クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

債務整理によってクレヒスが綺麗になっても、過去に債務整理をしたクレジットカードは社内ブラック状態になるので作れません。

f:id:cardmics:20180512135516j:plain

自己破産などの債務整理をしても、5年が経過したらクレヒス(個人信用情報)が真っ白に戻るためにどこのクレジットカードでも作れるようになる。

そんな風に思っている方は多いと思いますが、完全に元通りになるかといえばそれは間違い。今回は参考までに債務整理から7年経過しても、元通りに戻らないものについて記事を書いてみたいと思います。

すでに自己破産や任意整理などの債務整理を実行済みの方は是非、参考にしてみてくださいね。

債務整理後に5年経過しても消えないもの:

債務整理後に5年経過しても、作ることができないクレジットカードには大きくわけて2種類が存在します。

  1. 事故を起こしたクレジットカードを発行している会社のカード
  2. 銀行系クレジットカード(そのうち、作れるようにはなる)

それぞれ、詳しく解説しています。

クレヒスは消えても社内履歴は消えない:

まず1種類目のクレジットカードは、みなさんが自己破産や任意整理等で「被害」を与えてしまったクレジットカード会社発行のクレジットカードです。

これは例えばライフカードを利用していたのだけれども返済が出来なくなり自己破産。7年後、クレヒスが綺麗になったところでまたライフカードを作れるのかを考えてみればわかりやすいかもしれません。

というのも、いくらCICやJICCといった個人信用情報機関からあなたの債務整理履歴や延滞の記録が消えたとしても、被害を受けたクレジットカード会社にはその情報がしっかり残り続けます。

  • クレヒス:5年で綺麗になる
  • 社内履歴:5年でも消えない

それにもかかわらず、債務整理をしたその人物が『御社のクレジットカードを作りたいのですが…』と言ってきたら、当然ながら発行するわけがありませんよね。

なにせ過去、借金を踏み倒された相手。クレジットカード会社もボランティアではないので、拒否するのが当然の流れと言えます。

10年先でも作れない可能性大:

そのため、過去に支払いを債務整理によって帳消しにしてしまったカード会社の発行クレジットカードについては、今後も作れない可能性大。

これがいわゆる社内ブラック状態。5年経過しようが10年経過しようがカード会社内には履歴が残り続けるので、クレヒスが真っ白になっても作成は難しいですよ(某外資系のA社のように、再発行に応じてくれる可能性があるカード会社もあります)。

同じ会社のカードも作れない:

ちなみに。

私が債務整理をしてしまったのは○○カード会社のカードAだけど、その会社が発行しているカードBだったら発行できるの?と疑問に思われる方も多いかもしれませんが、そちらについっても望み薄。これは社内で情報共有がカンタンにできてしまうためです。

また、三菱UFJニコスのように複数のクレジットカードブランドを扱っている会社だと、ニコスブランドのクレジットカードで債務整理をした情報が、DCブランドのクレジットカードにも適応される可能性は高いでしょう。

つまり大手クレジットカード発行会社に対して債務整理を実行してしまうと、作れるクレジットカードが一気に減ってしまうことに繋がるとも言えそうです。

銀行系クレジットカードは当面作れない:

債務整理をして5年経過しても、作れないクレジットカード2種類目は、銀行発行のクレジットカードについて。

全銀行(全国銀行個人信用情報センター)にクレジットヒストリーを照会する銀行発行のクレジットカードの場合には、自己破産等の債務整理から5年ではなく10年たたないと履歴が消去されないので、5年経過後でも作ることが出来ません。

全銀協に信用照会するカード会社は少ない:

とはいえ、現在では銀行系のクレジットカード会社である三井住友VISAカードとも全銀協に信用照会をしていないので、あまりこの辺りを神経質に気にする必要性はないのかも。

あくまで銀行カードローン等、銀行からお金を借りたことがある方のみ、そういった個人融資は10年たたないと使えないよ…と覚えておけばいいのかもですね。

  • 銀行系クレジットカード:最近ではCICやJICCのみ照会
  • 銀行カードローン:全銀協に照会を行うので注意

以上、債務整理によってクレヒスが綺麗になっても、過去に債務整理をしたクレジットカードは社内ブラック状態になるので作れません…という、ちょっとマニアックな審査に関する話題でした。

参考リンク:

自己破産からクレジットカードが作れるようになるまでの期間についてもっと詳しく知りたい…という方は下記記事も参考に。俗に言う「喪明け」や「喪中」について解説しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP