クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

デビットカード払いのデータ調査!デビットカードは便利な支払い方法なんですけど、いかんせん認知度が低すぎるのが問題ですね

http://www.flickr.com/photos/58246614@N00/5616348626

photo by mdid

デビットカードという存在って、もはや国民のみなさんほとんどが忘れているか、もしくは認知していないんじゃないかな?と思うことが多い最近。『いやいや知ってるよ!』という方もいるかとは思いますが、使ったことがあるという方は更に少ないんじゃないんでしょうか?私もだいたい年に1~2回しかもはや使いません^^;。

そこでちょっと気になったので、デビットカードの現状ってやつを調べてみました。

デビットカードの各種データまとめ:

日本デビットカード推進協議会という、デビットカードの元締めのようなところの公開データによると、2012年のデビットカードの利用状況はこんな感じ(データはこちら)。数字だけをみると意外や意外、結構な方が利用していそうです。

  • 年間利用額:約5565億円
  • 利用件数:約1300万回
  • 平均利用額:42970円

クレジットカードとの比率で見ると無残な数字に:

しかし、クレジットカードの年間利用額との対比で考えると、デビットカードがいかに使われていないかがわかります。

例えばクレジットカードの年間利用額は約34兆円。この数字とデビットカードの年間利用額をざっくり割り算してみると、クレジットカードの61分の1しかデビットカードは使われていないことに。

平均利用額を考慮するともっと少ない:

また、平均利用額が多いデビットカードは、実際に使われている件数でいうと更にもっと少ない数字になることでしょう。

クレジットカードの1回あたりの平均決済額は6180円(2011年のデータ ロイター報道)なので、デビットカードの平均利用単価の約1/7。これも考慮して計算をすると、デビットカードが使われた回数は、クレカ400回に対して1回くらいの頻度となります。

もはや無視してしまっても良い、利用頻度ですよね…^^;。

意外とデビットカード払いはお薦めなんですけどね:

http://www.flickr.com/photos/59937401@N07/7214443324

photo by Images_of_Money

ポイントがたまらないので個人的にはデビットカード払いをあまり使ってはいませんが、クレジットカード嫌いな方には良いツールなんですよね。まだまだ個人的にもデビットカードには頑張って欲しいので、いくつか良い点を箇条書きにしておきます。

デビットカードの良い点まとめ:
  1. 銀行口座や郵便貯金口座を開設さえ出来れば、誰でも使えるサービスなので、小学生や中学生だって使おうと思えば使えます。
  2. ヤマダ電機ビックカメラなどでは、デビットカード払いは現金払いと同じ扱いになるので、ポイントを損しなくて済みます(高額品の購入にも、大金を持ち歩かなくて済むために便利です)。
  3. 支払いと同時に口座引き落としになるので、後払いが嫌いな方にもお薦めです。

ここまで読んで、『へぇ~デビットカードなんてものがあるのか。私も作ってみようかな!』と思った方、実はあなたもたぶん、デビットカードを持ってます…^^;。

というのもデビットカードって、お手持ちのキャッシュカードのことなんですよ。メガバンクはもちろん、多くの都市銀行や地方銀行がデビットカード払いに対応しているので、そのキャッシュカードを使ってお店で支払いをすれば、それがデビットカード払いなんですね(使うには、デビットカード払いが出来るお店である必要性があります)。 

最初からキャッシュカード払いにしておけばよかったものを…:

最後に余計な一言を。

個人的にはわざわざデビットカード払いなんて名前にせずに、最初から『キャッシュカード払い』という言葉にしておいたほうが、もっと普及してたんじゃないかな?って思いますね。

もちろん、後の祭りです。

文末リンク:
PAGE TOP