クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

あえて使えるクレジットカードを限定させ、カード会社と交渉するコストコの戦略が面白い!これだと強気に交渉できるだろうなと思います。

http://www.flickr.com/photos/69862132@N00/2213760211

photo by takako tominaga

アメリカにある会員制量販店のコストコでは原則、アメリカン・エキスプレス・カードのみしかカード払いを受け付けてくれないのですが、そのアメリカン・エキスプレスとの提携が2016年をもって終了する…というニュースが流れていますね。

この提携解除によってアメックスが失う売上は、実に年間9兆円にもなるのではないか?という予測もあるようです。いやはや、すごい金額ですよね。

会員制卸売りチェーンのコストコは、2016年3月をもってアメリカン・エキスプレス(アメックス)とのアメリカ国内における提携契約を終了すると発表しました。アメリカ国内の店舗ではアメックスカードの取り扱いが終了し、取り扱い高が減少することからアメックスの株価下落につながっています。 (中略)

JPモルガンのアナリスト、Tien-tsin Huang氏は「コストコとの提携が終了することでアメックスは店頭以外での利用高を含めて800億ドル(約9兆5000億円)の取扱いを失うことになるだろう」と予測しています。コストコとアメックスの業務提携は2000年に開始しており、現時点ではコストコで利用可能なカードはアメックスのみとなっています。

消費者にとっては不便だけれども:

常識的に考えれば、これだけ人気&大規模なチェーン店において使えるクレジットカードがアメックスのみなんて、利用者にとっては不便そのものですよね。

最初からアメックスを持っている方であれば大した問題にはならないのかもしれませんが、アメックスを持っていない方は泣く泣く現金払いをするか、アメックスをその場で作る必要性があるなんて、消費者軽視と取られてもおかしくはないと思います。

コストコは強気で交渉できる:

しかし、店舗側の立場で考えるとこれが面白いことに。言うまでもなく提携するクレジットカードを1社、もしくは2社程度に限定させれば、カード会社との交渉を自社に有利に持ち込むことが出来るメリットがあるためです。

  • 契約中のカード会社:解約されると巨額の売上を失う
  • 他のカード会社:契約してもらえれば巨額の売上を得られる、そのため好条件を提示する*1

実際、今回アメリカン・エキスプレス社が失うのは年間9兆円と試算されているために、アメックスの株価が6%近くもの下落する…という事態にもつながりました。

アメックスとしては難しい交渉だったはず:

加盟店手数料をこれ以上さげられなかったのか、それともカード発行に対するインセンティブを払いきれなくなったのかはわかりませんが、アメックス側としても提携解除をしなくてはいけないような背景が、コストコとの交渉においてあったのではないかと思いますね。そうじゃないとこんなにも美味しい独占契約を、解除するはずもありません。

コストコという特殊な店舗だからこそ出来ること:

http://www.flickr.com/photos/17152247@N00/4895329467

photo by kennejima

まぁだからといって、ビックカメラやヨドバシカメラがいきなりクレジットカード会社との提携を解除し、アメックスのみしか使えないようにする…といったようなことはあまり現実的ではありません。

コストコという会員制の特殊な店舗だからこそ出来る、クレジットカード戦略だと思いますね。見習える企業は是非、カード会社との交渉を有利にするためにも、使えるカードを限定させるのも面白いですよ。

以上、あえて使えるクレジットカードを限定させ、カード会社と交渉するコストコの戦略が面白い…という話題でした。

尚、あくまで今回の話題はアメリカにおけるコストコが、アメックスとの提携解除を行う予定だという話です。日本においてはまだ正式にリリースされていないようなので、提携状態が保持される可能性もあるかもしれません。また情報がはいったら、記事にさせてもらいますね。

*1:場合によっては独占契約の宣伝効果を考えて、加盟店手数料を0%で契約するなんてこともありえるのかもしれません。

PAGE TOP