クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

アコムのクレジットカード「ACマスターカード」を申込する前に!その審査基準や評判など、作る上でのメリットとデメリットを解説します。

f:id:cardmics:20160618154222j:plain

大手消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードである、「ACマスターカード(エーシー・マスターカード)」。このクレジットカードをこれから申し込もうとしている方に対して、そのメリットやデメリットを今回は解説していってみたいと思います。

審査基準や評判が気になる方を含め、ACマスターカードの申込に少しでも不安があるというのであれば是非、この記事を参考にしてみてくださいね。

アコムのACマスターカード概要:

早速、アコムのクレジットカードである「ACマスターカード」の概要について紹介していってみたいと思います。作成を急いでいる…という方は必要なところのみ、読んでもらえれば大丈夫です。

作成にかかる諸経費&費用:

まずはACマスターカードを作る上でかかる費用まとめです。わかりやすく表にしてみたのでご確認ください。

手数料費用 費用 解説
入会金 無料 アコム入会にお金は必要ありません。
発行費 無料 発行に関してお金はかかりません。。
事務手続き 無料 事務手続きなどの費用も無料です。
年会費 無料 何年持っていても年会費は無料です
解約手数料 無料 カード解約にかかるお金は不要。

ご覧いただいたようにACマスターカードは、入会金や発行費、事務手続き等々、すべて0円で作ることができるクレジットカードになっています。年会費や維持費も無料なので、たとえ5年、10年持っていたとしてもお金がかかることもありません。

ACマスターカードの入会条件:

次にACマスターカードはどんな人であれば作成可能なのでしょうか?まずは公式サイトより入会条件を持ってくるとこんな感じになります。

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

う~ん、正直かなりざっくりでわかりにくいですよね、これ(苦笑)。

このようにアコム側では「こういう人だったら必ずACマスターカードを作ることが出来るよ!」という条件を明確に提示するのではなく、申込してくれたら作ってあげられるかどうかをこちらで判断するよ…というぼんやりとした入会条件しか提示してくれていません(クレジットカード審査って何?という方はこちらの記事を参照)。

そのため、正直、申込をしてみるまでは審査に通るかどうかはわからない…というのが実情なのですが、さすがにそれでは不親切なので、いくつかACマスターカードの審査に関する条件を紹介してみたいと思います。

3秒診断を使ってみる:

1つ目はアコム側が用意してくれている、「3秒診断」というものの活用です。

ACマスターカードの公式サイトに行ってみると、ページを開いたところに『カード発行可能かどうかすぐに診断!3秒診断』という赤いボタンがあるので、ここを押すとあなたがACマスターカードを作れるかどうかの判別が可能。

私も試しに行ってみたところ、下記のような結果が表示されました。どうやら私は問題なく、ACマスターカードを作ることが出来る属性のようです。

f:id:cardmics:20160618160209g:plain

但し、3秒診断はあくまで仮の診断。

いくらそのチェックにおいて作成可能ということがわかったとしても、本審査では入会審査に落とされてしまう可能性がゼロではないのでその点はご注意ください。

ちなみに3秒診断のページはいくら触ってもらってもあなたの信用力を傷つけることはありませんので、何歳まで申込可能なのかとか、どのくらいの借入件数がある場合には審査に通りにくいのか?ということを探ってみると面白いですよ*1

私もちょっと3秒診断をいじって遊んでみたところ、アコムでは70歳以上になると審査に通りにくいとか、借入件数が4件以上になると厳しいとか、そういうことがわかりました。たぶんこれらの方は、ACマスターカードを申し込んだとしても入会審査で落ちる可能性大です。

当サイトでの審査基準:

『3秒診断だけではちょっと審査難易度がわかりにくい』という方のために、当サイトが推測するACマスターカードの審査難易度について表にしてみました。前述のようにあくまで推測なのでその点はご了承ください。

対象者 発行可否 対象者 発行可否
正社員 派遣社員
公務員 団体職員
中小企業経営者 会社役員
個人事業主 自由業
士業 年金生活者
期間工 大学生
アルバイト 大学院生
パート主婦 専業主婦
高校生 無職

傾向としては20歳未満の方は作成できないので、高校生や専門学校生、短大生はほぼほぼ無理です。

また、20歳以上であっても学生の身分ではACマスターカードを作ることは出来ないので、アルバイト収入などがある方ではないと入手はできません(申込は学生としてではなく、アルバイト収入のあるフリーターとして申込を)。

同様にパート収入のない専業主婦も作成不可。これは貸金業法という法律によるものなので諦めてください。専業主婦でも作りやすいクレジットカードについては下記記事を参考に。

加えて生活保護や老齢年金などの年金生活者も作成はほぼほぼ不可みたいなので、それに当たるという方も作成を諦めるのが無難かもしれませんね(年金受給者向けのカードはこちら)。

要するにとにかくバイトだろうがパートだろうが派遣社員だろうが、20歳以上の働いている方であればチャンスがあるカードだけれども、それ以外の仕事による収入がない方には審査難易度が高いカードだと言えそうです。

ETCカードや家族カードは発行不可:

ACマスターカードでは残念ながら、ETCカードや家族カードといった付帯カードを作ることは出来ません。

これはそれらのカードを発行する機能そのものが用意されていないので、『高速道路を通行するためのETCカードを作りたかったんだけど…』という方は、諦めて他のカードを探すしかない状況ですね。

また、楽天EdyやSuicaといった電子マネーも内蔵されていないので、あくまでクレジットカード払いの時に使えるカードとしてのみ、ACマスターカードは活用できそうな感じです。現状では他のカードに多く搭載されている、ICチップすら内蔵されておりません。

選べる国際ブランドはマスターカードのみ:

ACマスターカードで選ぶことが出来るクレジットカードの国際ブランドは、その名の通りMasterCard(マスターカード)のみ。VISAやJCBといった他のブランドを選択することは出来ないのでご注意ください。

  • マスターカード:選択可能
  • VISAカード:不可
  • JCBカード:不可
  • アメックス:不可
  • ダイナースクラブ:不可

但し、マスターカード付きのクレジットカードであっても、海外での利用には特に不便は感じないはず。VISAカード同様、アメリカやカナダ、フランスやイタリア、そして韓国や台湾などなど、アコムACマスターカードさえあればほぼすべての国や地域で支払いに困ることはありません。

同様にレストランやホテル、デパート等々、クレジットカードが使えるお店であれば大抵は支払いに使えますよ。

見た目はアコムのクレジットカードだとわからない:

ACマスターカードの見た目はシルバー基調のシンプルデザイン。そのため、店頭での支払いに使っても、デパートやホームセンターの店員さんから『あっ、これはアコムのクレジットカーだな…』と思われることはまずありません。

また、海外でも同様で、アコム=消費者金融であるということは日本人くらいしかわからないので、他のクレジットカード同様に支払いで利用可能。アコムのカードだから支払いを拒否される…なんてもないのでご安心ください。

ACマスターカードのメリット:

ここでやっと、アコムのクレジットカードであるACマスターカードの保有メリットについて紹介していこうと思います。

最短、即日発行が可能:

アコムのACマスターカード、最大のメリットといえば、やはり最短で即日発行が可能だという点。要するに今日申込をすれば最短で今日、入手をすることができちゃうということです。

これはとにかくクレジットカードを早く作らなくちゃいけない理由がある方にとって嬉しいサービス。プロバイダ料金や格安SIM、ネット通販等での支払いにどうしてもクレジットカードが必要なんだという場合はもちろん、生活費に困ってしまって食料品を買う現金もない…という時にも役立ちます。

なぜ最短即日発行が可能なのか?

ではなぜACマスターカードは最短即日発行が可能なのかというと、これは単純な話、申込をする側である私達がアコムまで受取にいく形をとっているため。これならクレジットカードの郵送にかかる時間を短縮することが出来るので、申込をしたその日のうちに入手できるのですね。

  • 他のカード:郵送で送ってもらうので時間がかかる
  • ACマスターカード:自分で受取にいくので即日発行できる

まぁ受け取りに行くのが面倒というデメリットはあるんですが、どうしてもすぐにクレジットカードが必要な方には有難すぎるサービスなのではないでしょうか?『いやいや、そんな面倒なことしたくないし』という方は、郵送でもACマスターカードを送って貰うことができるので、そちらを利用してもらえればと思います。

尚、アコムはさすがお金に困った時の消費者金融…というだけあって、土曜日や日曜日、祝日であっても問題なく即日発行してくれます。さすがに元旦とかは無理ですが、ゴールデンウィークやお盆休暇中でも発行可能なので、連休中に困ったらACマスターカードを検討しましょう。

消費者金融の審査基準:

ACマスターカードの2つ目のメリットとしては、クレジットカードの審査においても消費者金融の審査を適用してくれるということ。

例えば楽天カードやイオンカードといった年会費無料のクレジットカードを申し込んでも、審査に落ちてしまってクレジットカードを作れない…という方であっても、アコムのACマスターカードならクレジットカード会社とは別の審査基準をもっているために審査に通る可能性があるんです。

  • 一般的なクレジットカード:クレジットカードの審査
  • ACマスターカード:消費者金融の審査

そのため、他のクレジットカードは作れなくてもACマスターカードは作れた…という方も多いので、最後の望みとして申し込んで見るのは手。審査内容が変われば審査に通る可能性も十分にあると思いますよ。

学生や年金受給者には厳しい:

反面、クレジットカード業界の審査ではなく消費者金融の審査になってしまう都合上、前述のように大学生や専門学校生、短大生といった学生や、老齢年金などの受給者には審査が厳しいものになります(そもそも入会条件から弾かれている)。

こういった方はあえてACマスターカードを選ばずに、それぞれの特性に応じて作りやすいクレジットカードを選んでもらえれば幸いです*2

正式名称はACマスターカード:

インターネット上でアコムのACマスターカードに関連した情報を調べていると、「アコムマスターカード(アコマス)」、「アコムカード」、「アコムクレジットカード」といった様々な名称を目にすることがありますが、正式名称はACマスターカードが正解。これ以外の表記については一般的に浸透している別名程度に思ってもらえばOKです。

但し、「アコムカード」については消費者金融アコムのキャッシング専用カードを指す場合もあるので、クレジットカードではそもそもない場合も。説明や解説記事を読む場合には、まったく別物の可能性を踏まえた上でお読みください。

ACマスターカードのデメリットや欠点:

ACマスターカードのデメリットについても詳しくまとめておきます。こういったデメリットを理解してから作るのか、それとも理解せずに作るのかでは大違いなので、しっかりと落とし穴を把握した上で申込するようにしてください。

リボ払い専用カードであること:

ACマスターカード最大のデメリットは、リボ払い専用クレジットカードであるということ(リボ払いとは?という方はこちらの記事を参照)。

セブンイレブンでの支払いに使っても、Amazonでの支払いに使っても、ココイチのカレー代で使っても、すべてが自動的にリボ払いになります。箇条書きにするとこんな感じですね。

  • 1回払いを選択:リボ払いに
  • 2回払いを選択:リボ払いに
  • リボ払いを選択:リボ払いに
  • 分割払いを選択:リボ払いに
  • ボーナス払いを選択:リボ払いに

とにかくどこでどんな風に支払いをしても、自動的に全部リボ払い。だからまぁ、リボ払い専用カードと呼ばれるわけですけれども、リボ払いの問題点としては金利手数料が発生することなので、この手数料を払いたくない…という方には正直、ACマスターカードは向きません。

リボ払いは使い方次第:

しかし、リボ払いを使わないとクレジットカードの利用代金を支払っていくことが出来ない…という方には、たとえ金利手数料を払ってでもリボ払いが救世主になることも。アコムマスターカードの場合には月額3,000円からの支払いでOKなので、10万円の買い物で使って3,000円ずつ、コツコツ返済していく…ということも可能です。

もちろん返済期間が長くなればなるほど、発生するリボ払いの金利手数料も膨らんでいくために、ACマスターカードを使うのであれば消費者金融を使う場合同様、返済計画をきちんと立てた上で使うようにしてください。

そうしないといつの間にかリボ払いの未払い残高が膨らみ続け、気付けば金利の返済だけで首がまわらない…なんてこともなりかねませんよ。

  • 計画性もなく使う:リボ払い残高が膨らむことに
  • 計画をたてて使う:リボ払いが生活の救世主になることも

繰り返します。

リボ払いを使うのであれば繰り上げ返済をするなどして、金利手数料の発生を最低限に抑えることが重要。私も過去、リボ払いがあったおかげで助けられたことがあるのでリボ払いを使うこと自体には否定的ではありませんが、使うならちゃんと返済できる計画を立てた上で使うようにしてもらえればと思います。

ポイントなどが一切ないこと:

アコムのクレジットカードであるACマスターカードのデメリットその2としては、ポイント制度など、他のクレジットカードには当然ながらにしてあるものがほとんどということ。

前述のように家族カードの発行もできなければ、ETC車載器用のETCカードの発行もできないなど、お金に困った時に助けてくれる…という点以外は見事に削ぎ落とされたカードに仕上がっている感じです。

そのため、クレジットカードを使ってポイントを貯めたい!とか、ポイントで素敵な景品と交換したい…といった要望を持っている方にはこのカードは不向き。いくら作成までのスピードが早くても、他のカードを選んだほうが無難でしょう。

  • ポイントを貯めたい方:ACマスターカードは不向き
  • 空港ラウンジを使いたい方:ACマスターカードは不向き
  • お金に困っている方:ACマスターカード入手は検討価値アリ

他にも海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険などがないとか、カード提示で割引が受けられるとかそういうこともないので、このカードにはそこまでの期待をしないほうがいいかもしれません。とにかくお金に困った時に助けてくれるのが、消費者金融アコム発行のクレジットカードとしての強みであると言えます。

支払い時に「リボ払いで!」と伝える必要性なし:

アコムのACマスターカードはリボ払い専用のクレジットカードゆえ、店員さんに『一括払いで!』と伝えたところで自動的にリボ払いに切り替わることになります。

これは使い方次第でひとつのメリットにも。なぜなら、彼女や家族の前でわざわざ『リボ払いで!』と言わなくても自動的にリボ払いになるので、「お金に困っている」ということが周りにバレずに済みますよ。

ACマスターカードは理解した上で作ろう:

Balancing The Account

ここまでACマスターカードの審査基準からメリット、デメリットなどを紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

散々書いてきた通り、基本的には「とにかくすぐにクレジットカードが欲しい!」という方向けの緊急用クレジットカードとなっているので、お金に困っているとかそういう状況ではないという方は、他のクレジットカードを作ってもらえればなと思います(まずは公式サイトにある3秒診断からどうぞ)。

以上、アコムのクレジットカード「ACマスターカード」を申込する前に!その審査基準や評判など、作る上でのメリットとデメリットを解説します…という話題でした。

参考リンク:

ACマスターカードのように、即日発行が可能なその他のカードについては下記記事を参考にどうぞ。同様に自分でクレジットカードを受け取りに行くことで、今日申込して今日入手することが可能ですよ。

news.cardmics.com

*1:3秒診断は簡易的なものなので、CICなどの個人信用情報機関への照会は行われません。結果、いくらチェックしても照会履歴も残らないので、安心して借入が可能かどうかの確認をしてもらえればなと思います。

*2:学生は学生の身分としてクレジットカードを申し込んだほうが作りやすいですし、年金受給者の方は年金による収入を高く評価してくれるクレジットカード会社のほうが審査通過の可能性が高いです。

PAGE TOP