クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ダイナースクラブカードのポイント制度には、有効期限が存在しない!じっくりとポイントを貯めていきたい方におすすめです。

f:id:cardmics:20171119232250j:plain

ダイナースクラブカードを利用して貯めることが出来る『ダイナースクラブ リワードプログラム』には、ポイントの有効期限がありません。

そのため、セゾンカードの永久不滅ポイント同様、1年かけてポイントを貯めようが、10年かけてポイントを貯めようが自由なので、じっくりと腰を据えてポイントを貯めたい方向き。

当然、『うっかりポイント交換を忘れて失効させてしまった!』なんてこともダイナースクラブカードではないのです。

ダイナースクラブのポイント制度について:

100円利用で1ポイント貯まる:

ダイナースクラブカードはいくらの利用でどのくらいのポイントを貯まるのかというと、これは100円利用で1ポイントです。1万円なら100ポイント、100万円なら1万ポイントが貯まる計算ですね。ざっくり1%分とおぼえておけば間違いないでしょう。

ポイントは有効期限なし&100円利用で1ポイント貯まる

ポイントは有効期限なし&100円利用で1ポイント貯まる

但し、これらのポイントを商品券や他のポイント制度へ移行してしまうと正直、かなり損。

例えば人気のポイント制度である「楽天ポイント 1,000円分」にダイナースクラブ リワードポイントを交換するためには2,500ポイントが必要…といったように、1ポイントあたりの価値がだいたい0.3~0.5円程度に半減してしまうので、ポイントを有効的に利用したいならアイテム交換は避けたほうが無難です。

交換するならマイルが一番:

では、ダイナースクラブカード利用で貯めたポイントは何に交換するのが良いかというと、これは航空会社のマイルです。

マイル交換には別途交換手数料はかかりますが、それでも1,000ポイント=1,000マイルで交換してくれるので、ポイント価値を減らすことなくマイルに交換できるのは魅力ですね。

マイル移行をご利用いただくには、ダイナースグローバルマイレージへの参加が必要です。年間参加料:6,000円(税抜)。

しかも交換可能な航空会社のマイルには日本人がよく使うANAが含まれているので、国内旅行やハワイ、韓国への航空券取得のためにマイルに交換する…なんてことも可能。うまく使いこなせば世界中を実質無料で旅することだって出来るはずですよ*1

以上、ダイナースクラブカードのポイント制度には、有効期限が存在しない…という話題でした。ダイナースクラブカード取得に興味がある方は、この機会に申し込みを検討してみてくださいね。

参考リンク:

ダイナースクラブカードは魅力的なんだけど、ちゃんとお店やレストランでも使えるの?という方は、下記の使い勝手に関する記事もあわせてどうぞ。ダイナースクラブカードの使い勝手についてまとめています。

news.cardmics.com

*1:マイルへと交換するのであれば、ある程度、何年か分のポイントを貯めた上で交換をすると交換手数料の節約になってお得です。

PAGE TOP