クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

小銭を忘れてもコインランドリーが使えてしまう、そんな未来がすぐそこに!?洗濯代はSuicaなどの電子マネーで払う時代が到来。

f:id:cardmics:20180126115859j:plain

コインランドリーを使っている方ならわかっていただけるかと思いますが、さぁ洗濯をしようとコインランドリーに行った時、自宅にお金を忘れてしまったり、財布の中に小銭がなかったりした場合、この世の終わりかというくらいの絶望的な気分になりますよね(汗)

そんな時は私も経験がありますが、『はぁ~』という大きなため息が、いつの間にか自分の内側から出てしまうもの。コインランドリーでの洗濯って、ほんと面倒です…。

しかし、もしかするとこの先の未来では、そんな苦労をしなくてよくなる時代が来るかもしれません。それは、コインランドリーがSuicaや楽天Edyといった電子マネーに対応しはじめているためです。

コインランドリーと電子マネー決済について:

電子マネーが使える時代がすぐそこに?

実際、神奈川県の企業が業界初の試みを、2013年7月頃より実施(詳しくは下記リンク参照)。

こちらの業者が導入しているシステムをコインランドリーに導入すると、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーから、楽天EdyやiDまでがコインランドリーの支払いで使えるようになります。

おサイフケータイがあれば万事OK:

今やiPhone全盛期なのでおサイフケータイを使える方は少ないかもしれませんが、おサイフケータイ対応の携帯電話をお持ちの場合にはそれで洗濯可能。

なぜか携帯電話だけは肌身離さず持ち続ける現代人からすると、小銭を忘れるよりも携帯を忘れる可能性のほうが低いため、『ああ!忘れた!』っていう悲劇に遭遇する確率もだいぶ下がるかと思います(あれはほんと避けたい…)。

また、両替機の設置されていないコインランドリーも多いので、そういった小銭が財布の中にない時でも洗濯できる…というメリットもありますね。

  • 現金のみのコインランドリー:財布を忘れたり、小銭がない時と使えない
  • 現金&電子マネーOKのコインランドリー:携帯1台で選択できる

経営側にも電子マネー導入はメリット有り:

まだまだ残念ながら電子マネーが使えるコインランドリーが一気に普及していく段階ではないようですが、電子マネーを使う人間が増えてもっと一般的になっていけば、コインランドリー業者も積極的に導入していってくれるはず。

なにより業者側にとっても、小銭の回収作業が不要になる電子マネーは、願ったり叶ったりですからね。防犯面でも助かる存在になりますよ(現金がたくさんあれば、コインランドリー荒らしなどの犯罪者に狙われやすい)。

以上、小銭を忘れてもコインランドリーが使えてしまう、そんな未来がすぐそこに!?洗濯代はSuicaなどの電子マネーで払う時代が到来…という話題でした。

参考リンク:

その後、iPhoneにも晴れておサイフケータイ機能とも言えるApple Pay(アップルペイ)が搭載。これでSuica対応のコインランドリーであればiPhone1台で選択に行くことが出来るようになりそうです。

news.cardmics.com

PAGE TOP