クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

私が『クレジットカードの読みもの』のURLを、独自ドメインに移行させた3つの理由まとめ!2017年5月のアクセス数報告とともに。

f:id:cardmics:20170602114608g:plain

2017年5月の当サイト『クレジットカードの読みもの』のアクセス数は、月間289万という数字に落ち着きました。

  • 2017年5月の月間アクセス数:289万PV

2017年1月に記録した月間382万という数字からは、約3割の減少…と、個人的にも不甲斐ないばかりが残った1ヶ月になってしまった感じ。

これを一言でいうなら、落ち目です、落ち目(当サイトのアクセス数が落ちてしまった原因は下記記事なども参照に)。

news.cardmics.com

独自ドメイン化に踏み切る:

このままではズルズルと落ちていくばかりなので、ここらへんで重い腰をあげ、ひとつ、思い切った施策を打ってみることにしました。それがクレジットカードの読みもののURLを独自ドメイン化すること。

こう言うと『おいおい、独自ドメイン化なんて今更やるんかいな?』と思われるかもしれませんが、下記記事のようにはてなブログのドメインを利用することには相応のメリットもあったために、一概に独自ドメインのほうが有利ということは出来ませんでした。

正直、個人的には「独自ドメイン化=なんとなく体裁を整えるだけの、株式会社設立みたいなもの」と思っていたくらいです。

ドメインパワーよりも記事の質が評価される時代に:

しかし、前述の「フレッドアップデート以後のSEO対策」を解説した記事のように、2017年6月現在のインターネット環境下では、独自ドメインの強さよりも記事の質が高いかどうかのほうが評価されるようになりつつある。

また、独自ドメインにしないデメリットもちらほら出来てたので、ココらへんで独自ドメイン化に踏み切ってみることにしました(現在、すでに独自ドメイン適用済みなので、どちらをクリックしても同じページに飛びます)。

独自ドメインを適用させる方法についてはこちらの記事こちらの記事などを参照。

私が独自ドメイン化に踏み切った3つの理由:

ではなぜ今回、リスク覚悟で月間300万PVあるサイトの独自ドメイン化に踏み切ったのか…というと、それは大きく分けて3つです。

1.ドメインパワーが不要になった:

ひとつ目は重複になっちゃいますが、先ほど解説した通り。従来はドメインパワーが重視されるSEO環境があったんですが、ここに来てそれが弱まってきたために、はてなブログドメインにこだわり必要性がなくなってきたというのがあります。

  • 従来:はてなブログドメインのほうが強かった
  • 今後:独自ドメインでも上位表示が可能になりそう?

もちろん、過去にも独自ドメインそのものを強くすれば検索上位に表示させることは出来ていたんですが、個人的な調査&判断では、それでもはてなブログドメインのほうに若干の強みがありました。

そのため、当サイトでは頑なにレンタルブログドメインでの運用にこだわっていましたが、それももうそろそろ十分かなと判断。今後は独自ドメインのほうのドメインパワーを高めることにより、検索上位を狙おうと思います。

2.競合サイトに強いところがある:

2つ目ははてなブログの同じルートドメイン(hateblo.jp)を利用しているブログの中に、当サイトと検索でかち合ってしまってる強いブログがあるためです。

まぁサブドメインが違うので、キーワードによってはうまく共存できているんですが、それも全てではない感じ。

例えば「マイル 貯める」という多くの方が検索しているであろうキーワードでは下記のように、検索1位と2位を当サイトとANAのマイルのパパじゃないさんが確保している状況ですが、

f:id:cardmics:20170602121000g:plain

単体キーワードの「マイル」となると、どうやらGoogleの仕様かなにかで「同一ルートドメインのサイトは1つしか表示しない」というルール付けがあるようで、はてなブログからは1つしか表示されない状況になってしまっています(当サイトが表示されるか、ANAとマイルのパパじゃないさんが表示されるかのどちらか)。

下記は「マイル」と検索した時の当サイトの順位推移。検索上位に出るときは当サイトのみが表示され、先方のサイトが出る時は当サイトが圏外に飛ばされる状況です。

f:id:cardmics:20170602121100g:plain

他にも「空港ラウンジ」等のANAとマイルのパパじゃないさんが得意とするキーワードでは、同様の食い合いが見られる状況…。

つまりhateblo.jpというはてなブログドメインを使い続ける限り、こういった食い合いは避けられないので、独自ドメイン化すると共存できるというメリットがあるんです。

加えて最近じゃ当サイト『クレジットカードの読みもの』のやり方を模倣したはてなブログが多く出てきているので、そういったサイトとの検索の食い合いもありそうなことを考えると、自分からはてなブログドメインを卒業するのがベストと考えました。

まぁ相手に動いてもらうのがほんとは楽ちんなんですが、そうはいかないのがこの世の中なので、この選択でOKだと個人的にも思ってます。

3.カルーセル表示も独占できない:

3つ目は2つ目の理由とほとんど同じなんですが、スマホからGoogle検索する時に表示される、カルーセル表示(下記写真のようなもの)がレンタルブログドメインだと独占できない…というデメリットも抱えています。

  • 独自ドメインの場合:自サイトの新着記事しか表示されない
  • レンタルブログドメインの場合:同じルートドメインを使ってる別ブログの記事もカルーセル表示される

f:id:cardmics:20170602122217g:plain

実際、「クレジットカード」とGoogle検索した時に表示されるカルーセルには、下記のようにANAとマイルのパパじゃないさんの記事も含まれる状況(ANAカードの比較記事は当サイトの記事ではない)。

これは逆に、ANAとマイルのパパじゃないさんの記事があるからこそカルーセル表示させてもらっている…と捉えることも出来るのですが、「ゴールドカード」と検索した時に表示されるカルーセル表示3個はすべてANAとマイルのパパじゃないさんの記事だったりすることもあるので、当サイトとしては機会損失のほうが大きいかもしれません。

f:id:cardmics:20170602122312g:plain

このようにGoogleはルートドメインが一緒という理由だけでカルーセル表示をさせてしまうので、そういった意味でははてなブログのルートドメインを使い続けるデメリットであるとも言えますね。

ちなみに当サイトが独自ドメイン化をすることで、ANAとマイルのパパじゃないさんのところのアクセス数はもっと増えるはず。そしてもしかすると「ゴールドカード」等のキーワードでトップ10表示される可能性もあるかもですね。

つまり当サイトにとっても、競合サイト側にとっても、当サイトの独自ドメイン化は良い方向に向かうと思います(念のため書いておきますが、ANAとマイルのパパじゃないさんとはジャンルがほとんどかぶっていないので、ライバルとしてベンチマーク等にしていたことはないのでご安心ください^^;)。

独自ドメイン化でどうなるアクセス数:

f:id:cardmics:20170531190236j:plain

他、将来的にはてなブログが閉鎖になった時の移転に便利とか、cardmicsという名前のブランディングに役立つとか、newsというサブドメインにしたことでシェアされやすくするとか、そういう細かい思惑はあるにはありますが、大きくわけると今回紹介した3つの理由による移転です。

さてさて、どうなることやらですが、こうして新着記事をどんどん書いていけば、独自ドメイン化によるアクセス減も最小限で抑えることができると思うので、今月はいつもにも増して仕事を頑張りたいですね。そして有益な情報をどんどん発信して、多くの方に認知される独自ドメインにできれば幸いです。

以上、私が『クレジットカードの読みもの』のURLを、独自ドメインに移行させた3つの理由まとめ!2017年5月のアクセス数報告とともに…という話題でした(表示できないとか、リンク切れとか、不具合があったら是非是非、教えてください)。

参考リンク:

当サイト『クレジットカードの読みもの』が過去にまとめたアクセスアップ術やマネタイズ論については下記記事を参考に。

news.cardmics.com

PAGE TOP