライセンシー(直接発行権)を取得し、永年培ったノウハウを活かした、お申し込み当日にVisa付カードの店頭即時発行の仕組みやカード会員さまに向けたさまざまな特典などが大変好評です。

また、会員数は568万人(2014年9月末現在)まで拡大しております。 

エポスカード発行数は568万人:

現在のところ568万人という数字が、エポスカードの発行数にあたるようですね。

大手のクレジットカード発行会社よりは会員数は少ない印象ですが、中堅の発行会社としては充分に多い数字。実際、エポスカードを保有している…という、このサイト『クレジットカードの読みもの』の読者の方も多いのではないでしょうか? 

エポスカードは日本で一番歴史のあるクレジットカード発行会社:

http://www.flickr.com/photos/48648394@N00/2154244030

photo by lioil

ちなみにエポスカードは日本で一番歴史のあるクレジットカード発行会社のひとつです。

クレジットカードそのものの発行ではないものの、業務開始が1960年からと、クレジットカード関連企業としては最古の企業になりますね(JCBカードが発行開始したのは1961年)。当時はクレジットプレートなどと呼ばれていたそうです。

1960年

  • 富士銀行(現・みずほコーポレート銀行、以下同)と日本交通公社(現・ジェイティービー)が日本ダイナースクラブ(シティコープダイナースクラブジャパンを経てシティカードジャパンに分割)を設立(発行は翌年から)。
  • 丸井が割賦販売用のツールとして、‘クレジット・プレート’、‘クレジット・カード’(使用は一回限りで、現在のクレジットカードとは別物[9]。)を発行。割賦や月賦と言われていたのをクレジットと称したのはこれが初。その後、そのカードは「赤いカード」の愛称が付く。2006年春から「エポスカード」に変更。
  • 三和銀行(現・三菱東京UFJ銀行)と高島屋が国内初の百貨店と都市銀行によるクレジット業務提携を始める。

以上、エポスカードの会員数は568万人(2014年9月現在)…という情報でした。

エポスカードは各種割引のある人気カードなので、今後も会員数を伸ばしていくことでしょう。いつ1000万人に到達できるかどうか、注目していきたいと思います。

PAGE TOP