クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードを切る、切れないってどういう意味?飲食店や小売店などのクレジットカード決済をする側で、良く使われる用語です。

VISA Card

今回は「クレジットカードを切るってどういう意味?」という方のために、その解説を記事にしておこうと思います。

クレジットカードを切る、切れない、切る機械などなど、主に飲食店や小売店で働いているとよく聞くこの言葉の意味を知りたい方は、是非、お読みください。

クレジットカードを切るとは?

まず、クレジットカードを切るとはざっくり言うと、「クレジットカードで支払いをする」という意味です。

なんとなく「切る=ハサミで切る」というイメージのほうが強くて、『切るってなんだ?』と思ってしまうかもしれませんが、とりあえずは切る=決済と覚えておけば問題ありません。

クレジットカードが切れないとは?

同様にクレジットカードが切れないというのは、クレジットカードで支払いをしようとしたけれども支払い出来なかったこと。有効期限が切れてしまっていたり、利用限度額の上限に達してしまったりするなどで、カード決済が出来ないことを「クレジットカードが切れない」と言います。

  • クレジットカードを切る:カードで支払いをすること
  • クレジットカードが切れない:支払いができなかったこと

もちろんお店側の決済機が壊れていたり、停電などでカード決済が出来ないこともクレジットカードが切れないという言葉で表現。とにかくカード払いができなければすべて「クレジットカードが切れない」、もしくは「クレジットカードが切れなかった」ということになります。

切る、切らないの応用表現:

参考までにクレジットカードを切る、切らないの応用表現もいくつか紹介しておきます。切る=決済ということがわかっていれば、なんとなく意味はわかってもらえるのではないでしょうか?

  • 『あのお客さんのカード切れた?』…あのお客さんのカード使えた?
  • 『クレジットカードを切る端末、持ってきて』…カード決済機を持ってきて
  • 『分割10回払いで切っといて』…分割10回払いで支払いしておいて

なぜクレジットカードは切るなのか?

KFC Kentucky Fried Chicken Credit Card Machine Electronic Reader Scanner Device Pics by Mike Mozart of TheToyChannel and JeepersMedia on YouTube. #KFC #KentuckyFriedChicken #KFCCreditCard #KFCCreditCardScanner #DebitCard #Payment #Electronic

ではなぜクレジットカードを切る…なんて表現を使うのでしょうか?

語源は定かではありませんが、一般的に言われているのは手形を切るとか小切手を切ると同様に、クレジットカードで払うという意味合いで切るという言葉が定着したと考える方が多いようです。

個人的にはそうではなく、クレジットカード決済をする際に端末に対してカードをスライドさせるところから来ている可能性のほうを挙げたいですね。あたかも包丁をつかって野菜を切るみたいにカードをスライドさせるその形が、「切る」という用語に繋がったというほうに一票を投じておこうと思います。

以上、クレジットカードを切る、切れないってどういう意味?飲食店や小売店などのクレジットカード決済をする側で、良く使われる用語です…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカード決済を店舗で導入しているという方は、加盟店手数料を下げることが出来る下記のモバイル決済についても記事もあわせてご覧ください。最近では従来型の決済機を捨て、加盟店手数料の安いモバイル決済に移行する店舗も多いですよ。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP