クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

マジか!激安の殿堂ドン・キホーテが独自電子マネーを発行開始。その名はなんとmajica(マジカ)なんですが、虚構新聞ではありません。

f:id:cardmics:20170819194714j:plain

ドン・キホーテグループでは2014年の3月18日より、独自電子マネーを発行開始するようです。

その名はなんと『majica(マジカ)』。まさに真面目に発行開始するかどうかわからない名前の電子マネーですが、プレスリリースを見てみる限りマジなようなので、本当に発行が開始されるのでしょう(引用はこちらから)。

株式会社ドン・キホーテ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:大原孝治)は、2014年3月18 日(火)から、ドン・キホーテグループ独自の電子マネー『majica(マジカ)』のサービスを開始します。

majica発行に伴い、家電ご贔屓カード、ブランドメンバーズカード、ドイトクラブカードは廃止になり、統合されるようです。

majicaの特徴を簡単にまとめてみる:

majicaはMiracle Amusement Jonetsu(情熱)Intelligent Cardの略。

もはや、ただのこじつけ感たっぷりのネーミングですが、まぁ考え方によってはドン・キホーテらしい電子マネー名なんじゃないかな?とも思えますね。

majicaが使える場所は下記の店舗など。

  • ドン・キホーテ
  • 長崎屋(総合スーパー)
  • ドイト(ホームセンター)

100円チャージするごとに1ポイントが貯まり、1ポイントを1円として利用できるようなので、簡単にいえば、電子マネーmajicaを使うとドン・キホーテで1%引きになるようなイメージですね。

まだ中身については不明な部分が多い:

尚、クレジットカードによるチャージが出来るのか、majica保有者が受けられる特典はどんなものになるのか、他の電子マネーとの相互利用は?…などなど、majicaの細かい部分についてはプレスリリースにも書かれていないので、今後、徐々に公開されていくのだと思います。

majicaに興味がある方は是非、引き続きチェックしてみてくださいね。当サイト『クレジットカードの読みもの』でもその動向を追いかけていく予定ですよ。

以上、マジか!激安の殿堂ドン・キホーテが独自電子マネーを発行開始。その名はなんとmajica(マジカ)なんですが、虚構新聞ではありません…という話題でした。

参考リンク:

新規発行が開始されたmajicaですが、その後、1年半程度で発行枚数が300万枚を突破。今やドンキホーテを普段から利用している方であれば、持っていない方はいないのではないか?というくらい普及しました。詳しくは下記記事にてどうぞ。

news.cardmics.com

PAGE TOP