クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

コンビニで現金払いをする理由を聞いた、マイナビの調査結果が面白い!現金派にも主張あり…ですが、半分くらいは理解しがたいものばかりです。

f:id:cardmics:20170804192132j:plain

マイナビニュースが自社ニュース購読者885人に向けて取った、『コンビニで買い物をする際、どの支払い方法をすることが最も多いですか?』というアンケート結果が非常に面白かったので、今回はそれについて記事を書いてみたいと思います(引用はこちらから)。

コンビニで買い物をする際、現金以外にも、クレジットやデビットカード、電子マネーなど様々な支払い方法を選ぶことができるが、あなたはどれで支払うことが多いだろうか。マイナビニュース会員885名に聞いてみた。

気になるアンケート結果は下記の通り。現金払い派が37.9%と、電子マネー派、クレジットカード派を大きく上回る…という結果になりました。

Q.コンビニで買い物をする際、どの支払い方法をすることが最も多いですか?

  • 1位 現金 37.9%
  • 2位 電子マネー 29.8%
  • 3位 クレジット・デビットカード 29.4%
  • 4位 その他(自由回答) 2.9%

まぁこのアンケート結果は調査人数が885人と少ないこと、そして「どの層を対象に取られたアンケートなのか?」ということが全くわからないものなので、結果については大きな偏りがある可能性大。

加えてコンビニ大手のローソンでは現金払いが75%以上…という話もあるくらいなので、マイナビニュースの購読者層ではない高齢者の方などを含めると、実際には全体の7割くらいがコンビニで現金払いを使っているのではないか…と思われます。

まだまだ電子マネー派、クレジットカード派は少数なのですね。

現金払いをする理由が面白い:

ではなぜコンビニで現金払いを利用するのか?今回のマイナビニュースのアンケート調査では、そのあたりにもしっかり踏み込んでいたので紹介させていただきます。

現金払いほうが利用額を把握しやすい:

まずは『クレジットカードや電子マネーだと利用金額が把握しにくい』というもの。

  • 「どれだけお金を使ったか、把握できなくなるから」(56歳男性/教育/専門サービス関連)
  • 「いくら使ったのか分からなくなる(現金以外は使った実感が全くない)」(49歳男性/フードビジネス/販売・サービス関連)
  • 「カードをメインにすると、今自由に使える現金がいくらあるのか分からなくなりそうだから」(40歳男性/化粧品・医薬品/専門職関連)

これについて私は昔、まったくその考え方を理解できなかったのですが、どうやら現金払い派の方は財布の中に残っている残高で、「今月、あといくら使える」ということを管理しているようです。

なるほど、たしかに財布を見れば利用可能残高がわかるという意味では、理にかなった使い方だなと思いますが、だったら銀行口座を1つにまとめてデビットカード払いをしたほうが残高管理はわかりやすいのになぁ…とは思いますね(デビットカードについては下記記事を参照)。

  • 財布で残高を管理:毎回、数えないといけない
  • デビットカード&銀行口座で残高を管理:アプリ等で残高確認が可能

加えて財布の中にその月の生活費を全部入れておく…というのもちょっと怖い。仮に財布を紛失してしまったら、それで生活費がゼロになるのは恐怖です。

news.cardmics.com

現金のほうが無駄遣いを防げる: 

次に現金払いのほうが無駄遣いを防げる…という考えを持っている方も多い模様。これは昔から言われていることですし、実際、クレジットカードを持つと際限なく買い物をしてしまう方もいるので、この考え方は理解できます。

  • 「カード払いにすると、使いすぎてしまうことがあるから」(32歳男性/海運・鉄道・空輸・陸運/事務・企画・経営関連)
  • 「手元に現金が残るため、ついつい予算オーバーしがちだから」(44歳男性/食品/営業関連)
  • 「現金の方が使用した実感があるため無駄遣いを防げるから」(38歳男性/建設・土木/建築・土木関連技術職)

まぁそれだったらこれも銀行口座残高以上に支払いで使えないデビットカードで解決可能なので、やり方次第。

また、クレジットカードを使うにしても、利用限度額を低めに設定してキャッシング枠を0円にするなどすれば無駄遣いを防げるので、興味がある方は下記記事もあわせてお読みいただければなと思います。

news.cardmics.com

現金払いのほうが早い:

ここまで紹介した2つの理由は、たしかに一理あるなぁと思うものなんですが、ここから先で紹介する現金払いを使う理由についてはやや理解に苦しむものばかり。

最初は『クレジットカードよりも現金払いのほうが支払いがスムーズだから』というものです。

  • 「コンビニくらいでは現金の方が早い」(49歳男性/サービス/メカトロ関連技術職)
  • 「現金の方が早いから」(53歳男性/その他/その他・専業主婦等)
  • 「コンビニでは早く支払いをして出たい」(58歳男性/その他/事務・企画・経営関連)

この点はもう、一度、騙されたと思ってクレジットカード払いを使ってみて…と言うしか他にない感じ。下記記事でも書いているように、コンビニでのクレジットカード払いというのはとんでもなく早いので、現金払いより遅いということはまずありえません

まぁタバコや新聞を1つだけ購入する時のような、指名買い&レジに並んでいる時に現金を用意しておくような場合にはさすがに勝てませんが、それ以外なら99%、カード払いのほうに分があるので是非、試してみてください。

一度味わってしまうと、もう二度と現金払いには戻れませんよ。

news.cardmics.com

少額決済で使うのは気が引ける:

次は『コンビニでは数百円程度の買い物しかしないのに、そこでクレジットカード払いを使うのは悪い』という理由です。

  • 「少ない金額で使うのは抵抗がある」(46歳男性/海運・鉄道・空輸・陸運/技能工・運輸・設備関連)
  • 「コンビニでは少額の支払いがほとんどなのでクレジットカードを使うのは気が引ける。3,000円以上じゃないとクレジットカードを使わないようにしている」(44歳男性/鉱業・金属製品・鉄鋼/技能工・運輸・設備関連)
  • 「コンビニの買い物はたまにしかしないし、金額も500円くらいなので、クレジットカードを使うのに抵抗があるから」(36歳女性/インターネット関連/クリエイティブ関連)

確かに少し前の感覚でいうと、クレジットカードは3,000円以上の支払いで使うもんだ…という常識があったのも事実ですが、最近では電子マネーの登場もあってか、クレジットカード利用は少額でもOKになりつつあります*1

また、コンビニで働いている店員さんとしても、現金の受け渡しでミスが生じやすい現金払いは大変なもの。細かい釣り銭を用意したり、1万円札のお釣りを数えるのは苦労するものなので、少額決済でもクレジットカードを使ってあげたほうがラクだという意見もありますよ。

財布の中の小銭を減らしたい:

コンビニで現金払いを使う理由、最後は『財布の中の小銭を減らしたいから』というもの。

  • 「小銭を消化したいから」(26歳女性/官公庁/事務・企画・経営関連)
  • 「少額なので余っている小銭を減らしたい」(53歳女性/その他/その他・専業主婦等)
  • 「細かいお金を減らしたいから」(39歳男性/食品/技能工・運輸・設備関連)

私も稀に、財布の中の小銭が増えた時に確かに現金払いをしますけれども、常に…ではないので、この理由で現金払いをしている人がいたら「?」ですね。

それに普段から現金払いを使っていなければ小銭が財布の中に貯まることもないので、まさに本末転倒なことでもあるのかなと。代わりにクレジットカードや電子マネーを使えば小銭で悩むこともなくなります。

  • 普段から現金払い:釣り銭が溜まりやすい
  • 普段から電子決済:釣り銭が溜まりにくい

有名な方々も否定的な意見:

f:id:cardmics:20170619154654j:plain

ここまでコンビニで現金払いをする理由について紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

この件についてはネット界隈の重鎮である下記の方々も否定的なコメントを出していますが、私自身は別に理由あって現金払いを使っているなら構わないとは思います。

しかし、「クレジットカード払い=遅い」とか、「クレジットカード払い=少額だと迷惑」などの間違った知識を元に現金払いをしているなら、是非とも、この機会にクレジットカードや電子マネー決済に切り替えてほしいですね。そのほうが日本経済全体が活性化するので、巡り巡って自分へのリターンも期待できますよ。

以上、コンビニで現金払いをする理由を聞いた、マイナビの調査結果が面白い!現金派にも主張ありですが、半分くらいは理解しがたいものばかりです…という話題でした。

参考リンク:

コンビニではなぜ、署名サインの記入もいらなければ暗証番号の入力も不要なのか…と疑問な方は下記記事を参考に。基本的には不正利用がされにくい環境だからこそ、サインレス決済が利用可能です。

news.cardmics.com

*1:たぶんクレジットカード決済1回ごとに決済料金が必要だった頃の名残なのかな?と。昔は3,000円決済でも100円決済でも、カード決済1回ごとに10円~30円程度のトランザクションフィーという料金が取られる時代があったので、こういう契約をしているお店でクレジットカード払いを使おうとすると「3,000円以上の支払いにしてくれ!」みたいな要求をされたものです。

PAGE TOP