クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードの保管方法まとめ!きちんと保管場所を定め、クレジットカードの保有枚数と種類を把握しておきましょう。

http://www.flickr.com/photos/30129307@N00/2180507211

photo by daynoir

クレジットカードを作ってみたものの、どのように保管して良いのかわからない…という方のために、今回はクレジットカードの保管方法をざっくりとまとめてみたいと思います。

正直、過剰に神経質になる必要性はないのですが、保管方法が気になる…という方は是非、参考にしてみてくださいね。

クレジットカードの保管方法まとめ:

磁気のあるところに置かない:

まず、クレジットカードには磁気ストライプといって、クレジットカード情報を読み取るための黒い帯があります(クレジットカード裏面の上部)*1

この部分に強い磁気をあててしまうと、クレジットカード決済機でカード情報が読み取れなくなるなどの不具合が発生してしまう可能性があるので、出来る限り磁力の強いものには近づけないようにしてください。最近だとスマホケースとか、パソコンケースなどにも磁石が使われているケースがありますよ。

スマホ自体も電磁波を発してる:

また同様に、スマートフォンなどの携帯電話そのものも電磁波を発してるので、携帯ケースにクレジットカードを挟んでおくと磁気不良を起こしてしまう場合もあるそうです。

まぁそこまで過剰に心配しなくてもOKですが、磁気不良が起こると再発行などの手続きが必要になるため何かと面倒…。それが嫌だというなら、スマホケースにクレジットカードは入れないのが無難かもですね。

クレジットカード同士を重ねて保存しない:

次に、これはそれほど気にする必要はないんですが、クレジットカード同士を重ねて保存してしまうと、ごくごく稀に、磁気ストライプ同士が悪さをして読み取れなくなってしまうことがあります(磁気ストライプそのものにも磁力があるので、重ねると磁気不良を行う可能性がある)。

そのため、カードを保管する場合にはカード同士をくっつけないとか、カードの上下をさかさまにして磁気ストライプが重ならないようにすると良いですね。

とはいえ、前述のようにごく稀に発生する事象にすぎないこと、そして神経質になりすぎると財布のカード入れにクレジットカードやキャッシュカードを入れることが出来なくなってしまうので、気にしない方は構わず重ねて保管してしまっても問題なし。

今のところ私の経験則でも、これによって磁気不良を起こしてしまったことはないのでご安心ください。仮に磁気不良が起きてしまった時は事故と思えばOKですよ。

管理しやすい場所に保管する:

最後に万が一、自宅に強盗が入った場合などでもわかりやすいように、クレジットカードの保管場所はしっかりと決めておいてください。どのカードを何枚、その場に保管していたのかがわかるようにしておくと、よりGood。そのほうが盗まれた場合でもすぐに把握できるため、クレジットカード会社に連絡しやすくなります。

もちろん自宅保管の分だけでなく、財布の中に入れているクレジットカード枚数と種類も把握しておくのがベスト。こちらまでしっかり対応しておけば、財布を落とした時に『えっと、どこに連絡すればいいんだろうか…』と途方に暮れることがなくなりますよ。

以上、クレジットカードの保管方法まとめ!きちんと保管場所を定め、クレジットカードの保有枚数と種類を把握しておきましょう…という話題でした。基本的なことしか書いていませんが、少しでも参考になれば幸いです。

参考リンク:

クレジットカードに関連する知識が乏しい…という自覚がある方は、下記記事もあわせてご覧ください。クレジットカード初心者向けの解説記事をまとめています。

news.cardmics.com

*1:最近では黒い帯…ではなく、ラメっぽく輝く銀色の帯になっていることも多いですが、どちらも磁気ストライプと呼ばれるもので間違いありません。

PAGE TOP