クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ダイナースクラブ プレミアムカード会員が利用できる銀座ラウンジに来たら、利用規約がちゃんと三井住友トラストクラブに変わっていた。

f:id:cardmics:20170924143159j:plain

今回の話題はよほどのクレジットカードマニアではないと全く興味もない話題かも…ですが、先ほど、ダイナースクラブの銀座ラウンジに来てみたら、利用規約やWi-Fi接続設定の用紙などがすべてシティカードジャパンから三井住友トラストクラブに変更になっていました。

  • 変更前:シティカードジャパン
  • 変更後:三井住友トラストクラブ

これは言うまでもなく2015年12月14日に実施された、シティカードジャパンの社名変更による措置となります(詳しくは下記記事参照)。

news.cardmics.com

銀座ラウンジの運営会社変更について:

当然の対応とはいえ、素早い変更:

まぁ運営会社が変更になった際、こういった利用規約や但し書きなどの社名を変更するというのは当然といえば当然の対応なのですが、それでも即日、もしくは翌日には変更されているって凄いことですよね。

たぶんですが、シティカードジャパンがうんぬんという話ではなく、シティグループとして自社ブランド維持のために早めの変更を徹底させている…とするのが正しいのかも。

もしかするとシティカードジャパンの売買契約書の中で、速やかにパンフレットや規約等を変更しなくてはいけない…という条項が設けられている可能性すらあると私は思ってます。

当サイトにも変更依頼が来ている:

ちなみに当サイト「クレジットカードの読みもの」に対しても、旧シティカードジャパンの社名を使い続けることや、その際に使っていたcitiロゴ付きのカード券面を削除してくれといった依頼が来ています。

そしてあと2~3日のうちに修正対応しないと、三井住友トラストクラブより怒られてしまうことになりそうなので、現在、目下修正中ですね(記事がたくさんあるので大変です)。

以上、ダイナースクラブ プレミアムカード会員が利用できる銀座ラウンジに来たら、利用規約がちゃんと三井住友トラストクラブに変わっていた…という雑談でした。

参考リンク:

運営会社名が三井住友トラストクラブに変更にはなりましたが、ダイナースクラブカードのサービス内容には変更がないので引き続き、安心してご利用いただければと思います。

実際にダイナースクラブを利用している私の口コミについては下記記事を参考にどうぞ。

news.cardmics.com

PAGE TOP