クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

三井住友VISAデビュープラスカード 完全ガイド2016!入会条件や審査難易度から、作る上でのメリットやデメリット等を解説します。

f:id:cardmics:20160617103624j:plain

今回ははじめて作るVISAカードとして人気の高い、三井住友VISAデビュープラスカードについての完全ガイドを作ってみようと思います。

入会条件は何歳までなのか?といった基本的なことから作る上でのデメリットまで、三井住友VISAデビュープラスカードをこれから作る方にとって役立つまとめになるはずなので、是非、興味がある方は参考にしてみてくださいね。

三井住友デビュープラスカードの基本:

はじめに、初心者の方を対象に三井住友デビュープラスカードの基礎知識を紹介していってみたいと思います。

このカードはクレジットカード:

まず、三井住友VISAデビュープラスカードはクレジットカードです。こう書くと、『えっ?三井住友VSAデビュープラスカードってVISAカードなんじゃないの?』と思っていた方も多いのですが、これは正解でもあり不正解でもある感じ。

というのも、VISAカードというのはクレジットカードの中にある1つのジャンルで、MasterCardやJCBカードと並ぶ国際ブランドと呼ばれるものなため。要するにVISAカードもMasterCardもJCBカードもすべてクレジットカードなので、三井住友VISAデビュープラスカード=クレジットカードなのですね。

VISAカードにはたくさん種類がある:

また、VISAカードはなにも三井住友カードのみが発行しているクレジットカードではありません。

他にもニコスカードやセゾンカード、ライフカードや楽天カード…と、様々なクレジットカード会社がVISAカードを発行しているので、仮に三井住友VISAデビュープラスカードを作る場合でも「私はVISAカードを持っています」と説明しないようにしてください。正しくは「私は三井住友カードのVISAカードを持っています」です。

  • 間違い:「私はVISAカードを持っています」
  • 正解:「私は三井住友カードのVISAカードを持っています」

『どっちも一緒なんじゃ?』と思われるかもしれませんが、クレジットカードを発行している会社によってクレジットカードのサービス内容は大きく異なるので、三井住友カードが発行しているVISAカードを持っている…という認識を持っておくことが重要なのですね。誰かに質問をする場合、疑問を解決する場合に役立ちます。

尚、更にもっとクレジットカードの仕組みを理解しておきたい…という方は、下記記事をあわせてお読みいただければと思います。クレジットカードとはなにかがわかるようになりますよ。

news.cardmics.com

作るために必要な諸経費:

次に三井住友VISAデビュープラスカードを作るためには、どのような費用がかかるのでしょうか?わかりやすく表にまとめておいたので気になる方は参考にしてみてください。ご覧のとおり入会金、発行費、事務手続き料、解約手数料等はすべて無料です。

手数料費用 費用 解説
入会金 無料 三井住友カード入会にお金は必要ありません。
発行費 無料 発行に関してお金はかかりません。。
事務手続き 無料 事務手続きなどの費用も無料です。
年会費 条件付き無料 1年目の年会費は無料、支払いに使っている方なら翌年からも無料に(年に1度の利用もない方は有料になるjことも)。
解約手数料 無料 カード解約にかかるお金は不要。
年会費は条件付きで無料:

1つだけ注意して欲しい点としては、三井住友デビュープラスカードの年会費が条件付きで無料になる点。条件付き…といっても、まったくもって難しいハードルではないので、これから三井住友デビュープラスカードを作るならしっかりこの点だけは把握するようにしてください。

気になるその条件は三井住友デビュープラスカードを支払いで使うかどうか。仮に年に1度でもこのカードを支払いに使った場合には、翌年の年会費が無料になります。

反面、1年の間に1度も支払いで使わなかったよ、机の引き出しに入れっぱなしで存在すらも忘れてしまっていたよ…という場合には、翌年から年会費がかかることになるので注意。

  • 年に1度でも利用:翌年の年会費も無料
  • 年に1度も使わない:翌年から年会費が発生

まぁよほどのことがない限りは年会費が発生することはないので、三井住友デビュープラスカードを作るのであれば少なくとも半年に1度くらいのペースで支払いに使ってあげるようにしてください。これで年会費が発生することはありません。

デビュープラスカードの入会条件:

三井住友VISAデビュープラスの入会条件については下記の通り。残念ながら満18歳~25歳までの若い方でなければ作ることが出来ないVISAカードになっています(25歳以上の方は三井住友VISAカードなどへ)。

満18歳〜25歳までの方(高校生は除く)

※未成年の方は親権者の同意が必要です。

では18歳~25歳の方の中で、どんな方だとこのVISAカードを入手できるのでしょうか?公式には三井住友カード側より発表されていませんが、審査対象となる職業等を当サイト「クレジットカードの読みもの」判断でわかりやすくまとめてみました。

対象者 発行可否 対象者 発行可否
正社員 派遣社員
公務員 団体職員
中小企業経営者 会社役員
個人事業主 自由業
士業 年金生活者
期間工 大学生
アルバイト 大学院生
パート主婦 専業主婦
高校生 無職

正社員、公務員、会社経営者、自営業の方で25歳以下の方であれば問題なく作成可能なはず。あとは大学生や短大生、専門学校生も同様に25歳以下なら問題ありません。

反面、高校生や無職の方は作成不可。あとこのカードの特性上、専業主婦の方や障害者年金の受給者もちょっと厳しいかもしれませんね。申請の仕方次第かもしれませんが、楽天カードなどの他のカードを狙ったほうが無難そうです。

尚、26歳の大学院生とか、27歳で大学に社会人入学した…といった場合はどうなのかというと、これはやはり作成不可。とにかく三井住友デビュープラスカードは18歳~25歳の方ためのクレジットカードなので、年齢はどんな場合であっても必須条件となります(18歳でも高校生は不可)。

25歳を過ぎたらどうなるのか?

ここまで三井住友デビュープラスカードは18歳~25歳にしか作れないクレジットカードと解説してきましたが、それでは26歳以降になったどうなるのでしょうか?

こちらについては三井住友デビュープラスカードから更に上位ランクにあたるクレジットカードである、三井住友VISAプライムゴールドカードへ切替が行われることになります。

仮に『そんなゴールドカードなんて持ちたくない!』という場合には、三井住友VISAカード(正式名称は三井住友VISAクラシックカード)への切替を選択してもOKですし、そもそも三井住友デビュープラスカード自体を解約してしまうなんてことも可能。

どれを選ぶかはとりあえず26歳以降になった時に考える…で問題ないのではないでしょうか?

  • 通常ルート:プライムゴールドカードへ(継続ボーナス有り)
  • 迂回ルート:三井住友VISAカードへ(継続ボーナス無し)
  • 撤退ルート:三井住友デビュープラスカードを解約
切り替わるタイミングは?

尚、三井住友VISAプライムゴールドカードへ切り替わるタイミングは、26歳になったらすぐ…ではなく、26歳以降に訪れる三井住友デビュープラスカードの有効期限が切れたタイミングです。

プライムゴールドカードへ自動ランクアップ。ランクアップ時に「継続サンクスポイント」プレゼント。満26歳以降最初のカード更新時に切替わります。クラシックカードへのお切替えもできます。

そのため、人によっては28歳や29歳くらいまで三井住友デビュープラスカードを使い続けることができる可能性もありますね。

例えば26歳になるギリギリのタイミングでの申込か、もしくは20歳の時の時の作成であれば長く三井住友デビュープラスカードを使い続けることができるかもです(5年の有効期限が設定された三井住友デビュープラスカードが届いた場合を仮定)。

三井住友デビュープラスカードのメリット:

三井住友デビュープラスカード独自のメリットをまとめてみました。三井住友カード全般の保有メリットについてはこちらの三井住友VISAカード完全ガイドのほうを参考にしてみてください。

ポイントが常に2倍になる:

三井住友デビュープラスカード最大の保有メリットは、どこでどんな支払いをしてもポイントが2倍になること。

通常の三井住友VISAカードを使っている限りには得られない分だけのポイントを、デビュープラスカードだからという理由だけで獲得することが出来るのは大きなメリットです。

  • 三井住友デビュープラスカード:ポイントいつでも2倍
  • 三井住友VISAカード:ポイントはいつでも1倍

これはまぁ、25歳までの若年層を対象としたクレジットカードだからこそ。年齢が若いウチに魅力あるクレジットカードを提供することで、より多くの方に三井住友カードを使ってもらうキッカケになれば…という思惑があるのでしょう。

加えて言うなら25歳までの方のクレジットカード年間利用額は、40歳前後の方と比べると少ないというのもありますね。

  • 25歳までにポイント2倍:年間利用額が少ないので痛手が少ない
  • 25歳以上にポイント2倍:年間利用額が多いので痛手が大きい

仮にお金に余裕がでてくる40代の方にポイント2倍を提供してしまうと、年間利用額が多いためにカード会社として赤字になってしまう危険性もあるのだと思われます(読んでもよくわからない方は、クレジットカードポイントの正体について書いたこちらの記事を参照)。

入会3ヶ月以内はポイント5倍:

三井住友VISAデビュープラスカードでは、カード入手から3ヶ月以内の利用についてはすべてポイント5倍。

100円あたり2.5円分のポイントが貯まることになるため、高額家電やパソコン、インテリアなどを買うまたとないチャンスになります(ポイント還元率が2.5%であるということ)。

  • 1万円利用:250円分のポイント
  • 10万円利用:2,500円分のポイント
  • 100万円利用:2万5,000円分のポイント

もちろんこういった特典は通常の三井住友VISAカードや、三井住友VISAプライムゴールドカードには存在しません。下記の図のように、三井住友デビュープラスカードだからこそ得られるポイントとなるので、25歳以下の方であればもう迷うこと無くこのVISAカードを選択すべきだと言えます。

f:id:cardmics:20160617115806g:plain

私も25歳以下に戻れるのであれば、このクレジットカードを作ってみたいものですが、残念ながら年齢制限によって三井住友VISAカードや三井住友VISAゴールドカードで我慢するしかない状況ですね…。若さが羨ましいです。

年会費が実質無料:

最後は三井住友VISAカードと異なり、年会費が実質的に無料にできるということです。

三井住友VISAカードや三井住友VISAアミティエカードではリボ払い等の条件を付けないと年会費を無料にすることは出来ませんが、三井住友デビュープラスカードであれば年に1度、コンビニやスーパーなどなどで支払いに使うことで年会費を永久に無料にすることが出来るので、クレジットカード利用頻度が低い方にとっては大きなメリット。

  • 他の三井住友カード:リボ払いにするなどの条件付きで会費無料
  • 三井住友デビュープラスカード:年1回のりようで会費無料

年間にして1,000円ちょっとの負担でも、やはり負担しないに越したことはない金額なので、これが節約できるだけでも三井住友デビュープラスカードを選ぶ価値はあることでしょう。

三井住友デビュープラスカードのデメリット:

三井住友デビュープラスカードを持つ上でのデメリットまとめです。こんなデメリットがあるんだよ…ということをしっかり認知した上で、申し込むようにしてもらえればと思います。

25歳までという年齢制限がある:

三井住友デビュープラスカードのデメリット1つ目としては年齢制限があること。

作る上でのデメリットにもなりますし、作った後でのデメリットにもなるものなので、とにかく25歳までしか作れないカードであるということ、そして26歳以降には自動的に他のカードに切り替えられてしまうことはしっかりと認識しておくようにしてください。

ただ前述のように『他のクレジットカードに切り替えられるなんて許せん!』と思うのであれば、デビュープラスカードの有効期限到達までに解約してしまえばOK。

これなら三井住友VISAプライムゴールドカードに切り替えられることも、三井住友VISAクラシックカードにさせられることもないので安心ですよ(切り替わるタイミングになって考えれば大丈夫です)。

  • 他のカードに切替なんて嫌だ:解約をすればOK
  • 他のカードでもいいかな:そのまま継続して利用を

海外旅行傷害保険がない:

三井住友デビュープラスカードの2つ目のデメリットとしては、三井住友VISAクラシックカードには付いている海外旅行傷害保険がないという点。ここくらいですね、他の三井住友カードにあって、三井住友デビュープラスカードにないものというのは。

そのため、卒業旅行や仕事などで海外にいくことがある…という方には、このVISAカードではやや不十分。海外にいく予定があるのであればデビュープラスに加え、海外旅行傷害保険が付いた他のクレジットカードも持参するようにしてください(詳しくは下記記事などを参照)。

ちなみに「海外保険なんてなくても私は大丈夫!」なんて根拠もない自信を持って海外にいく方も多いですが、万が一、海外で盲腸などの手術を受けることにでもなった場合には人生が終わりかねないほどの借金を背負うことになります(300~500万円はザラ)。

念のためではなく自分自身や家族のために、海外旅行傷害保険に加入していくことを強くおすすめしますよ。なにかあってからではほんと遅いです。

三井住友デビュープラスカードを作ろう:

f:id:cardmics:20160617103624j:plain

ここまで三井住友デビュープラスカードの基礎知識から、そのメリットやデメリットまでを幅広く紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

三井住友デビュープラスカードは25歳以下の方であれば自信をもっておすすめできる1枚なので、若さゆえのメリットを得たいという方は是非、この機会に申込をしてもらえればと思います。私のように年をとってから作りたいと思っても、手遅れですよ!

以上、三井住友VISAデビュープラスカード 完全ガイド2016!入会条件や審査難易度から、作る上でのメリットやデメリット等を解説します…というまとめ記事でした。

参考リンク:

他にももっと、年会費無料のクレジットカードを知りたい…という方は、下記記事もあわせてどうぞ。三井住友デビュープラスカードだけでなく、他にもたくさんの年会費無料カードがありますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP