クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

東京電力の電気代は、クレジットカード払いすると損になるケースがある!わかりやすく口座振替とカード払い、どちらがお得かを試算してみた。

f:id:cardmics:20170613000618j:plain

東京電力や関西電力の電気代は、実はクレジットカード払いすると損になってしまうケースがあるということはご存知でしたでしょうか?

今回の記事ではなぜカード払いをすると損になるのか?といった理由から、どういう場合ならカード払いをしたほうがお得になるのか…といった計算までを、わかりやすくしていってみたいと思います。

カード払いをするとなぜ損なのか?

まず、なぜ東京電力や関西電力の電気代は、クレジットカード払いをすると損になってしまうケースがあるのかというと、これは「口座振替割引サービス」がこれらの電力会社にあるため。

詳しくは公式サイトをご覧いただければと思いますが、銀行口座振替(現金で引き落とし)にて電気料金の支払いをしている方は、1回あたりの支払いに対して54円(税込)の割引を受けることが可能なのですね。

電気料金がひと月54円(税込)割引になります。
・・・「口座振替割引サービス」

割引額:各月分1回の振替につき54.00円(税込)

前月分の電気料金を1回目の振替日に振替いただいた場合に、当月分の電気料金から54円割引いたします。 

説明不要かもしれませんが比較するとこうなります。電気料金のクレジットカード払いやコンビニ払いには、特になにも割引制度はありません。

  1. 銀口座振替:1回あたり54円引き
  2. クレジットカード払い:特に割引は無し
  3. コンビニ払い:特に割引は無し

1回あたり54円は、年間でいうと54円×12ヶ月で648円の割引です。

クレジットカード払いはポイントを得られる:

反面、クレジットカード払いを選択するのにもメリットがありますよね。それは電気料金の支払い金額に応じて貯まる、クレジットカード会社のポイントのこと。

  • 口座振替:口座振替割引がお得
  • カード払い:ポイントが得られる分、お得

仮にこのポイント獲得分が口座振替割引よりも大きければカード払いをしたほうがお得…ということになるんですが、その境界線はいくらくらいになるんでしょうか?

参考までに試算してみました(ポイント還元率って何?という方はこちらの記事を先にお読みください)。

月額の電気料金 ポイント還元率0.5% ポイント還元率1.0%
1,000円 5円 10円
5,000円 25円 50円
10,000円 50円 100円
20,000円 100円 200円
30,000円 150円 300円

一人暮らしだと損してるかも?

上記表をご覧いただければもう一目瞭然。

銀行口座振替割引は月額54円(税込)なので、この金額以上のクレジットカードポイントが得られるような電気料金を使っているという方はカード払い、この金額以下だという場合には口座振替を使ったほうが節約額は大きいと言えます。

そのため、一人暮らしなどの電気をあまり使わない方の場合は、大抵のケースでカード払いをしてしまうと損してしまっている可能性大。1円でも電気料金を安くしたいと思っているのであれば口座振替に戻すのも一案かもしれません。

  • 月額5,000円未満の電気料金しかない:口座振替のほうがお得
  • 月額1万円以上の電気料金を払っている:カード払いのほうがお得

逆に月額5,000円以上の電気代を払っているという方は、口座振替割引サービスで得られる割引よりもクレジットカード払いで得られるポイントのほうが高くなる可能性が高いのでカード払いのほうがお得。更に1万円以上の電気代を使っている方なら、間違いなくカード払いを選択するようにしてください。

尚、東京電力や関西電力の電気代支払いで1%以上のポイントが貯まるカードが欲しいという方は、下記記事もあわせてどうぞ。0.5%分のポイントしか貯まらないカードを使っている方は、3年、5年といった長い目でみるとかなり損しているはずですよ。

news.cardmics.com

気にしない方は従来通りの支払いでOK:

f:id:cardmics:20170525225541j:plain

まぁ今回紹介させていただいたのはかなり細かい節約の部分の話なので、月間数十円程度であれば別に高くても安くても気にしない…という方もきっと多いことでしょう。

ただ月額1万も2万も電気料金を支払っているという方は、口座振替ではなくクレジットカード払いをしたほうが絶対にお得。カード払いの設定をするのは面倒に感じられるかもしれませんが、1度設定さえしてしまえばそれから先は毎月、ザクザクとポイントを得られることに繋がるので是非、この機会にカード払いに切り替えてもらえればと思います。

1万円以上の電気代を払っている方はプラン変更も:

また、東京電力で月額1万円以上の電気料金を払っている方は、料金プランを変更することで電気代そのものを安くすることも出来ます。

特に自宅でレストランを開いている方、八百屋や家具屋といった小売店を営んでいる方であればプラン変更で月額料金が数千円以上安くなることもあるので、是非、下記公式サイトにて試算してみてくださいね(詳しくはこちらの記事も参照)。

以上、東京電力の電気代は、クレジットカード払いすると損になるケースがある!わかりやすく口座振替とカード払い、どちらがお得かを試算してみた…という話題でした。

参考リンク:

その他、クレジットカードでもっと得したい!という方に読んでほしい記事をまとめてみました。下記記事も是非、参考にしてください。 

news.cardmics.com

PAGE TOP