クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ルミネカード 完全ガイド(2017年版)!ルミネでの割引やポイント還元率など、ルミネカード作成のメリットとデメリットを徹底解説します。

f:id:cardmics:20171018120456j:plain

駅直結のショッピング施設であるLUMINE(ルミネ)でお得に使えるクレジットカードである、ルミネカード。

今回はこのルミネカードにはどのような保有メリットやデメリットがあるのかについて、詳しくまとめていこうと思います。ルミネで買い物をすることが多いという方は是非、参考にしてみてくださいね。

ルミネカードの基礎知識:

はじめはルミネカードの基礎知識から。ルミネカードを持つためにはどのような費用がかかるのかとか、不正利用時の補償についてもっと知りたいという方はこちらからしっかりとお読みください。

ルミネカードはビューカード発行:

まず、ルミネカードはJR東日本系のカード会社である、ビューカード発行のクレジットカードです。

主な特徴はその名称の通り、ショッピング施設LUMINE(ルミネ)で割引が受けやすいという点ですが、それ以外にもSuica関連での保有メリットは多いので、『あんまりルミネを使う予定はないんだよな…』という方にもメリット有り。

  • ルミネをよく使う方:非常にお得!
  • ルミネをあまり使わない方:Suicaを絡めればお得
  • ルミネをまったく使わない:他のカードがおすすめかも

反面、Suicaは使うけどルミネが近くにないとか、ルミネで買い物をすることは滅多にない…という方だと、ルミネカードではなくビックカメラSuicaカードなどのカードを作ったほうがお得かも。

詳しくは下記記事にまとめてあるのでそちらも参考にどうぞ。

news.cardmics.com

ルミネカード発行に必要な費用:

次にルミネカード発行や保有に必要な費用については下記の通り。

手数料費用 費用 解説
入会金 無料 ルミネカード入会にお金は必要ありません。
発行費 無料 発行に費用はかかりません。
事務手続き 無料 事務手続きなどの費用も0円です。
年会費 953円(税抜) ルミネカードを1年利用するためには953円+消費税が必要。尚、1年目の年会費は無料
解約手数料 無料 解約にかかるお金は不要。3ヶ月で解約しても1年で解約しても無料です。

注意したいのはやはり年会費がかかる点ですね。

この953円+税という金額は、ルミネカードをどのくらい利用したかに限らずかかってくる費用なので、保有しつづけるかぎり負担する必要あり。

ただルミネカードの場合にはその年会費を払う以上のメリットを生み出すことが出来るので、この年会費負担が重荷になるかどうかは使い方次第ということも出来ます(お得な使い方は後述します)。

  • ルミネカードを活用する:年会費代以上のメリットあり
  • ルミネカードを活用しない:年会費が負担になるだけ

ルミネカードの審査基準:

ここで気になるルミネカードの審査基準は下記の通り。

日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方。(未成年の方は親権者の同意が必要です。)ただし、高校生の方はお申込みいただけません。

正直、公式サイトを見ても「18歳以上の方であれば誰でも申し込みOK」としか書かれていないので、あまり参考になる審査基準ではありません。

そこで当サイト『クレジットカードの読みもの』では独自にルミネカードの審査基準を調査&推測し、わかりやすく職業別に表にしてみました。

対象者 発行可否 対象者 発行可否
正社員 派遣社員
公務員 団体職員
中小企業経営者 会社役員
個人事業主 自由業
士業 年金生活者
期間工 大学生
アルバイト 大学院生
パート主婦 専業主婦
高校生 × 無職 ×
無職や高校生以外なら申込OK:

ご覧いただいたようにルミネカードは原則、高校生や無職の方でもなければ審査に通る可能性が高いクレジットカードです。

アルバイトをしているフリーターの方、個人事業主登録をしてるフリーランスの方、期間工として働かれている方、短大生や大学生などの学生の方などなど、誰でも申し込みOK。

それほど審査が厳しいことはありえないので、年収がたとえ100万円程度しかなかったとしても安心して申込していただいて大丈夫かと思います。

反面、老齢年金を頼りに生活をされている高齢の方だと審査が厳しくなる可能性が高いですね。60代後半から80代の方ははじめから他のクレジットカードを狙ったほうが無難かもしれません(年金生活者向けのクレジットカードは下記記事を参照)。

news.cardmics.com

安心の盗難補償付き:

ルミネカードの基礎知識、最後は盗難補償について。

ルミネカードでは下記のように、万が一、紛失してしまったり盗まれてしまった場合の補償(盗難保険)がしっかり備わっているので、『クレジットカードは不正利用が怖い…』という方にもおすすめです(公式サイトより引用)。

不正使用があった場合には、お客さまから紛失・盗難のご連絡をいただいた日の前日から起算して、60日前にさかのぼりその日以降に不正使用された分について、弊社が負担します。

通販サイトからの情報漏えいも大丈夫:

あと、前述の盗難補償は、楽天市場やヤフーショッピングといった通販サイトからのカード情報漏えいにもしっかり対応しています。

そのため、仮にカード情報が流出し、100万円を不正利用されてしまったとしてもみなさんの負担は0円でOK。しっかり盗難保険の申請さえすれば、たとえ1億円の不正利用であっても全額補償されるので安心してもらえればなと思います(盗難保険について詳しくは下記記事にて)。

news.cardmics.com

ルミネカードの保有メリット:

f:id:cardmics:20170819194804j:plain

ここから先はルミネカードの保有メリットについてまとめていきます。

基本的にはルミネでお得なクレジットカードで間違いありませんが、電子マネーSuica(スイカ)利用者にもメリットあるクレジットカードに仕上がっているので、ルミネでも買い物するけどSuicaでも得したい方に最適ですね。

ルミネでいつでも5%引き:

ルミネで5%引きは、ルミネカードといえばこれ…というくらい有名な特典。

ルミネカードなら、ルミネのお買い物がいつでも5%OFF。新宿駅のNEWoMan(ニュウマン)でも5%OFF!(中略)本、DVD、化粧品、レストランや食品などいつでも割引でお買い物いただけます。

引用部分にもあるように、本、DVD、化粧品、レストラン、食品、洋服、靴などなど、ルミネ内に出店しているほとんどのお店がルミネカード払いをするだけで5%オフになります。

  • 現金払い:割引なし
  • 他のカード払い:割引なし
  • ルミネカード払い:5%オフ

反面、他のクレジットカードを利用して支払いをしたり、現金を使った支払いでは1%も割引にならないので、普段からルミネで買い物をする方ならルミネカードがもはや必要不可欠。

もちろんルミネでの買い物でもしっかりポイントが貯まるので、実際には5%以上の割引を得ることが可能ですよ(ルミネで5%オフ+ルミネカード利用で得られる0.5%分のポイントで合計5.5%割引)。

年に4回程度、ルミネで10%引き:

更にルミネカードでは年に4回程度、10%オフセールも定期的に開催中。

10%OFFのチャンスもあり

年に数回、割引率が10%にアップするキャンペーンがあります。さらにおトクなショッピングがお楽しみいただけます。

この期間中にルミネカードで買い物をすれば普段よりも倍の割引をしてもらうことが出来るので、洋服や靴などのファッションアイテムのまとめ買いに最適です。

10%オフセールはいつ頃に開催?

気になる10%オフセールはいつ頃に開催されるのか…というと、これはルミネカード側から発表があってはじめてその実施期間が判明します(要するに直前まで不明ということ)。

ただ例年だと3月、5月、9月、11月といった春シーズンと秋シーズンに実施されることが多いので、『そろそろ洋服を買いたいなぁ』と思ったら10%オフセールが開催されるタイミングまでグッと買いたい気持ちを抑えてみるのもひとつの手ですよ(下記は2016年の開催日)。

  • 3月3日~9日:3月の10%オフセール
  • 5月19日~23日:5月の10%オフセール
  • 9月8日~12日:9月の10%オフセール
  • 11月10日~14日:11月の10%オフセール

年間利用額に応じて商品券:

前述の5%オフ、10%オフといった割引特典に加え、ルミネカードではルミネやニュウマンでの買物金額に応じて商品券が貰える特典もあり。

年間利用額 貰える商品券額
20万円から50万円未満 1,000円分のルミネ商品券
50万円から70万円未満 2,000円分のルミネ商品券
70万円から100万円未満 3,000円分のルミネ商品券
100万円以上 5,000円分のルミネ商品券

ただこの特典についてはルミネ&ニュウマン利用額に応じた特典なので、電気代やガス代、スーパーマーケットでの買い物にルミネカードを使っても貰うことは出来ません。

  • 間違い:利用額に応じて商品券が貰える
  • 正解:ルミネでの利用額に応じて商品券が貰える

そのため、よほど普段からルミネで買い物をしている…という方でもなければ、なかなか商品券入手は難しいかも。

『いやいや、私はよくルミネで買い物をしているから貰えそうだ!』という方は、この特典だけでルミネカードの年会費回収くらいは余裕で出来てしまうことでしょう。

年間100万円以上使うとVIP特典も:

加えて年間100万円以上の支払いをルミネ&ニュウマンですると、5,000円分の商品券が貰えるだけでなく、下記のVIP特典が貰える可能性もあるとのこと。

スペシャルVIPサービス

ルミネより日頃の感謝の気持ちを込めて、年間ご利用金額100万円以上のお客さまにだけ、年に1度スペシャルな「プレミアム体験キャンペーン」を開催いたします。ルミネからの素敵なひとときを、抽選でプレゼント。ぜひお楽しみください。

さすがにルミネで年間100万円を利用するイメージが私には湧きませんが、ファッションアイテムをよく買う方や、ルミネ内の無印良品やユニクロ、マツモトキヨシといったお店を使うことが多い方ならありえる話なのかもしれませんね。

せっかくルミネカードを使うならスペシャルVIPサービスを是非、狙ってもらえればな…と思います。

Suicaチャージに強い:

ここまでルミネカードのルミネにおける割引を紹介させていただきましたが、ルミネカードはJR東日本系のビューカード発行のクレジットカードということもあって、Suicaチャージや定期券購入に強い特徴があります。

  • Suicaチャージ:1.5%ポイント還元
  • JR東日本の定期購入:1.5%ポイント還元
  • JR東日本で新幹線切符購入:1.5%ポイント還元
1.5%還元なんてたいしたことない?

こう書くと『いくらポイント還元率がいいっていっても、所詮は1.5%程度のポイント還元でしょ?』と思われるかもしれませんが、年間で考えると結構な割引になるもの。

たとえば月に1万円、Suicaチャージを利用しているという方の場合はそれだけで年間1,800円分のポイント獲得になりますし、10万円分の6ヶ月定期を購入している方ならそちらも年間3,000円分のポイント獲得が可能…と、決して馬鹿にはできない節約効果があるんです。

  • 月1万円Suicaチャージ:年間1,800ポイント獲得
  • 10万円する6ヶ月定期を購入:年間3,000ポイント獲得

また、SuicaをJR東日本の電車代だけでなく、バスやタクシー代、そしてコンビニでの支払いにも使えば更にSuicaチャージ額が増える可能性あり。

こうなると年間の獲得ポイント数は1万円前後にもなるので、ここまで来れば多くの方にとって価値ある節約になるのではないでしょうか?

Suicaのオートチャージ機能が使える:

更にルミネカードを保有すれば、Suicaのオートチャージ機能(自動で残高を増やしてくれるサービスのこと)が利用可能になるという点もお見逃しなく。

オートチャージは、Suicaの残額が設定金額以下になると、改札入場時にタッチするだけで、自動的に設定金額がチャージ(入金)されるサービスです。

こちらはルミネカード内蔵のSuicaを使う場合だけでなく、モバイルSuica機能においても同様にオートチャージ機能が使えるので、iPhoneやAndroid携帯でSuicaを利用している…という方にもメリットがある機能だといえます。

特に『改札でよく止められて、友人や同僚に迷惑をかけることが多い…』というウッカリさんこそ、ルミネカード入手がおすすめですね(公式サイトはこちら)。オートチャージ機能が使えればSuicaの残高不足で悩む必要性がなくなります。

Suicaと定期券を1枚に出来る:

あと、ルミネカードはこのクレジットカード内部に定期券をそのまま一体化させることが出来るので、JR東日本圏内で通勤・通学をしている方にはちょっと便利。

f:id:cardmics:20171018152157j:plain

財布の中にいれて持ち歩くカードの枚数を極力少なくしたい…という方にも、ルミネカードは便利な1枚になることでしょう。

もちろん定期を内蔵させた場合でもSuica機能はそのまま使えるので、クレジットカード、Suica、定期券の3修理の機能を1枚に出来ますよ。

ルミネカードの小ネタ:

f:id:cardmics:20170519214018j:plain

ここまでルミネカードの主な保有メリットを紹介させていただきましたが、その他の保有メリットについてもいくつか紹介をしておきます。人によってはこれらのメリットも非常に魅力的に感じると思うので、是非、上手にルミネカードを活用してみてくださいね。

カラオケボックスで割引あり:

ルミネカードはJR東日本系のカード発行会社である、ビューカード発行のクレジットカードなので、ビッグエコーやSHIDAXなどの大手カラオケボックスで提示をするだけで室料の割引を受けることが可能です。

BIG ECHO(ビッグエコー)

「一般料金よりルーム料金30%OFF」もしくは、「ドリンクバー付・飲み放題コース お会計総額より10%OFF」

SHIDAX(シダックス)

下記1~3いずれかのご優待をご利用いただけます。

  1. 「ルーム料金」、または歌い放題の「フリータイム」、または歌い放題プラス飲み放題の「フリフリプラン」を20%割引
  2. コースのお食事とルーム料金がセットになった「宴会コース」を5%割引
  3. 毎週月曜日は「ルーム料金」を30%割引

どちらもカラオケ好きだという方にとっては価値ある割引になると思うので、ルミネカードを入手したら受付で提示をしてみてください。支払いで使わなくても提示をするだけで割引が受けられますよ。

ビッグエコーの一般料金から室料30%オフってどのくらいお得なの?という方は、下記記事も参考に。ビューカード同様にカラオケ代の割引があるエポスカードの例で紹介をさせていただいています。

news.cardmics.com

Web明細書でお小遣いGET:

ルミネカードでは、Web明細を利用すると明細発行ごとに毎月50円分のポイントが貰える特典があります(郵送で明細書を送ってもらわない場合)。

  • ルミネカードを利用した月:50円分のポイント獲得
  • ルミネカードを利用しなかった月:ポイント0円

明細書発行月にポイントが貯まる!

明細書発行のたびに20ポイント(50円相当)が貯まります。つまり、年間最大600円相当のポイントがもらえます。

こう書くと『50円分のポイントをもらっても別に嬉しくないよ』と思われるかもしれませんが、1ヶ月、2ヶ月単位ではなく、1年単位で考えると年間で600円分のポイント獲得に。

そう考えるとルミネカードの年会費は953円+税-600円になるので、実質、年会費400円程度のクレジットカードということも出来そうです。

貯めたポイントはルミネの商品券に:

あと、ルミネカードで貯めたビューサンクスポイントは、Suicaに交換するのではなくルミネ商品券に交換するのがお得。

これは下記図解のようにSuicaに交換するもルミネ商品券に交換したほうがポイント還元率が高くなるため。

  • Suicaに交換:1ポイントあたり2.5円
  • ルミネ商品券に交換:1ポイントあたり3.2円

f:id:cardmics:20171018154103g:plain

だったらSuicaに交換せずにルミネ商品券としてポイントを使ったほうがお得なので、ルミネカードを活用したい方はルミネ商品券を基本交換先として使うようにしてください。

ちなみにこの場合のポイント還元率はSuicaチャージ時で1.8%前後にもなるので、Suicaがもっとお得に使えるようになりますよ(ルミネ商品券への交換には手数料がかかるので、交換するならまとめて行うのがおすすめ)。

ルミネカードの注意点や落とし穴:

念のため、ルミネカードを使う上での注意点についてもまとめておきます。ルミネカードを作る前にしっかりデメリットも把握しておきたい…という方はこちらもどうぞ。

年会費がかかる点に注意:

まず、ルミネカードを利用する上でのデメリットは、主に年会費がかかる…という点くらい。1年目こそ年会費は無料ですが、2年目以降は必ず953円+税の年会費がかかってくるので、ルミネをまったく使わない方にとってお得感はありません。

年間2万円の利用が目安:

では、どのくらいルミネを利用すればルミネカード保有の価値があるのか。これについてざっくり計算すると下記のような感じになります。

  • 5%オフの通常時:年間2万円以上の買い物
  • 10%オフの割引時:年間1万円以上の買い物

f:id:cardmics:20171018155545g:plain

まぁ10%オフセール実施時にうまくルミネカードを使うのはなかなか難しいものなので、5%オフの通常時を基本に考えたほうが無難かも。

つまり年間2万円以上、ルミネで買い物をする予定があればルミネカードの年会費を払うだけの価値があえると言えるので、この金額を目安に考えておくようにしてください。

ルミネやSuica以外のポイント還元率が低い:

あと、ルミネカードはSuicaチャージや定期券購入、そしてルミネやニュウマンといったショッピング施設での節約効果は抜群ですが、それ以外の支払いについてはごくごく一般的なポイント還元率しかありません。

  • 1,000円利用:5円分のビューサンクスポイント獲得
  • 1万円利用:50円分のビューサンクスポイント獲得
  • 100万円利用:5,000円分のビューサンクスポイント獲得

そのため、ルミネカードを効果的に使いたいならお得な場所でのみ利用し、その他の電気代やガス代、携帯電話料金などなどについては他のポイントが貯まりやすいクレジットカードを使うのがおすすめ。

上手にクレジットカードを使い分けて、獲得ポイントの最大化を目指してもらえればなと思います(ポイントが貯まりやすいカードは下記記事参照)。

news.cardmics.com

さぁ、ルミネカードを作ろう:

f:id:cardmics:20171018120614j:plain

ここまでルミネカードの基礎知識から保有メリットやデメリットまでを紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

ルミネカードは使い方次第で家計の出費を年間5万、10万単位で削減してくれる有り難いカードなので、普段からルミネを使っている方はもちろん、ルミネがある最寄り駅に住んでいる&通勤しているという方も是非、このカード作成を検討してもらえればなと思います。

以上、ルミネカード 完全ガイド(2017年版)!ルミネでの割引やポイント還元率など、ルミネカード作成のメリットとデメリットを徹底解説します…という話題でした。

参考リンク:

まだクレジットカードを作ったことがない…という方は下記記事も参考に。クレジットカードを作ったことがない方が抱えていがちな不安を解消するための記事です。

news.cardmics.com

PAGE TOP