クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードとキャッシュカードの違いを徹底解説!どちらも同じ形状をした樹脂製のカードですが、使用用途はまったく違います。

f:id:cardmics:20170525225613j:plain

クレジットカードとキャッシュカード。

この2種類のカードってどこがどんなふうに違うのでしょうか?見た目だけでいうと形も大きさも重さもまったく同一のため、2つの違いがよくわからない…という方もたぶん多いと思います。

そこで今回はお金の初心者を対象に、クレジットカードとキャッシュカードの違いをわかりやすく解説。これを読めばそれぞれの用途や利用方法が、スッキリとわかってもらえるはずですよ。

クレジットカードとキャッシュカードの違い:

早速、クレジットカードとキャッシュカードをすごく簡単に解説するとこんな感じです。

  • キャッシュカード:銀行ATMを利用するためのカード
  • クレジットカード:買い物で支払いに使うカード

これだけだと不十分だと思うので、補足を含めて解説していきます。

キャッシュカードはATM操作用のカード:

まず、キャッシュカードは基本的に銀行ATMを操作する目的で発行されるカードです。

キャッシュカードの主な役割としては自分の銀行口座からお金をおろしたり、他銀行口座への振込をしたりするのが一般的。他にもキャッシュカードがあれば下記のようなことが可能です。

  • ATMからお金を下ろす
  • ATMを使って他口座に振込
  • ATMを使って自分の口座に入金する
  • 銀行窓口で税金や電気代等を自分名義の口座から払う

反面、キャッシュカードではお店での買い物をすることは出来ません。

クレジットカードは買い物で使える:

次にクレジットカードの機能と役割ですが、こちらは主にレストランや洋服店などのお店での支払いに使えるカードです。

これらのお店では現金を1円も持っていなくても、クレジットカードを店員に渡すことで現金不要のまま支払いを済ませることが可能。使える金額の上限はクレジットカードによって異なりますが、場合によってはクレジットカード1枚で100万円以上の支払いをすることだって可能です(クレジットカードの仕組みは複雑なので、詳しく知らないという方は下記記事を参考に)。

では、クレジットカードがあれば銀行ATMの操作もできるのか…というとこちらは不可能。クレジットカードはキャッシュカードではないので、これ1枚で自分の銀行口座からお金を下ろすことは出来ません。

基本は簡単でも実際はややこしい:

f:id:cardmics:20170619154401j:plain

ここまで読んでいただければ、キャッシュカードとクレジットカードは根本的にまったく違うカードなんだ…ということがお分かりいただけたものと思います。

しかし、世の中はそんな簡単なものでもありません。実はキャッシュカードであっても買い物で使えたり、クレジットカードであっても銀行ATMが操作できたりするケースがあるため。こういうややこしい状況があるからこそ、クレジットカードとキャッシュカードの違いが曖昧な方が多いのかもしれません。

参考までに、いくつかの例を紹介しておきます。

キャッシュカード+クレジットカード:

最近増えているのが、キャッシュカードとクレジットカードの機能を1枚にしてしまう場合です。テレビCMで聞いたことがある三井住友VISAカードも、三井住友銀行で作ろうとするとキャッシュカードとクレジットカードが一体型になったカード発行をすすめられると思います。

これらのカードの場合、銀行ATMの操作にも買い物にも使えるカードになるため、クレジットカードとキャッシュカードの境界線が全くなくなります。要するにキャッシュカードでもあってクレジットカードでもある、そんな感じでしょうか。

キャッシュカードでも買い物できる:

次にややこしいのが、キャッシュカードでも買い物が出来る、Jデビット(じぇいでびっと)という仕組みが存在するということ。

J-Debitとは?

J-Debitとは、金融機関で発行されたキャッシュカードが、お買い物やお食事代のお支払いにそのままご利用いただけるサービスの名称です。お支払いの際にキャッシュカードを提示し、端末に暗証番号を入力すると、ご利用代金がお客様の金融機関の口座から即時に引き落とされ、数日後に加盟店の口座へ入金される仕組みです。

今ではあまり利用者はいませんが、ヤマダ電機やビックカメラといった家電量販などでは、キャッシュカードを利用して買い物をすることが可能。

この場合、買い物をした瞬間に銀行口座からその利用金額が引き落としかかるので、Jデビットとは銀行振込をレジで出来るような仕組み…と覚えておくとわかりやすいかもしれません。

ブランドデビットも普及中:

また、Jデビット以外にもVISAデビットカードやJCBデビットカードなどの、まるでクレジットカードのように使える銀行キャッシュカードも存在します。有名なところだと楽天銀行の楽天銀行デビットカード(JCB)などでしょうか。

これらのキャッシュカードはJデビットとは異なり、クレジットカードが使えるお店でも支払いに使うことが出来るので、利用できるお店の数が多いのがその特徴。

仮にみなさんがお持ちのキャッシュカード表面に、VISAやJCBのマークが印字されている場合には、買い物で使えると思って間違いありませんよ(詳しくは下記記事にて)。

news.cardmics.com

クレジットカードでも銀行ATMを使える:

最後がこれ。お金を借りる契約(キャッシング枠)が存在しているクレジットカードを持っている方の場合には、銀行ATMにクレジットカードを差し込むことでカード発行会社から金を借りることが出来ます。

そのため、キャッシュカードとクレジットカードを間違ってATMに入れ、借金をしてしまった…ということがないようにしたいもの。仮にお金を借りる予定がないのであれば、キャッシング枠を0円、つまりお金を一切借りられないようにクレジットカード契約を見直すのがおすすめですよ。

ちなみに世の中には実際にキャッシュカードとクレジットカードを間違って、銀行口座からお金をおろしたつもりがクレジットカード会社から借金をしてしまった…という方もいるようです。キャッシュカードとクレジットカードが一体型になったタイプのカードを持っている方は、念のためご注意ください。

以上、クレジットカードとキャッシュカードの違いを徹底解説した記事でした。クレジットカードをまだ作ったことがないという方は是非、はじめての1枚をこの機会に作ってみてくださいね。

news.cardmics.com

PAGE TOP