クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

三井住友VISAカード 完全ガイド2017!はじめての方にもわかりやすく、その保有メリットや海外利用についてまとめました。

f:id:cardmics:20160608111248j:plain

日本国内だけでなく、海外でも支払いに使えると人気の三井住友VISAカード。今回はこのカードの保有メリットやポイント制度などを初心者の方にもわかりやすく解説してみたいと思います。

かなり長文になりますが、三井住友VISAカードをこれから作ろうと思っている方は、時間を見つけて読んでみてくださいね。

三井住友VISAカードの基本情報:

はじめに、初心者の方を対象とした三井住友VISAカードの基本情報からまとめていってみたいと思います。

三井住友VISAカードはクレジットカード:

まず、三井住友VISAカードはクレジットカードです。

こう書くと『えっ、三井住友VISAカードってVISAカードなんじゃないの?』という反応をされる場合が多いんですが、実はそれも間違いではありません。正しくは下記の通りとなります。

  • 正解:三井住友VISAカードはクレジットカードであって、VISAカードでもある

わかりやすく解説をするのであれば、保険というジャンルの中に生命保険や損害保険があるのと同じ。クレジットカードというジャンルの中には、VISAカードやMasterCard、JCBカードなどが存在し、そのうちの1つがVISAカードなんです。

クレジットカードを作るということを理解しよう:

いきなりなぜこんなことを解説しだしたのかというと、三井住友VISAカードをこれから申し込もうという方の中には、『クレジットカードは欲しくないけど、VISAカードは欲しい』という方や、『クレジットカードは持つのがなんか怖い。VISAカードなら大丈夫だ』といったような、間違った知識を持った方が多いためなんですよね。

  • クレジットカードは申し込みたくないけど、VISAカードは欲しいという方は一定数いる(生命保険には加入したいけど、保険には加入したくないと言ってるのと同じ)。

そのため、もしみなさんがこれからこのカードを申し込もうと思っているのであれば、自分が申し込もうとしているカードはクレジットカードなんだという点をしっかり理解するようにしてください。これを充分に理解した上で三井住友VISAカードを申込しないと、入手した後に必ず後悔することになりますよ(クレジットカードの仕組みについて知識不足な方は下記記事も参考に)。

news.cardmics.com

三井住友VISAカード作成にかかる諸費用:

次に三井住友VISAカード作成&保有にかかる諸費用をまとめておきます。

三井住友VISAカードは原則、年会費がかかるクレジットカードなので、毎年毎年、費用が発生する点だけは作る前に理解しておいてください(会費無料のクレジットカードが良い方はこちらを参照)。

手数料費用 費用 解説
入会金 無料 三井住友VISAカード入会にお金は必要ありません。
発行費 無料 発行に関してお金はかかりません。。
事務手続き 無料 事務手続きなどの費用も無料です。
年会費 税抜1,250円+税 各種割引が用意されていますが、原則、1,250円+税の費用が毎年、維持費としてかかります。
解約手数料 無料 解約にかかるお金は不要です。
年会費割引制度も:

前述のように三井住友VISAカードを保有するためには年会費が毎年かかってくるわけですが、この金額を割引してもらう制度が実は用意されています。

一番利用しやすいのはネット利用明細書を利用した場合に受けられる500円+税の割引ですね。これは三井住友VISAカードを利用した場合の明細書を、郵送ではなくインターネット上で確認するようにすれば受けられる割引特典なので、パソコンやスマホを快適に使いこなせるという方であれば設定してもOKです*1

カードご利用代金WEB明細書サービスとは

紙のご利用代金明細書に代えて、次回お支払金額の確定をEメールでお送りするサービスです。郵送によるご利用代金明細書がなくなるので、保管場所も捨てる時のプライバシーの心配も不要です。

この他にも三井住友VISAカードをリボ払い専用のクレジットカードである「マイ・ペイすリボ」に切り替えたら年会費が優遇される…といったような割引がありますが、特に初心者の方にはこちらはまったくおすすめしません。

リボ払いとは何かということを理解しない状態でクレジットカードを使うことはあまりにも大きな危険性が伴いますので、お金に困っている方でもない限り、年会費節約目的であったとしても設定しないようにしてください。それをするくらいなら最初から、楽天カードなどの年会費無料のVISAカードを作ったほうがマシです。

  • 年会費が安くなることよりも、安心&安全にクレジットカードを使うほうがおすすめ。

三井住友VISAカードを作れる方は?

ここで肝心の、『誰が三井住友VISAカードを作ることが出来るのか?』という点を解説してみたいと思います。クレジットカードの入会審査って何?という方は、下記記事を読むところから始めてみてください。

公式の入会基準は説明不足:

まず、三井住友VISAカードを発行している、三井住友カード側が公式に記載している審査基準は下記の通りです。

満18歳以上の方(高校生は除く)
未成年の方は親権者の同意が必要です。

公式情報として記載されているのは、わずかこれだけ…。さすがにこれだけだとわかりにくいので、当サイト「クレジットカードの読みもの」にて一般的に広まっている三井住友VISAカードの審査基準を表にしてみました。

対象者 発行可否 対象者 発行可否
正社員 派遣社員
公務員 団体職員
中小企業経営者 会社役員
個人事業主 自由業
士業 年金生活者
期間工 大学生
アルバイト 大学院生
パート主婦 専業主婦
高校生 ? 無職 ?

ざっくり三井住友VISAカードの入手難易度を説明すると、アルバイトやパートといった不安定な職業の方でもない限り、それほど作るのが難しいクレジットカードではない…といったところでしょうか。

比較をするのであれば年会費無料のクレジットカードよりは作るのは難しく、ゴールドカードよりはやや簡単という程度の難易度であると思われます(至って普通のレベルということですね)。

三井住友VISAカードは盗難保険付き:

基本情報の最後はこれ。三井住友VISAカードには盗難保険が付いているという点です。

盗難保険とは簡単にいうと、万が一、あなたが三井住友VISAカードを落としてしまったり、盗まれてしまった時に損害を補償してくれるありがたい保険のこと。仮にあなたのカードが悪用されて30万円使われてしまったとしても、この盗難保険があるおかげで自己負担は0円で済むようになります(盗難保険を申請した場合)。

尚、盗難保険に関しては詳しく解説すると大変なことになるので、下記記事を参考にしてみてください。三井住友VISAカードにもこの盗難保険が付いているので、安心してクレジットカードで支払いが出来ますよ。

ネット企業からの情報漏洩も安心:

更に盗難保険はネット企業などからあなたの個人情報が漏れ、クレジットカードが悪用されてしまったにも対応してくれます。そのため、インターネット通販でクレジットカード番号を入力するのは怖い…という方も、三井住友VISAカードなら問題なく支払いに使えるのですね。

三井住友VISAカードの保有メリット:

f:id:cardmics:20170409111236j:plain

三井住友VISAカードを保有するメリット等をここではまとめてみます。

基本的にはオーソドックスな機能&サービスを持つVISAカードゆえに、圧倒的な強みらしい強みが存在しないカードではありますが、逆にいえば欠点の少ない万能型カードに仕上がっているので、その点に是非、注目してみてください。

何より最大手としての安心感がある:

三井住友VISAカードの最大の保有メリットは、ポイント面でもサービスでも無く、最大手のVISAカード発行会社ならではの安心感がある点だと私は思います。

正直なところ、ただ単にVISAカードが欲しいのであれば年会費無料で作れる楽天カードなどの年会費無料カードで充分ですからね(楽天VISAカードの詳細はこちら)。それでも尚、年会費を払ってまで三井住友VISAカードを作る方が多い理由は、やはり日本最大手のVISA発行会社であるという安心感があるからとしか思えません(例えるならネット通販型の保険会社に加入せずに、日本生命や第一生命などで契約するようなもの)。

そのため、もしみなさんが不動の安心感を誇るVISAカードが欲しい…と思うのであれば、最初は無難に三井住友VISAカードを選ぶようにしてみてください。そうすれば大手ならではの手厚いサービスが受けられるだけでなく、トラブルが発生してしまった時にも優しくサポートしてくれるはずですよ(トラブル発生時のサポートは24時間体制など)。

カード紛失・盗難の際も安心のサポートサービス

三井住友カードは、国内・海外ともに、紛失・盗難のご連絡を24時間年中無休で承ります。お客さまが安心してカードをご利用いただけるよう、不正利用の可能性のある事態を事前に発見できる体制を整えております。

クレジットカードに自分の顔写真を印刷できる:

クレジットカードを持ちたいけれども、万が一、落としてしまった時が不安…という場合には、前述のように盗難保険が損害からあなたを守ってくれますが、それでも尚、そういうトラブルに巻き込まれないようにしたいという方は、クレジットカード本体に自分の顔写真を印刷してもらいましょう。

三井住友VISAカードであれば無料で、写真付きカードに対応してくれます。

写真入りICカードも選べて、さらに安心・安全

カード裏面にあなたの顔写真が入っているから、安全性がぐんとアップ。カード紛失・盗難時の不正使用の防止に役立ちます。(年会費は写真なしカードと同一です。)

インターネット入会では、写真入りカードはお申し込みいただけません。写真入りICカードをご希望の方は、写真なしカードご入会後に写真取替申込書にてお手続きが必要となります。

写真無しカードを入手した後に手続き:

写真付きの三井住友VISAカード入手法としては、まず、写真なしの三井住友VISAカードを入手した後の手続きになります。

インターネット上、もしくは電話等で写真付き三井住友VISAカードの申込用紙を取り寄せれば、すぐにでも手続きを開始してもらうことが出来るので、これから海外旅行や海外出張にいく予定があるという方は、防犯のためにも顔写真付きの三井住友VISAカードに切り替えてから持っていくようにしてみてください。

こういった顔写真が一枚入っているだけで、あなたのクレジットカードが悪用される可能性はグンと下がるはずなので、きっと防犯面で大きく役立ってくれるはずですよ。特に海外でクレジットカードを利用する予定があるなら尚更です。

三井住友VISAカードは発行までのスピードが早い:

三井住友VISAカードは、ネット申込をしてから自宅に届くまでの期間が短いことでも有名です。公式サイト上の記載によると『最短3営業日発行』なので、例えば平日の月曜日に申込をした場合には水曜日には発行が完了し、郵送手続きをしてもらえることになります(東京都内であれば木曜日には届く?)*2

ネットからのお申し込みは、最短3営業日で発行!

インターネットでお申し込みいただくと、最短3営業日でカードを発行し、約1週間で到着いたします。お引落し口座の設定もインターネット上でご設定いただけますので、署名・捺印の手間もなく簡単です。

急遽、海外に行くことが決まった場合にも:

これだけ発行スピードが早いと、急遽決まった海外出張や海外旅行であっても充分に間に合う可能性大。海外にVISAカードを持って行きたい…という方であれば、三井住友VISAカードを少しでも早く申込してみてくださいね。

ちなみに、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行といったメガバンク口座を保有している方の場合には、銀行印などの捺印不要でカード作成が出来ますよ。

支払日は2種類から選べる:

三井住友VISAカードの隠れた魅力としては、支払日は下記の2つから選択可能という点があげられます(申込時点でどちらかの引き落とし日に設定されますが、途中で好きな方に変更できます)。

  • 毎月15日締め、翌月10日払い
  • 月末締め、翌月26日払い

仮にあなたの給料日が毎月25日であれば、2番目の月末締め翌月26日払いがおすすめ。こちらを選択すれば給料日直後に三井住友VISAカード利用代金の引き落としがかかるようになるので、毎月、余裕をもって支払いにお金を回すことが出来るようになります。

経営者の方は翌月10日払いがおすすめ:

また、月末にお金が振り込まれることが多い個人事業主や法人経営者の場合には、その直前である毎月26日に引き落としがあるとちょっと大変ですが、翌月10日払いを選べば万事解決。

このようにカード利用代金の支払日が2つから選べるのは、隠れた三井住友VISAカードの魅力だと言えます。

使う上での注意点や欠点:

f:id:cardmics:20170409111227j:plain

ここまで三井住友VISAカードの基礎知識や保有メリットを紹介させていただきましたが、ここから先はその反対の「注意点や欠点」についてもまとめておこうと思います。

三井住友VISAカード作成に不安がある方や、どのようなデメリットがあるか知りたい方はこちらもじっくりを読んでみてくださいね。予め知っておけば怖いものなしですよ。

リボ払いを促進される可能性が高い:

まず、三井住友VISAカードでは、毎月の支払い金額を減らすことが出来るリボ払いを積極的に促進しています。

『リボ払いをするとポイント○倍!』『リボ払いをしてくれた方に1万円分の商品券プレゼント』などなど、このカードを使っているとついついリボ払いを使ってみたくなるキャンペーンが目白押しなわけですが、クレジットカード初心者の方はどんな場合であってもリボ払いは使わないようにしてください。理由は単純、リボ払いは知識がない方が使うと百害あって一利無しの支払い方法でしかないためです。

  • どんなにリボ払いを利用した時のメリットがあったとしても、カード初心者は使わないほうが無難
マイ・ペイすリボは使わない:

同様に年会費の優遇があるマイ・ペイすリボも使わないほうが無難。

ついつい年会費の割引につられて申し込みたくなるかもしれませんが、年会費を払ってでもマイ・ペイすリボは使わないほうを私はおすすめします(マイ・ペイすリボについて詳しくはこちらの記事も参考に)。

マイ・ペイすリボとは

毎月のお支払金額をお客さま自身に決めていただくお支払い方法です。毎月のお支払いは、最低お支払い金額の5千円から(ゴールドカード・プライムゴールドカードは1万円から)。最低お支払い金額以上であれば、「一部でも全額でも」ご都合に合わせてお支払いになれます。

ショッピング保険は分割払いやリボ払いが基本:

次に三井住友VISAカードにはお買物安心保険(ショッピング保険)が年間100万円まで付帯していますが、他のクレジットカードとは異なり、買い物で三井住友VISAカード払いをすれば適用になるというものではありません。

お買い物安心保険とは?

当該カードを利用して購入した商品が壊れたり、盗まれたりしたときに安心の保険サービスです。保険料のお支払いや事前のお届けは必要ございません。

下記にわかりやすくその適用条件をまとめてみましたので、申込前にはきちんと理解しておくようにしてください*3。原則、1回払いではお買物安心保険が適用にならない点に注意です。

支払いケース 他のカード 三井住友VISAカード
1回払い 適用 適用なし
分割払い 適用 適用
リボ払い 適用 適用
海外での1回払い 適用 適用

尚、マイ・ペイすリボ設定をしている三井住友VISAカードの場合には、すべてがリボ払いに自動的になるわけですからショッピング保険適用となります(店頭で「1回払いで!」といった場合でも、お買物安心保険適用となる)。

それでもショッピング払いなんて10年に1度使うかどうかの保険なので、そのためだけにリボ払いを使うのはおすすめしません。どうしてもショッピング保険を適用させたいなら、年会費の安いゴールドカードなどを持ったほうが得策ですね。詳しくは下記記事をご覧ください。

news.cardmics.com

三井住友VISAカード Q&A:

f:id:cardmics:20170517142114p:plain

最後に、三井住友VISAカードに関してよくある質問とその答えをまとめておこうと思います。このカードに関する理解を深めたい方はじっくりと読んでみてくださいね。

Q.三井住友銀行の口座を持ってないと作れないの?

三井住友VISAカードは三井住友…という名前が付いているため、三井住友銀行に口座を開設していない方は作れないじゃないか?と思われる方も多いのですが、実際には三菱UFJ銀行やみずほ銀行、そしてゆうちょ銀行などに口座を持っている方であっても作成可能です。

  • 間違い:三井住友銀行利用者のみが作成可能
  • 正解:安定的な収入がある方なら誰も作成可能

他のクレジットカード同様、三井住友カードは誰でも作ることが出来るVISAカードなので安心して申込してみてください。もちろんカード作成後、三井住友銀行に口座開設を強制されることもありませんよ。

Q.JCBやMasterCardといった、他の国際ブランドも選べるの?

他のクレジットカードだと申込時にVISA、MasterCard、JCBといった数種の国際ブランドから好きなブランドを選べるのが普通なんですが、三井住友VISAカードでも同様に他の国際ブランドを選ぶことは出来るのでしょうか?

これは実はYES。

三井住友VISAカードではVISA提携のクレジットカードだけでなく、マスターカード提携のクレジットカード発行も可能です。そのため、『すでにVISAカードを持っているから、2枚目はマスターカードがいいな』という方は、最初から三井住友マスターカードを作成すると良いでしょう。

デュアル発行も可能:

また、三井住友カードはVISAカードやマスターカード1枚のみ…ではなく、デュアル発行といってVISAカードとマスターカードの2枚持ちもやろうと思えば可能です。

  • 通常:VISA提携かマスターカード提携のどちらか1枚
  • デュアル発行:VISAとMasterCard2枚持ちが可能

但し、2枚めのクレジットカードを発行してもらうためには別途年会費が必要になるので、頻繁に海外に行く機会が多いという方ではない限り三井住友VISAカード1枚で充分。

あくまでマメ知識として、三井住友カードでは三井住友マスターカードも作れる…ということだけ覚えておけば問題ないです(デュアル発行の詳細については下記記事も参考に)。

news.cardmics.com

Q.クラシックカードとクラシックカードA、どちらを申し込むべき?

三井住友VISAクラシックカードとクラシックカードA、どちらを申し込むべきかといいうと、よほど海外旅行に頻繁に行くという方でない限り、クラシックカードで私は問題ないと思います。

ただ年会費の差額は250円+税程度。年間にしてその程度の差でしかないので、このくらいは負担にならない…という海外旅行好きの方はクラシックカードAを申し込んでもOKです。

まぁ…それほどまでに海外旅行傷害保険の重要さを認知されている方であれば、クラシックカードAではなくて最初から三井住友VISAゴールドカードや三井住友VISAプラチナカードを作るべきとも言えますね。年会費はかかりますが、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険の手厚さが段違いです。

あと、どうしても格安で海外旅行保険に加入したいという方は、下記記事も併せてお読みいただければと思います。

news.cardmics.com

さぁ、三井住友VISAカードを作ろう:

f:id:cardmics:20160608111248j:plain

ここまで三井住友VISAカードの基礎知識から審査基準、お得なサービス内容等を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

かなり長文になりましたが、これで三井住友VISAカードのメリットやデメリットがよくわかってもらえたはず。

是非、信頼のおけるVISAカードが欲しいと思っている方は、この機会にネット申込に挑戦してみてくださいね。パソコンやスマホからなら15分もあれば申込可能ですよ*4

以上、三井住友VISAカード 完全ガイド2017!はじめての方にもわかりやすく、その保有メリットや海外利用についてまとめてみた…という話題でした。

参考リンク:

三井住友VISAカードも欲しいけれども、更にステータス性の高いゴールドカードも欲しいな…と思っている方は、ゴールドカードについて詳しくまとめた下記記事もあわせてご覧ください。三井住友VISAゴールドカードを含め、様々なゴールドカードのメリットやデメリットを解説しています。

news.cardmics.com

*1:個人的にはクレジットカードに不慣れな方であればあるほど、紙の利用明細書を自宅まで届けてもらって月1で確認してほしいと思っています。理由は単純で、クレジットカードの仕組みを理解するために明細書の確認は役立つということと、万が一、不正利用があった場合でも発見しやすいためですね。インターネット上だけでしか確認できないようにしてしまうと、ついつい面倒臭がって確認されない方も多いので、たとえ年会費が高くなったとしても紙の明細書を貰うことをおすすめします。

*2:すべて平日であると仮定した場合の発行日数です。実際には申込時間やお住まいの地域、そして職業などによって三井住友カードの発行日数は変わってきますのでご了承ください。

*3:「他のカード」とはショッピング保険付きのクレジットカードのことを指します(中には三井住友VISAカードのように、1回払いがショッピング保険適用外のものもあります)。

*4:この記事には更に時間を見つけて追記していく予定なので、是非、三井住友VISAカードに興味があるという方はまた読みに来てください。

PAGE TOP