クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

債務整理をしてクレヒスが綺麗になったとしても、過去に過ちを犯したクレジットカードはもう二度と作ることは出来ません。

http://www.flickr.com/photos/51035702075@N01/5397202257

photo by msaari

債務整理をして7年が経過したら、クレヒス(個人信用情報)が真っ白に戻るためにどこのクレジットカードでも作れるようになる!…なんて思っている方は居ますが、これは間違いです。実際には下記のクレジットカードを作ることは出来ません。

  1. 事故を起こしたクレジットカードを発行している会社のカード
  2. 銀行系クレジットカード(そのうち、作れるようにはなる)

クレヒスは消えても社内履歴は消えない:

例えばライフカードを利用していたのだけれども返済が出来なくなり自己破産。7年後、クレヒスが綺麗になったところでまたライフカードを作れるのか?という話ですね。

まぁこれ、ちょっと考えてもらえればわかるのですが、7年経過時点で真っ白になるのはあくまでクレヒスのみ。

  • クレヒス:7年で綺麗になる
  • 社内履歴:7年でも消えない

ライフカード社内の個人情報まで7年で削除されるわけではないので、ライフカードの中ではいつまでも『この人は過去に債務整理をしたこと有り』となります。当然、そんな方がライフカードを申し込んだとしても、審査で蹴られてしまうことでしょう。*1

これを社内ブラック状態と呼びます。

同じ会社のカードも作れない:

同様に同じ会社が発行している別のクレジットカードも作成することは出来ません。社内情報が共有されるためです。

そのため、複数の大手クレジットカード会社に対して任意整理なり自己破産なりをしてしまうと、世の中に出回っている大半のクレジットカードが作れない…なんてことも。

まぁ探せばクレジットカード会社なんて無数にあるので作れるクレジットカードは残りますが、自己破産した後のことを考えるなら大手の債務だけは帳消しにしないほうが無難なのかもしれませんね。

銀行系クレジットカードは当面作れない:

http://www.flickr.com/photos/99879598@N00/578252290

photo by quaziefoto

あと銀行系のクレジットカードは作れない場合が多いと思います。

これは大手信用情報機関は7年間でクレヒスが真っ白になりますが、銀行系クレジットカードが信用照会している全銀協は10年、データが消えないと言われているため。どうしても銀行系カードが作りたいのであれば7年経過後から+3年間、待つようにしてくださいね。

以上、債務整理をしてクレヒスが綺麗になったとしても、過去に過ちを犯したクレジットカードはもう二度と作ることは出来ません…という、ちょっとマニアックな話題でした。

文末リンク:

自己破産からクレジットカードが作れるようになるまでの期間についてもっと詳しく知りたい…という方は下記記事も参考に。俗に言う「喪明け」や「喪中」について解説しています。

news.cardmics.com

*1:他社で健全なクレヒスを作った後であれば、それでも発行を許してくれる心が広いカード会社もあります。

PAGE TOP